古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業のドラマ情報・感想・評価

古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業1995年製作のドラマ)

公開日: 1995年04月12日

製作国:

4.1

「古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業」に投稿された感想・評価

おひさ

おひさの感想・評価

3.5
0
2019/05/31

素晴らしい。
日本人ってオチも 素晴らしい。
古畑任三郎がいい
田村正和が 一番いい😊❤️
まりも

まりもの感想・評価

3.4
0
松本幸四郎さん演じる大使の人物背景が説得力あるので見応えがあった。奥さんがネクタイも結んでくれないくだりだとか、事件と直接関係ないところが乙な味。

今回、西村まさ彦さんやアリtoキリギリスの人(名前知らない)は出ていないが、いなくても大丈夫な作りになっている。
八嶋さんも今までより小うるさくない。ラストも納得できるものでした。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.5
0
スペシャルすべて閣下の仕業。
古畑さんの推理が1つずつはまっていくテンポがよかった、じわりじわりと閣下を追い詰めていきながらどこか悲しそうな古畑さん、伏線回収も素晴らしく隙のない話だったと思います。閣下が意外とあたふたしてた印象。花田さんめっちゃ優秀やん笑
最後がいつもと違うなぁーと思ってたらまさかのラスト
ガルベスくん何してんだよ~
Hiro

Hiroの感想・評価

4.2
0
コロンボっ、ポイ始まり方、、
殺人のトリック、犯人の悲哀等々刑事コロンボの良いとこ取りみたいな。感じというか、
いろいろとパロってる気もするが、三谷作品では最高傑作のキャラクターだと思う
田村正和さんの、ギャップが良い‼️
映画化して欲しかった❗️
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
0
中南米某国の特命全権大使・黛竹千代(松本幸四郎)は現地企業との癒着を暴露するという参事官・川北健(及川光博)を撲殺し、反日団体の誘拐事件に見せかけようとする。翌日、休暇中にパスポートを紛失した古畑が大使館を訪れ、成り行き上滞在することになった。川北を誘拐したという手紙を見た古畑は、手紙の内容の不自然さとそれに対する反応から黛に目をつける。追い詰められた黛は古畑の追及から逃れるべく偽装工作を行い、大使館内を警察に捜索してもらおうと自ら申し出た。そして彼の目論見通り、現地人職員の部屋から証拠品が押収されるが…。
「古畑任三郎」史上に残る衝撃作。
何故閣下が冷蔵庫を使わせなかったか?シェフをクビにしたか?川北の死体から発見されたパクチーの意味などの古畑任三郎による謎解きは痛快だが、衝撃のラストは必見のシリーズ史上に残る衝撃作。
スペシャル回。

八嶋智人が優秀過ぎる感があるけれど、ミステリーを最後まで楽しめた。
今作も津川雅彦が神演技。観ていて感動して泣きそうになった。その点は☆5。

ラストがとても印象的である。