負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~のドラマ情報・感想・評価

「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」に投稿された感想・評価

みや

みやの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

【日本人としての矜持】

戦後、GHQに占領される動乱の日本社会を立て直し、強力なリーダーシップと外交力で日本を独立に導いた吉田茂の後半生を描いた歴史ドラマ。

毎話冒頭に「このドラマは歴史に基づいて作られたフィクションです」という但し書きが表示され、一部に創作・演出が加わっていることが示唆されるが、大まかなプロットは歴史的事実が忠実に反映されている。

吉田
「遺産をもらい、大学を出、外務省に入った。ムッソリーニに会い、チャーチルにも会った。ところがどうだ。こんなくだらん戦争を止めることもできなかった。何もしてやれぬまま女房も死なしてしまった。息子や娘に顔向けもできん。大切な友人も見殺しにしてしまった。信じてきたものも、何もない。俺には何にもない。この焼け野原と同じだ。だがな、戦争では負けたが、俺たちは奴隷になったわけじゃない。負けは負けだ。もう一回ここで勝負だ。外交で勝つ。泣くな! 日本の男は顔で笑って心で泣くんだ」

こうして失意の底から始まった吉田茂(渡辺謙)の外交は日本人としての矜持を忘れぬ強気な姿勢で描かれる。

戦争の放棄と日本の独立のため、幾度もダグラス・マッカーサー(デヴィッド・モース)と対峙するシーンが盛り込まれるのだが、二人の息をのむ掛け合いは重厚感のあるドラマとして物語の大きな焦点となっている。

常に対角に居座る存在として描かれるも、互いへのリスペクトを欠くことはなく、次第に戦友となってゆく展開はある種のバディ作品としても楽しめるだろう。

一方で、吉田が覚悟を持って理想と現実の狭間で折り合いをつけていく様には、残酷なまでに敗戦国としての無力感が表現されており、心が締め付けられる。

本作は戦後の外交という歴史に基づいた大きな物語が主として展開されるが、サブプロットに坂元裕二の独自性を見いだすことができる。

例えば、吉田茂とマッカーサーがそれぞれの家族と過ごす姿を対比させることで、多角的な人物造形に成功している。

一国のトップに立つ重みとそれ故にないがしろにしてしまった家族への愛情の交差しない具合が切なくも、一蓮托生である「家族」という共同体の性質を鮮明に描き出している。

また、在日米軍将兵を相手にした街娼、通称パンパンとなった女性・日野に着目し、声なき声の叫びとその後の人生の行方を炙り出した点においても、『Mother』以降の社会派ドラマの書き手としての坂元裕二の側面が垣間見えるだろう。

日野
「男の人らは戦争が終わったら復興じゃ言う。だけど、うちらの戦争はまだ続いとったんよ。放り出されて、パンパンになるしかなかったんよ。何人も死んだ。病気になって川に捨てられた。兵隊さんとおんなじよ。それを、国のために死んだと言うんよ。あんたら役人はそう言ってすぐに綺麗なお話にするんじゃ。だけど、うちらみんな知っとる。うちらに股開くように命令したんは誰よ。米兵に股開くように命令したんは国の者なんでしょ。抱きんさい。あんた抱きんさいよ。あんたらと違うて、うちらの戦争はまだ続いとるんよ」
れいな

れいなの感想・評価

3.8
0
前提知識があるとより楽しめます👇😊

【吉田茂年表】

1881年(4歳)貿易商・吉田健三の養子となる。

1906年(29歳)東京帝国大学卒業。外務省入省。

外務省の同期に後の内閣総理大臣、そして後にA級戦犯となる広田弘毅(こうき)がいる。

1909年(32歳)牧野伸顕(大久保利通の次男)の長女(雪子)と結婚。ロンドン・ローマに赴任。

1919年(42歳)牧野がパリ講和会議の全権を務める際には、吉田も随行。この時に第一次世界大戦に敗北したドイツを見て、敗戦国になることの恐ろしさを知る。

1922年(45歳)天津総領事となる。

1928年(51歳)外務次官となる。

1930年(53歳)駐イタリア大使となる。

1936年(59歳)広田弘毅内閣の外務大臣候補になる。駐イギリス大使となる。
しかし、その後の日独伊三国同盟により、日本とイギリスの関係が悪化し帰国。

1938年(61歳)三女和子と、そのとき交流のあった白洲次郎の紹介で麻生鉱業社長の麻生太賀吉が結婚。そして生まれたのが、麻生太郎

1939年(62歳)外務省を辞める。この時に妻の雪子を亡くす。

【ドラマはここからスタート】

1945年(68歳)
  【4月】同じく戦争を反対する鳩山一郎(はとやまいちろう)らと、和平への道を歩む内閣を作ろうとした事がバレて憲兵隊に逮捕される。このドラマの冒頭では、牢屋に入れられた吉田のシーンからスタートしている。
  【9月】外務大臣に就任し、政治家となる。

1946年(69歳)内閣総理大臣に就任。日本国憲法公布。

鳩山一郎に、①金作りはやらない②閣僚の選考に口出しはしない③辞めたくなったらいつでも辞める、という3条件を提示し内閣総理大臣を引き受ける。(後にこれが問題になる...)

1947年(70歳)総選挙で日本社会党に負け、内閣総辞職

1948年(71歳)第2次吉田内閣を組閣する。

1951年(74歳)サンフランシスコ平和条約により、国際社会へと復帰・日米安全保障条約に調印(第3次吉田内閣)。

まだやり残したことがあるといって「抜き打ち解散」と呼ばれる強攻策を使う。解散後、吉田には「日本独立に一役買った」との世論からの支持がり、また鳩山は突然の解散のせいで選挙の準備などができず、 結果吉田が当選し、第4次吉田内閣が発足

1953年(76歳)バカヤロー解散(第4次吉田内閣)。

1954年(77歳)内閣総辞職(第5次吉田内閣)。

1963年(86歳)政界を引退する。

1964年(87歳)東京オリンピック、マッカーサーはその6ヶ月前に亡くなり日本の復興のシンボルであるオリンピックを見ることができなかった。

1967年(90歳)神奈川県の大磯で永眠。戦後唯一の国葬。


【感想】

安全保障について少し興味はあったが、難しそうなので食わず嫌いしていた。しかし、吉田茂の政策を調べれば、現在の安全保障問題に繋がる。とても勉強になった。そして、サンフランシスコ平和条約や安全保障条約には吉田茂の強い思いがあったからこそ成し得たことだと、このドラマを通して知れて良かった。
話は変わるが、68歳で政治家になってから政界を引退する86歳まで高齢にもかかわらず、18年間も政治家を務めており感心した。It's never too late to learn という諺があるが、まさにその通りである。自分も早期リタイアするのではなく体力があり続ける限り、吉田茂のように夢と信念を持って未来を創り上げる社会人になりたいと強く思った。
ゲルト

ゲルトの感想・評価

3.5
0
つまらないわけじゃないけど面白いとも言い切れない。
「吉田茂以外に、この局面を乗り切れた者はいなかっただろう」みたいな言葉で講和のくだりが締めくくられていたけど、それまでに吉田が活躍らしい活躍をしたと思えるシーンが無く、本当にそうか?という感じ。キービジュアルからしてドラマ自体が渡辺謙の顔に頼り過ぎていたような印象。

吉田家にしろマッカーサー家にしろホームドラマ要素はもっと排してほしかった。吉田健一がどんな人なのか何も知らないけど、30代半ばであのハムレット気質はちょっとウザい。和子もどこかサイコに見えて怖かった。でも、小りんとの「茶筒の蓋が緩んでおります……」の一連のシーンは良かった。

吉田と近衛、牧野、廣田、芦田、次郎、マッカーサーらとのマンツーマンの関係性描写はどれも好みだった。俳優陣が本人にほどよく似ていたのも良かった。昭和天皇は激似。
naoyeah

naoyeahの感想・評価

4.0
0
バカヤロー!!
て叫んだんじゃなく、つぶやいたんですね。

天皇に戦争責任を取らせず、そして日本の独立への道を模索するためのタフな外交。そして、憲法9条。すでにこのときから議論されていたことをはじめて知った。

みなが国をどうするか?というベクトルで話している。だれも保身や自己の出世のために政治をしているのではない時代が、おそらく過去にはあったんだなぁ。
ohijapan1231

ohijapan1231の感想・評価

4.0
0
こないだテレ東で鶴瓶がやったドラマとは脚本が微妙に違う感じだった。特に白洲次郎。芦田均が近衛っぽい(偏見)
nori007

nori007の感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

「白洲次郎」を見た直後にこちらを見直した。
1話
日本は負けた。負けた国は男は強制労働につき、女は侵される。そして国は4つに分割統治される。。。。たしかにソ連、中国に統治されたらそうなっていただろう。
アメリカは少しはマシだったって話だ。ただしやがてくる冷戦でソ連南下の防波堤として日本が戦わされる可能性だってあるのだ。

GHQが進駐してくる時に早急に大森に米兵専用の慰安所を作る。これも米兵のレイプを避けるためだ。

ドラマ「白洲次郎」と比べると近衛文麿と吉田茂がめちゃくちゃかっこよくなっているのだが、主役なのだからまあそれはそうか。近衞文麿が岸部一徳から野村萬斎となりものすごい印象がかわる。気分の上げ下げも激しい。日本国憲法草案を提案されるが一転戦犯となって意気消沈してしまうのは同じであるが、こちらでは次郎の提案などはない。

もちろん吉田茂の側近には白洲次郎がいるのだが、どちらかと言うと次郎の役割を吉田茂がやってしまってる感じだ。天皇からの直接の文章をマッカーサーに渡す時に手で受け取らない事に文句をつける。これは完全に白洲次郎のエピソードが元ネタだよね??


2話
日本国憲法が事もあろうにGHQの手で改正されてしまう。しかしなんとしてでも天皇の訴追は防がなければならない。そんな中、選挙で勝った鳩山一郎が総理になろうという瞬間になんと追放されてしまった。。。というかこの頃から友愛とか言ってたのか。。。

もう残られたのは吉田茂以外に総理を任せられる人間はいないのでは。
ちなみに、吉田の横には白洲次郎よりも柴田達彦の方がいつもいる。

3話
吉田内閣は国民の支持を得られず早くも失脚。ケーディス大佐の後押しで芦田が政権を握るが事件により自滅。次郎の根回しもあり再び吉田内閣の復活となった

4話
突如、朝鮮戦争が勃発。日本に駐留する米兵は半島へ投入された。
するとその穴埋めにGHQより日本の警察予備隊を編成せよとの命令が下る。
しかしそれは、名前を変えた日本の再軍備にすぎない。GHQが作った憲法をやぶれと言っているようなものだ。しかもガダルカナルに若者を投入して全滅させた旧帝国軍人の服部卓四郎が指揮をとることになり、吉田は猛反発する。
このあたりはドラマ「白洲次郎」では描かれていなかった部分である。

5話
再軍備を求めるダレスと吉田の交渉の結果、軽武装、日米安保を飲むことで講話路線が決定。朝鮮戦争は38度線でワシントンは停戦協定を結ぼうとする。マッカーサーは徹底抗戦を唱えるものの最高司令官を失脚してしまう。

やがて日本独立の調印式となる。しかし日本の再軍備と日米安保は国民には隠して。。。

しかし最後の最後に、白洲次郎を裏切り者のように描いたのは大きな失望だ。この点は2020年版のドラマの方が優れている。
kecoji

kecojiの感想・評価

-
0
ちょっとくさいところもあって長くも感じるが、後半になるほど面白い。
独立に向けてたぬきじじいっぷりが増してくるにつれて渡辺謙が吉田茂になってくる。
良きにしろ悪きにしろ、日本の矛盾を抱えた独立は吉田茂以外にはなしえなかったと思わせられる。
鳩山一郎とすれ違うとこがいい。
複雑怪奇な政治の話とみせて、実はラストのこりんさんのセリフを言わせたいがための物語だったのかという、良いラストシーンだった。
改めて、マッカーサーと吉田茂が戦後の日本の基盤だったんだと。

時代は変わるもんじゃない、作るものだってさ。
dramalapis

dramalapisの感想・評価

3.7
0
坂元裕二さんだったから見た。
坂元裕二さんらしさはあんまりなかった気がします。

あなたにおすすめの記事