けんたろうさんの映画レビュー・感想・評価

けんたろう

けんたろう

東京の女(1933年製作の映画)

-

貧しくも美しき人々にどうか光りを。


嗚呼、尋常ならざる心の有り様も、強いて強いて身内に仕舞ひ込まんとする、其の強さよ。然うして其の美しさよ。断言しよう。最も辛いのは此のひとである。だのに、精神の強
>>続きを読む

大学は出たけれど(1929年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「~けれど」シリイズのお一とつめ。


母を想うて噓を附きたる其の痩せ我慢の、何んと無様で美しきことか!
加へて、安き職を断る其の下らぬ矜持の、何んと莫迦で人間なことか!
嗚呼。中々職に有り就けぬ若者
>>続きを読む

カルメンという名の女(1983年製作の映画)

-

波とバイオリンとが織りなす抒情詩。


夢への逃避。浪漫への誘なひ。
自然と人工とが調和せし、優しく豊かな表現に、我れ恍惚たり。
而して当人らにしか感ぜぬ愉悦。動ぜぬ周囲は、少しく可笑し。

果たして
>>続きを読む

グラインドハウス(2007年製作の映画)

-

Funky Fanfareが耳から離れなくなるおはなし。


「プラネット・テラー」
主人公の妖艶さ、各人の滑稽さ、然うしてビシビシ決まる画と音楽。詰まるところ、セクシイでユウモラスでクウル! 嗚呼、
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

無力な人類の力を尚も信じた特撮の名作、『ウルトラマン』を、独自の解釈に依り再構成した一作……とか何んとか纏めようと思うたが、此れは違ふ! ウルトラマンオタクがウルトラマンオタクウルトラマンオタクしてウ>>続きを読む

時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!(1993年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

よく駅で見かける、独り言が煩いおつさんのおはなし。


温かき眼差しで、壁崩壊後のベルリン市民を見守るカシエル。彼れは抱擁するかの如く、人々の心に耳を傾ける。
ときに緩慢に、ときに急激に。場所をも瞬時
>>続きを読む

第三世代(1979年製作の映画)

-

わ、解らぬ……


経済や家庭に依る束縛から逃れんとした、理想なき犯罪者たち。理想が無いから秩序も無い。其んな遊び半分のテロリズム(?)に走る彼れらには、云ひ知れぬ不快感を覚ゆ。だからこそ、彼れらの破
>>続きを読む

都市とモードのビデオノート(1989年製作の映画)

-

さすがにタイトルの語呂が良すぎるおはなし。


──絵画の複製が模倣と見做さるゝのに対して、フイルムの複製は模倣と見做されず。世界の主流が絵画から映像へ遷移したことで、複製は最早や模倣ではなくなつた。
>>続きを読む

勝手にしやがれ 4Kレストア版(1960年製作の映画)

5.0

劇場が喫煙可であった時代に観たかったおはなし。


臭くもなく鈍くもなく、軽妙に、洒脱に、銀幕の上を躍動するベルモンド。車に於いても家に於いても一箇に固執することが無く、又た軽快なる一挙手一投足が中途
>>続きを読む

ストーカー(1979年製作の映画)

-

三人のハゲが、お部屋に向かうて彷徨ふおはなし。


ストーカー、ストーカー、ストーカー……成るほど女を尾けて、部屋を突き止め、留守の間にこっそり忍び込み、監視カメラや盗聴器なんかを見えない処に設置して
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

日本が兎に角やかましいおはなし。


科学的な正しさか、其れとも道徳的な正しさか。人間ではない組織を有するが、然し人間の心をも有した其の存在は、本当に人間でないと云へようか。終はらぬ議論。果たして、人
>>続きを読む

突貫小僧(1929年製作の映画)

-

段々悪党が可哀想になつてくるおはなし。


悪ガキの純粋さと、人攫ひの小悪党ぶりが愉快な掛け合ひを生んでゐる。手こずる様は非常に可笑しい。警官も亦たいゝ処に居る。本当に面白い。
親方との掛け合ひも亦た
>>続きを読む

アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)(1969年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

馬が三時間かけて立ち上がるおはなし。


色慾に塗れしヌウヂスト達から拘束を受けたり、権力争ひに巻き込まれて凄惨な殺戮や拷問の場に居合はせたり、救けようとしてゐるのに逆に憎悪の目を向けられたりと、随分
>>続きを読む

ことの次第(1981年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

おはなし?


金の工面が巧くゆかずに、難航する映画製作。フイルムも底を尽きて、停止する映画制作。頭を抱へる者が在れば、休息を楽しむ者も在り。諦めの生む可笑しさが在れば、マンネリの生む詰まらなさも在り
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

ちんちんもおっぱいも、全部荒れ狂ふおはなし。


おゝ……表現が楽しい! まさかホドロフスキイが此んなにも愉快でユウモラスな表現をするなんて!
とは云へ、彼れの世界観が失はれたわけではない。寧ろ特有の
>>続きを読む

まわり道(1974年製作の映画)

-

そもそもお母ちゃんの頭が狂ってるおはなし。


不穏。とにかく不穏。音楽も表情も、迚もロードムービーだとは思はれぬ其れ。果ては血である。若しや、旅人の感ずる自由が故の孤独、不安を表現してゐるのだらうか
>>続きを読む

東京画(1985年製作の映画)

-

無のおはなし。


パチンコに耽る男たちを真剣な眼差しで見つめつゞけるヴェンダース。食品サンプル職人は自らの弁当とサンプルとを間違へて喰うたりしないのかと勘繰るヴェンダース。タクシーやホテルのテレビ映
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アヌーク・エーメに振られた男がカトリーヌ・ドヌーヴにプロポーズするおはなし。


ジャック・ドゥミの色彩感覚とミシェル・ルグランの日常感覚とに彩られたワンシーンワンシーンがとにかく素敵。心が少しく華や
>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人生は惨めで辛い。だが、美しい。
文字どほり、人生を懸けて人々を楽しませつゞけてきたコメヂアンの、理智と情緒と経験とに富んだ、含蓄の甚だしき、迚も軽くはない一つひとつの珠玉の言葉。喜劇論から、観客論、
>>続きを読む

さらば、愛の言葉よ(2014年製作の映画)

-

陰毛に言葉が絡まるおはなし。


人、犬、木、葉、電車、車、船、自転車、其れからスロウ・モウシヨンと繰り返しとモンテイジ。

告白しよう。始めは、訳の解らぬシインが乱雑に繋がつただけの、纏りなどいふ物
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

-

白人の友達がいつのまにか消えるおはなし。


多分初めて観たのは、もう十年以上前。内容なんて殆ど憶えてゐなかった。其んななかでの、久しぶりの観賞だったんだけれども……いやぁいゝなぁ。
無駄な台詞も無く
>>続きを読む

光りの墓(2015年製作の映画)

-

眠らずには居られないおはなし。


現実と夢想の狭間にて、美と諧謔が同居せし一枚の画。美しき構図のなかで営まるゝオトマチスム。詰まるところ、ユウモラス。
自然だけではなく、人工物も亦た美しく描かんとし
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

-

ジョーの子産み女が峰不二子に成って帰ってくるおはなし。


何の画を取っても美しい。静も動も、とにかく画がキマってゐる。人物の位置、姿勢、背景、振る舞ひ。バットマンの法外な強さが強烈に見ゆるアクション
>>続きを読む

真昼の不思議な物体(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

真昼の不思議なおはなし。


始めはナレーション有りきのスタイルに少しく戸惑うてしまった。アピチャッポン映画と云へば、皆な、ノイズなどが一切なく静かな映像で語りかけてくるものだとばかり思うてゐたのだ。
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

-

ウェス・アンダーソン、愈〻遣りたい放題のおはなし。


圧倒的な情報量を帯びた一つひとつの画と、随所に散りばめられたユーモアの数々が、多幸感を覚えさせる。少なき表情のうちに見ゆる情緒が心に染み渡る。
>>続きを読む

モービウス(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

幼馴染の顔がホラーのおはなし。


幼馴染の親友が敵に成るといふのが先づ面白い。
互ひに対を為す存在と相戦ふことに成るのはヒーロー映画第一作の典型と云へようが、然し此の典型なくしてヒーロー映画は成立せ
>>続きを読む

ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パスト(2019年製作の映画)

-

ロレンサ所長が可愛いおはなし。


何んだかいゝ絵だ。ちょっと初期のルパンを思はせらる。プロットも好きだ。素敵なキャラクターが揃ってゐる。本筋の裏で進行するメインキャストの関係性の描写もとにかく好い。
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

5.0

アメリカ出身のジョン・カーニーが作った『晩春』。


周りの家族とは異なる、云ふなれば変な家族のもとに産まれた普通の子供の物語は、探せば割り合ひ見つかるもの。本作も其の典型に多分に沿うてゐるので、物語
>>続きを読む

鹿の王 ユナと約束の旅(2020年製作の映画)

-

肩幅が異常すぎて、生きる生きないどころではないおはなし。


ものゝけ姫は神話に成った。
本作が二番煎じなわけではない。寧ろ(何んだかをかしな表現に成ってしまふが)『もののけ姫』が一番煎じに成ってしま
>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ひょろっこい石原裕次郎に、最後まで違和感が有るおはなし。


何が有っても、彼の手此の手でするり〳〵と舞ふやうに切り抜けてしまふ軽妙洒脱な居残り佐平次、通称ゐのさん。其のコミカルな手の動き脚の動き、兎
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

-

もう薬なんて飲まなけりゃいいおはなし。


”バレットタイム”を始めとするメタ的な演出や、時間の流れのズレが起こす過去との繋がりが面白い。歪つな人格描写も、過去三作の正統なる続編の観があって此れ又非常
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

-

おっぱいに目が釣られるおはなし。


憧れの街と其の時代。素敵な光に誘われ這入れば、其処は正に夢の空間。あれれ。こりゃあ若しかして、ミッドナイト・イン・パリかしらん。なんだか語感も少しく似てらっしゃる
>>続きを読む

モスラ(1961年製作の映画)

-

出てくる外人という外人、全員胡散臭いおはなし。


モスラ。ダムを破壊する彼(彼女か?)は、果たして近代化の犠牲にされし村々の代弁者なんであろうか。とかくダムだけではない。日本近代化の象徴とも云える東
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

-

スミスがいよいよ笑わせにきているおはなし。


果たして前作の内容を失念していたからなのか、それとも単に私のオツムが弱いからなのか、まあなんにせよ、ぜんぜん解らない!
当然面白いのだけれども、只、ぜん
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

-

分裂するおはなし。


うわぁ、シネマジャック&ベティ!趣のある素敵な映画館だ!
研究室のバイトで横浜に来たので、折角ならばと思い訪うたのだけれども、いやぁ、此れはやっぱり来て損なし。情緒が在る。
>>続きを読む

>|