ザ・ポリティシャン シーズン2のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ポリティシャン シーズン2」に投稿された感想・評価

Matilda

Matildaの感想・評価

4.3
0
今回も面白かった!

生徒会長選挙だったS1、今回は上院議員選挙!
日本とは政治や選挙のあり方がかなり違うので、色々と勉強になった。日本ももっと政治に興味を持つようにならないかな。

政治の話だけでなく、道徳や倫理観にも触れていたのが面白かった。
あとやっぱり多様性の部分。ライアンマーフィーは多様性を自然と取り入れてくれるからすごく好き。特に目立たせることなく、自然に。当たり前のように、人にはいろんな生き方があるんだってことを教えてくれる。

今回もアストリッドはどの衣装も可愛いし、アリスの喋り方めっちゃ好きだなって思いながら観てた!でもマカフィー、ジェームズもいい!

S3が楽しみです。製作してくれると信じてる!!!
ポン吉

ポン吉の感想・評価

4.4
0
シーズン2やっと、、!!
すぐ見終わってしまったけど、、

アリスがメンヘラ
YUPI

YUPIの感想・評価

-
0
S1と同じく裏切りと駆け引きすごいけどみんなお洒落でかわいくて個性的で百点

わたしの推しはインフィニティ🌏
R

Rの感想・評価

4.5
0
可愛い映像とテンポの良いストーリーですごいよかった
アストリッドはあの後どうなったんだ…
Hiromi

Hiromiの感想・評価

4.5
0
可愛い色使いと個性的なキャラクターが好きですぐ一気見!

シーズン1と同じくVotersエピソードあったのもよかった〜◎
みりん

みりんの感想・評価

-
0
倫理と道徳の問題。前者は社会、後者は自分の問題。良心の呵責を感じないのなら、それで苦しまないのなら、最後は己の小宇宙に従いなさい みたいなとこすごかったな。ペイトンはあの感じで普通に落ち込んだり迷ったりすることもあるけど、基本ブレなくてほんとうにすごい、羨ましい性格。
ほかの登場人物みんなそれぞれチャーミングで、人間として弱い面も当たり前のように描かれてる。あっちに行ったりこっちに来たりしちゃうよね。信条が変わることもあるよね。ペイトンはああだけど、強い意志を持ち続けられなくってもいいんだよってメッセージを感じた。インフィニティちゃん好きだからもっと出てきてくれ〜〜
YudaiHotta

YudaiHottaの感想・評価

-
0
シーズン1は生徒会選挙、新シーズンは州上院議員選挙なので規模感が大きく変わる。
政治ドラマってカネとか汚職に塗れた話になりそうな気がするけど、このドラマはその辺りのスキャンダルが割とライト目?に描かれてる。

そして登場人物のファッションも色遣いが良くてそれだけで見ていられる。
終盤のストーリーがやや綺麗すぎる感はあるけど、キャラクターと内容はキャッチーだし、我々の様な世代が政治に関心持つきっかけにはなりそう。
Ayakashd

Ayakashdの感想・評価

4.0
0
相変わらずセンス抜群で見ててずっとワクワクしてた。政治に対するアイロニーとユーモア、風刺もするけどちゃんと理想も込める感じ。戦略的でありながらも人間的綻びを見せるキャラクターたち。伝統的スラップスティックというか、とにかくあっちへ行ったりこっちへ行ったりの飽きさせないドタバタ劇。
そして何よりやっぱりファッションだよね!!!ファッション!!!アリス、マカフィー、アストリッド、スカイ、インフィニティ全員めちゃくちゃ個性が際立っててカラーが可愛くてとにかく見てて楽しいし、それに個人的に敵方のDede もHadassahもクッッソおしゃれで登場するたびにウキウキした。
ベンプラット歌わないなぁと思ってたら、最後に!いいシーンだったー。
ほんとに新気鋭の才能たちと熟練俳優たち、双方の力がバランス良くインクルードされて昇華されてる、ダイバーシティandインクルージョンなドラマだわ。
若手の子たちついつい調べてインスタフォローしちゃう。特にインフィニティ役の子とアリス役の子が面白い!!これからが楽しみだー
hona

honaの感想・評価

3.2
0
ライアンマーフィーはどこまでもすくってくれる。グループセックスっていうよりかはポリアモリー押し出してたよね。アリスとアストリッドの衣装、陰陽って感じでどっちもたまらん。S1より事件はなくて、でもテンポ程良いかサラッと見れるよ。
りっく

りっくの感想・評価

3.8
0
前作のジェットコースターのような劇的な展開の連続による学園ドラマの面白さもいい一方で、本作は本格的な選挙戦に挑む成熟したパワーゲームになっており、これもまた面白い。

三人婚や環境問題といった手札をどのタイミングで、どのようなパフォーマンスで世間にアピールしていくか。結果、また不戦勝のような形で花火は不発になるものの、情報戦、心理戦を経て、最後には建前ではなく自分の言葉で有権者に語りかけることができるまでを追ったペイトンの成長物語としてテンポよく楽しめる良作。