yaekoさんの映画レビュー・感想・評価

yaeko

yaeko

幸せな気持ちになれる映画、
視覚聴覚たっぷり味わえる映画が大好き☺︎☺︎☺︎
これまで出会ったことのない感覚を体験させてくれる一本を探索中。
……………………………

⁑ 2016/12/20〜 start
⁑ 2017 84,
⁑ 2018 65 movies watched

2018/12/23 best movie update!
……………………………

映画(531)
ドラマ(80)

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.6


一見おしゃ〜に見えて実は拗らせた大人の、実際は結構苦しいだろうなライフ。

なぜか観ていて苦しくなる。
どこかしら痛くなる。
それが分かる歳になってしまったのだなぁ。ふふ。

でもこの映画はなんと
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.2


華麗に、鮮やかに、美しく。
盗みなんてどうしたって悪いことなんだけども、もうどうしても憧れてしまう。

騙されてもしょうがないと思える程の美しさって凄い。
それだけ人を魅了できるのって最早才能。
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5


2人のパワーバランスが天秤のようにぐらぐら傾く、どんでん返しに次ぐどんでん返しな展開。

だけどあっ!と驚く感じではなく、
騙されて爽快!という感じでもなく。
ふぅん、そっかー、そうだったんだー、と
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.6


いるよね、こういうさ、
家族には酷な人でもそれ以外の人には優しくて親切で、わりかし愛されてるような人。

だからこそ家族にとっては余計複雑でやっかいなんだよね。
昔の記憶とかだってあるし、
憎みたく
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0


習うより慣れろ、ということがどういうことなのか、この映画で知った。
考えずとも、身体が自然と動くように。
そうするのが当たり前かのように。

尊敬する先生から勧められて観たのだけど、いやぁ厳しい、、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

5.0


酔いました。どっぷりと。
小さい頃に飽きる程見聞きしたアラビアンナイトの世界に音楽が、まんま目の前にありました。

本当に香辛料の匂いが漂ってくるような色鮮やかな市場に、華やかな衣装、活気ある人々、
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.5


鎌倉は相変わらず素敵。
なにか物語が生まれそうな空間が満ちている。

そこに脈々と歴史を持つ古書、そして人と人の出会いが合わされば、それは何かが起きて然るべき。

そんな心踊るミステリーの世界に触れ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.6


ボクシングやらk-1やらを付き合いで観てるせいか、
なんかものすごくフィクションを感じてしまった。いや、フィクションで間違いないのだけど。

個人的に、再びサンドバッグに触るようになったきっかけにな
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


もうね、泣くことは最初から分かってた。

YUIが大大大好きで、
日本版のDVDも持ってるくらい。
リメイクされると知って嬉しかった!

なんだか、好きな人と夜しか会えない切ないシチュエーションなの
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6


優しくてハートフルな映画。王道。
たまにはこんな世界の中に身を浸すのも良い。

それぞれのキャラクターの物語があって、だんだん1つに集約されていって、最後に爽やかな感動がじわり。

周りに流されない
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0


原作は少しかじった程度。

太鳳ちゃん(わたしの中で勝手にアイドル女優さん枠)が想像以上に凄くてびっくりしたのだけれど、
結局3次元にすると、太鳳ちゃんが累をやることになるのだから、
配役は芳根ちゃ
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.8


近年の中では1番良かった気がする。
終盤漫画違った気がするけど。

いつも最初の方に“新しく完成しました”系の建物が出てくると、あ〜今回はこれが…(察し)とここ数年思うようになってしまったのは、それ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8


なんでこの人の歌声は、すごく切なくて、パワフルで、心の底から何かを呼び起こすような力を持っているんだろう。
無性に心を掻き立てられる。

今すぐ彼の側に行って一緒に泣きたくなるような、励まし合いたく
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


※テンション注意

コードギアス以上に完璧で至高なアニメをわたしは知らないので、
今回の映画化を知った時は、もう。

何年経ってもルル様はご健在だった。
内容はアレだったけどルル様の姿をお目にかかれ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


原作を全く知らずに観たのだけれど、
ベルバラ?と宝塚を足して2で割ったようなのようなビジュアルに、カオスともいえる世界観で強烈だった!

しかし、ただ単に笑える映画でやっぱり良い。何も考えず大いに笑
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


満を持しての話題作。
「3度目の殺人」程ではなかったけど、すっきり感はない終わり方。
だけど水にインクを落とした時のように、じわじわとモヤモヤが広がる感覚がある。

万引きは悪いこと!
圧倒的に正し
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.6


完全に辻井伸行×久石譲に釣られました。
曲中の景色が、映像がとっても綺麗で、曲と合わさって耳と目が同時に満たされた。幸せ。

個人的にはやっぱり予告にも使われてる曲と、あとは1番最初にお姉ちゃん?が
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


なんとなく、すごく分かるようで、だけどどこか分からない、腑に落ちない、すっきりしない。
うん、そんな感覚を味わった。

コインランドリーの本のチョイスがすごいとか、山の上で素直に気持ち叫ぶのってデト
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

4.6


予告観た時から楽しみにしてた!
もう、最高に満喫した。
笑えるし、イケメン堪能できるし、控えめに言って最高じゃね。

君の膵臓を食べたいガール、全然キャラ違う。儚くない。振り切ってるし、
センセイは
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.6


続・付き合いじゃなければ観れないよ系映画。

なんと、彼女がその名を〜の監督さん!
この監督さん、グロさとかをぼやかさずにリアルに表現される気がする。
方言もあいまって怖んんんわかった。

登場人物
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6


これも付き合いじゃなければ観れないよ系映画。

どうしていつもおおよそ人間の力ではコントロールできないものを、いや自分ならできる、と思う人がいるのだろうか(大体がマッドサイエンティスト)。

前作よ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.4


人が食べられる系はとてもとても苦手(小さい頃観た、多分ジョーンズの影響っていうか、そのせい)なので、
付き合いでなければ絶対観ない。
でも思ってたよりはまぁまぁ観れた。
でも該当シーンは目をつぶった
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2


通り抜けてきたから分かることだけれど、
自分がその瞬間にいる時は、どうして、なんで、分かってくれないのって、それしかなかった気がする。

わたしのこと好き?って聞くあの気持ち

あぁ、そうだね、自
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.8


美女が走る姿ってなんて神々しいのか。
そして何度ポカリスウェットのCMかと思ったか。

そんな感じで小松菜奈ちゃんの美しさが画面に収まりきれていません。

言っとくけどまずOPで秒で心奪われるからね
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます


ゾンビとか得意ではないので気は進まなかったけど、、、そこはほら、話題作だから!

ってことで観始めたら、前半変な間あったりグダグダだしつまらなくてげろーってした。
だけど高評価だし、、きっと何か、、
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


歳をとって、 そりゃ偏屈っぽいところも確かに見てとれたけど、
毎日いろんな人が大勢来て、自分の生活のリズムやスペースが乱されて、
それでも文句なく、全てあるがまま、受け入れている寛容さ。

今日は賑
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.5


設定がユニークで、ザ・王道なラブストーリー!
洗練されたお洒落に溢れた映画。どの部分を切り取っても綺麗。はぁ。
内面の美しさ、なんて『美女と野獣』に通ずるところがあるかも。

ラストシーンがお洒落で
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.2


ずっと気になってた映画。
昼間にのんびり観る感じで◎。
ロンダリングなんていう物騒なタイトルだけど、中身はゆるっと切ないほっこり系。

幽霊たちがみんなコミカルでセンチメンタルでよい。蟹の子が可愛
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


いいテンポの映画。ぼーっと観ていられる。

なんといっても朝倉あきさんの透明感がすごくよい。声も良い。映画の中に溶け込んでいるような一体感があった。

彼女の中にずっと引っかかっていたもの。
何がき
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.8


イオルフの民たちの棲む世界、好きだ。
織り込まれた布、それをつるす高い高い塔、透き通った水、光る花。
そしてその中に佇む白い、神秘的な少女たち。

ファンタジーゲームの中みたい。
絶対行けない世界だ
>>続きを読む

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


お洒落で、どこか切ないも感じるような色達の組み合わせ。
洋服や家具のデザインからも感じる、レトロさ。
カラフルとアンティークの同居を許す、このへんの絶妙なバランスって、フランス映画ならではだと思う。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


なんて美しい世界。
全てが焦がれるくらい綺麗な景色で、本当にその世界の中に飛び込みたくなった。
軽くて透き通っている音楽もよくて。

美しい滝のある山の中で、2人が自分の名前を呼び合っているシーンが
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます


うーん、、、
設定が面白いと思って楽しみにしてたんだけど、、、
どちらかと言うと役者さんの演技を味わう映画かも。

松田龍平の異質さよ。
ずば抜けて際立ってたよ〜目が怖いよ〜。

罪としては殺人罪だ
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


最初の方はちぐはぐ感とか、あえてなのかわざとなのか俳優さんたちの妙な演技に観るの辛くなったけど、
中盤からラストまで、持っていかれてしまったよ。くそう。卑怯だ。

2人のまっすぐな愛の結論に、涙。
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.5


きょうだいって、なんてアンビバレントな存在なんだ。

相手が泣けばごめんね、て思う時もあれば、いい気味って思う時もあったり。
勝手にしたらってなったり、心配でたまらなくなったり。

この兄弟、姉妹は
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


あっは!

1よりまとまってて、最後の方はちょっと冗長な気もしたけど、面白かった!
個人的にはもっとぶっこんでくれるかと思ってたんだけど(1がえ、大丈夫なの、、、?と思うアレが結構あったから)、それ
>>続きを読む

>|