Aではない君とのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「Aではない君と」に投稿された感想・評価

琥珀

琥珀の感想・評価

3.0
0
割と原作に忠実かな?
しかしビミョー。
心を殺す方が悪い事もあるもん!
生かしても更生しない奴もいるもん!


余談ですが、、、
市川実日子が佐藤浩市の恋人っていうのがどーにも違和感。
どちらの俳優さんも好きなんだが、、、なんか違う気が、、、
Piopio

Piopioの感想・評価

3.3
0
殺されて当然やと思うから、
彼ばかり責められる意味がわからん。
とにかく胸糞だった。(気持ち的に)

このドラマでは殺されて当然な相手にしか思えず… 親も親なら、子も子だな。でも、どんな子供でもどんなに酷い事しても殺されたらやっぱ親は相手を憎むんだろうな。そりゃそうよね、。

追い詰められた時のどうしていいかも分からない、殺しても自分が救われない時の気持ちよ。寂しさは怒りと憎しみしか生まない。
自分だってもし親のこと悪く言われたり、ペット殺されたらそいつのこと人生棒に振ってでも殺すと思う。
まつたけ

まつたけの感想・評価

4.1
0
心的攻撃と身体的攻撃。どちらが悪いのか。大人よりも多感で多くを受け止めてしまう少年においては、心的攻撃の破壊力はとんでもない。犯罪を多角的に考えさせられる作品。
みは

みはの感想・評価

3.7
0
心を殺すことも身体を殺すことも悪であることに変わりはないが、心を殺された人が心を殺してきた人の身体を殺すことがそんなに悪いことなのかと思わずにはいられない。情状酌量の余地は与えられるべきだとは思う。でも、やっぱり生きていれば間違いを教えることも正すことも支えることも出来る。身体を殺されればその先にしてやれることがなくなってしまう。そのことの重大さを痛感させられる。だからこそ、心を殺される前に、支えの手を差し伸べて上げられるうちに、救ってあげられる社会を私たち一人一人は作っていかないといけないなと思う。それが難しいのであれば、加害者の心を再び殺すようなことはせず、共に生きていける社会であるべきだと思う。
erurinhanako

erurinhanakoの感想・評価

3.6
0
2度目の鑑賞
同級生の殺人容疑で逮捕された翼
殺人の原因とになったであろう同級生達からの翼へのいじめは「心を殺された」と言う表現の通り残酷且つ陰湿。
現実世界ではもっと目を背けたくなるいじめが、世の中で行われていると思うとぞっとする。加害者の親、被害者の親、双方の感情などドラマながら見応えがあった。
もえ

もえの感想・評価

3.3
0
難しい。
ネコ殺させるほどの存在なら殺すしかないよなってなっちゃうかもな、、、
学校とか小さい世界で生きているからこその怖さ。
yukko

yukkoの感想・評価

2.0
0
うーん"(-""-;)"
佐藤浩市、演技力落ちた?それとも本気出してないだけ?なんか鼻について冷めた。

まぁ、アレだ。少年法は無くそーぜ。
そうすりゃちったぁ抑止力になんだろ?
なんかずっと心に残っているドラマ
改めて観返しても心がザラザラする。
HUNT

HUNTの感想・評価

3.7
0
子供側と
親側と
被害者親側と
とても複雑な気持ちになった。
息子役・・(長いお別れ)で気になって調べた子やん(何気にじいちゃんも一緒やしよ(笑))
杉田雷麟君・・この子の芝居に泣かされた。
杉田君売れるとおもう。(いい役者になりそうや)
子供のうちは、ほんまどんな親であれ
親の存在て大きくて、私も経験したが・・なんてゆんやろ
あーモヤモヤしたまま見終わった。
>|