古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業のドラマ情報・感想・評価

古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業1995年製作のドラマ)

公開日:1995年04月12日

製作国:

4.1

「古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業」に投稿された感想・評価

舞台は中南米の某国、この国の日本大使館で大使をしている黛は地元の企業と癒着して莫大な大金を得ていることを部下の外交官に知られてしまい隠蔽するために彼を殺害した。
黛は部下の死体を隠し地元のギャングによる誘拐事件に見せかけようとしたが、たまたまその国を旅行中だった古畑任三郎はパスポートをなくしたため大使館にやってきていた・・・・。

和製コロンボで有名な古畑仁三郎のテレビスペシャルシリーズ‼︎
今回はとある国の大使館を舞台に日本人大使による外交官殺人事件を古畑仁三郎が華麗な推理で解決していくという非常に見ごたえのある良質なドラマに仕上がっていた。
完璧に見えた犯人のやってしまったミスの数々やとある登場人物の意外な正体など全編通してさすが三谷幸喜が脚本しているだけある出来だった。
今回の作品は犯人役の松本幸四郎やその他の俳優さん達のシリアスな演技力もあって古畑任三郎シリーズの中でもかなり真面目な雰囲気が漂うちょっと異色の感じになっていた。
またラストが古畑任三郎にしては後味が少し悪かったのも意外性があった。
全体的には古畑仁三郎を知らない人でも充分楽しめる傑作テレビスペシャルだった。
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.5
0
これはなかなか良いのではないでしょうか。
古畑と犯人の対決感を存分に感じられる内容となっており、犯人がこれまでで最も大物であるという点においてもより盛り上がる内容だったと思う。
ただ、今泉君と西園寺が出ていないので、コメディ要素は控え目であり、全体的に真面目過ぎるので疲れてしまった。
サブキャラではガルベス役の田中要次が最高だった。
あのキャラクターはずるいし、見事に騙されたわ。
ママン

ママンの感想・評価

3.4
0
これはあんまり印象に無いな〜🤔

他のはパッと思い出せたのに
ミッキン

ミッキンの感想・評価

4.2
0
当時の松本幸四郎との演技合戦。
予算も相当かけててスケールでかい。

とは言え、田中要次はやっぱ無理あるわ。
ryosuke

ryosukeの感想・評価

5.0
0
問答無用100点
…今泉はいて欲しかった。
津川雅彦は前に捕まったはずだが。
wani

waniの感想・評価

4.3
0
特命全権大使、ということでシリーズ中最も権力を持つ犯人。
登場人物も多いが、話に絡むのはそれほど多くない。
今泉・西園寺の代わりに花田。
犯行自体はシンプルだが、解決の鍵も良いし、何より古畑と犯人の対決と、ラストが素晴らしい。
matsumoto

matsumotoの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

事実をあばくことによって犯人が死ぬ。
死んでいい人間なんていないんですよ!を最後まで理解しなかった松本幸四郎、
古畑はこの最後をどう捉えるのか。
世界一アンティーク調の家具が似合う田村正和が何も言わないラスト。
極右のくせに名演オブザイヤーの津川雅彦。

脚本家が犯人回の「最近のドラマは喋りすぎよ」が聞いてくる名俳優揃いの渋滞回
最高です‼︎
ありがとうございます‼︎
より

よりの感想・評価

3.6
0
タイトルにもあるように、冒頭から犯人が分かってるからこその、面白さなんやな〜、クセになりそう。
犯人の作戦の詰めの甘さをついて、じわじわ追い詰める快感と犯人の焦りが同時に感じられて面白かった!
てつへい

てつへいの感想・評価

3.5
0
今泉くんが出てこない!?あれ?コメディ!?
最早、キャストの力とキャラクター性で乗り切った感あるよね。
豪華キャストのSP。
南米大使館編。
松本幸四郎も津川雅彦も木村多江も及川光博ももちろん八嶋智人も複数回出演だね。
>|