きれいのくにのネタバレ・内容・結末

「きれいのくに」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ごめんなさいメモです
https://crea.bunshun.jp/articles/amp/32702?__twitter_impression=true
とにかく攻めたドラマでした
面白いけど面白かったとは言い難いような
不思議さ

NHKだと油断して見始めたら
子供の前では見たくない濃厚シーン続出
1人で見ないと気まずいね

完全に吉田羊の若返りに!
声吹替じゃないですよね?
蓮佛美沙子好きでしたけど惚れ直した

このまま進んでほしかったな
びっくりでガッカリ高校生編かぁー
と思いきや
ぐいぐいと引き込まれました

印象的なのは
あんないきなり挿入のみだなんて
童貞めっ!
もっと大切にしてよ2人とも〜
と思ったけど彼女は大切にしたいからこそ
ああやって彼に遊びめかして
捧げたのかもしれない
彼女には家族の影が見えない
スレてるようで
さびしさが垣間見える気がしました

裏整形は
整形風であって
合法なプチ手術(なんの?)をして
心を満たしてあげてる
お金儲けをしているだけのようにも
見えましたが
本当の所はどうなのでしょう?
2回見てみましたがわかりませんでした
誰か教えて〜
近未来SF???
違和感、気持ち悪さ、ざわざわ
舞台芝居の質感
この謎のままスッと終わるのがらしさなのかしら
音楽・蓮沼執太
2021/4/23
蓮沼執太フィル「○→○」@ オーチャードホール

NHK DRAMA "KIREINOKUNI" ORIGINAL SCORE/蓮沼執太
https://open.spotify.com/track/5z4IwPlnt4DR6NloFUJ84R?si=5gbVfp29TnC2RmyZZIpSuw&dl_branch=1
謎。初めの吉田羊さんのやつはただのドラマやったんか。現実はあの高校生達のやつなんか。
好きとかじゃない友達といたしてたけど、NHKにしては攻めたシーンやったし、あの出来事はこの先なんも影響しないんかな…?
何だかよく分からなかった。私の頭では解釈が出来なかった。私もヒロインのように 自分の顔が嫌いで、結局 顔じゃなくて中身って言っても 第一印象(顔含め)で8割決まるって言われてるぐらいだから 世の中顔なのかなとも思う。1番最後の主人公の男の子の周りを気にしてる様子とか表情とかでも、前の顔の方が好きだったんじゃないかと思える。
結局何が言いたかったんだろう…。
みんなめちゃくちゃ気遣って喋ってるところがリアルだなーって思った。
「いや、まあ、あー」「普通に」「え?」「〜かも」「〜なくない?」
明言を避けるような言葉選び。

整形することが当たり前という価値観の中で産まれてきた子どもたち。
「みんなが流行りに乗るのって、相手と対等でいたいからっていうことなのかも」
↑このセリフがいちばん刺さった。
いままでにない世界観。
吉田羊たちのパートと学生たちのパートで印象がガラリと変わる。

近未来の話でもなく、意外と身近なテーマなのかも。
みんながおなじ顔になれば、変な優劣とかなくなるのかもしれないけれど
あれはあれで、困りそう。
【2021#024】
 SFあまりハマらない自分でも、このドラマはかなり面白かった!5、6話目くらいまでまったく話の流れが掴めず、何だこれは?って感じだったけど、だんだん全体像がわかってきて、気づけば毎週楽しみになっていた。
 「顔」をめぐる物語って他にもいろいろあるだろうけど、この作品もそのジャンルの代表格になり得るのではないかと思った。
「別に顔で好きになったわけじゃない」って嬉しい反面、顔にコンプレックスがあったら辛いな。私だったら辛い。顔で好きになってほしい。顔が好きって嘘でもいいから言ってほしい。

結果的には、顔の多様性と個人のコンプレックスの解消結局こっちの方が大事っていうのに落ち着かなかったのが素敵だったな。またいつか見返したいなあ。もう少し歳を取ったらまた違って見えるかも。そしてとにかく男子3人が愛おしかったな。中山の気持ちになると泣きそうになる。全体的にドラマっぽくないセリフの言い方が現実の若者らしくて良かったな。
途中から今まで観ていたものと全く違う世界の話になってなんだなんだってワクワクした
もしかしたらすごいドラマに出会ったかも〜って
その点でいうと少し期待外れだったかな、そこまでの何かは起きません
その特に何も起きない高校生の日常の芝居がリアルでもはやまどろっこしいところがいくつもあった

リアルといえば稲垣さんの気持ち悪いおじさんの演技
こういうおじさんマジでいる
トラウマを呼び起こされそうなくらいリアルだったのでそれは言っておきますね
>|

あなたにおすすめの記事