フランケンシュタインの恋のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「フランケンシュタインの恋」に投稿された感想・評価

むぎちゃ

むぎちゃの感想・評価

3.4
0
綾野剛さん目当てで見ました
ほんわかしてるけど切なくて素敵なドラマ🍄
柳楽優弥さんがとても良かったです
Ryou

Ryouの感想・評価

3.3
0
雰囲気も良いしキャストも良い
主題歌も良い
ただ内容がそれに付いてこなかったかな

綾野剛 二階堂ふみ
柳楽優弥 葉山奨之 森岡龍 光石研など
ほんとキャストは豪華だった
zemba

zembaの感想・評価

5.0
0
ずっと観たい観たい言ってて、ついに観た!!
心が浄化されたーーー、ホクホクだ〜
最後はちょっと切ない気持ちになった、、
良い主題歌だねん

津軽さんの「長く生きることのできない私の身体と、長くしか生きることのできないあの人の体と、どこがどう違うと言うのですか」が好きだった
あと教授の、「恋をすることは、願うことではないのか!」も!
ORI

ORIの感想・評価

4.2
0
予想以上に良い
なんだかずっと、心がギュッてなる
登場人物一人一人が愛おしい人間で怪物だなって
生きている尊さを感じる
強く優しくありたいと思わされる
そして、素敵な恋をしたい。
こな

こなの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

共感性羞恥の者には非っ常〜にしんどくて、完走するまでに数ヶ月かかってしまった作品。
けれど、9話で彼が出てきた瞬間に「がんばって観てきてよかった…!」と一気に報われた気持ちに。ご褒美でした。9話と最終話は最高でした。救われました。

全話観終えてから1話に戻ると、実は張り巡らされていた伏線に驚くことばかり。
サキさんに自転車の乗り方を教えたのは呼六さん、研さんにそれを教えたのは津軽さん。
サキさんが呼六さんに言った「私がいるから大丈夫でしょう」を、1話で津軽さんも研さんに言っている。
血のつながり、遺伝子の不思議。すべてがつながっていて、津軽さんと研さんの結びつきの強さを裏づけるものばかり。

研さんはまわりにめぐまれ、人間を知り、自分を知り。あれはハッピーエンドだったのか否か。
永遠に死ぬことのできない彼は、津軽さん亡き後も想いを胸に生き続けてゆく。
せめて、呼六さんの言っていた「いつか、恩返しが得意になりたいです」が叶えられているのなら。
叶えられたよね。研さん。
彼の切ない生がしあわせなものでありますように。
bbb

bbbの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

最終回にたどり着けた人だけが知れる幸せがある、、、

恋でできている物語
後半の、ラストまでめちゃくちゃ良かった。

・見つめ合うことができるのは、目の前にいる人間とだけです
・これから僕は、名前以外の自分をわかることができるでしょうか
・嘘をついたら人間になれますか?
・自分を分からないと思ったときは、自分を面白がればいい!
・恋をすることは願うこと

Q10
ヴァイオレットエヴァーガーデン
君の名は
不死鳥/SEKAI NO OWARI
ふわふわした幸せが詰まってる。
海月

海月の感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

確かに日常の中の”普通”とは違う存在に恐怖してしまったり遠ざけて異質な目で見てしまう気持ちはわかるけれど、どんな人でも人間である事には変わらない。心は、気持ちは人間なんだよって。
周りをそういう目で見てませんか?っていうメッセージも感じる。名前はファンタジーでラブコメな要素もあるけれど、伝えたいメッセージを自分の中では受信できて面白かった。

人間の方がよっぽど化け物だ。とは稲庭先輩のセリフ。本当に、そう思う。
いち

いちの感想・評価

3.0
0
なるほどタイトルはそういうことなのか!ってわかってからは面白かった。
研を取り巻く人達は魅力的な人が多かったけど、個人的に津軽さんのキャラクターがあまり好みではないのとテンポ悪いなと思うところが前半多かったので星3つです。
EDがかっこいい!!
龍

龍の感想・評価

3.0
0
綾野剛さんの演技が観たくて鑑賞。
綾野剛さんの些細な表情の変化がよく現れてる作品だなぁと感じた。キノコはえるの可愛え。
利用する者と利用される者が、わかり易く描かれている。それだけではなく、人間のプラスマイナスの感情が両方描かれているのも良かった。

何事にも感謝と謝罪は大切よな。
さちこ

さちこの感想・評価

3.5
0
・名言がたくさんあった。

・悲しいとは信じていた人に裏切られること、虚しいとは信じる価値のないこと・信じてたものに裏切られるのが“悲しい”で、初めから信じる価値のないものが“虚しい”です。

・深志研が放つ菌、オーラのようなものだと思う。その人が放つオーラは人を介して他の人に伝染するから。
>|