そして、生きるのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「そして、生きる」に投稿された感想・評価

きょたか

きょたかの感想・評価

3.7
0
中盤くらいまでは最高に近い評価だったけど
後半から終盤にかけてが全然良くなかった。
最終話なんて完全に蛇足。
逮捕される流れ必要だった??
あすか

あすかの感想・評価

3.0
0
瞳子はこんなに不幸な出来事が押し寄せたのに、自分で決めたから後悔はないと言い切るのが強い。
清隆と結ばれたらお互いにどんなに幸せだったかと想像してしまうが、赤ちゃんが出来たと言って清隆の人生を邪魔したくないと考えるのが瞳子だから。そして清隆も瞳子のことが好きだから弱い自分のままで瞳子に助けは求められなかった。
優しい2人だからこそ、精一杯生きた結果の人生を幸せになって欲しい。

このレビューはネタバレを含みます

生田瞳子は幼い頃に両親を交通事故で亡くし、理髪店を営む伯父の和孝に育てられた。2011年。大人になり、盛岡のローカルアイドルとして活動する瞳子はかねてから夢であった女優になる夢を叶えるため、東京へ向かおうとしていた。同じ頃、東京の裕福な家庭で育った清水清隆は、就職活動の時期が迫る中、自分の進みたい道を定められずにいた。そんな二人の運命は、2011年3月11日東日本大震災の発生によって、大きく動き出す……。
岡田恵和脚本、有村架純主演の連続ドラマW。日本を襲った未曾有の災害が、出会うはずのなかった瞳子と清隆を出会わせたことで、それまで緩やかに動いていた二人の運命の歯車が大きく動き出していく。
本作の裏テーマとして、「善意は時として真逆の結果をもたらす」がある。志を抱いてフィリピンで支援活動に勤しむ清隆が、自分の何気ない一言がきっかけで、現地の貧しい少年ジャスティンを悪の道に進ませてしまったように。また、岡山天音じる久保真二も、社長の善意によって拾ってもらうも、やがて会社ぐるみの詐欺に加担させられるようになってしまった。初めは天真爛漫に人を笑わせていた久保から笑顔が消えていく様子は見ていて辛くなるものがある。
人の感情の機微を描くに長けた岡田恵和氏の作る巧みで一筋縄ではいかない人間模様が、非常に見応えのあるドラマ性を演出している。ただ、ご都合主義のように見受けられた点が一つ。それは、清隆を探しに国立へ訪れた瞳子が、たまたま入ったカフェの窓から清隆を見つけるというシーン。国立に土地勘のない瞳子が、一日で清隆を見つけ出したとするのは少し無理がある。せめて姉やハンから手がかりをもらうとか、何日もかけて歩き回り、疲れ果てて行き着いた店で見つけたなどの過程が描かれていないと、視聴者には都合良く映ってしまうだろう。
その点を除けば、震災をきっかけに自らの人生を見つめ直し、生きるとは何か? 善意とは何かを問う上質な人間ドラマである。
ちの

ちのの感想・評価

4.3
2

このレビューはネタバレを含みます

1番好きな人とは結婚できない、なんていうジンクスを思い出した。このドラマの中で"1番好き"同士だった瞳子と清隆は結ばれなかった。だけど。
客観的にみて1番しっくりきた組み合わせはやはり瞳子×清隆で、他の2人だとそれぞれちょっと違和感があった。これはあくまでフィクションだけど、現実でもあるよなあ、こういうの。なんかしっくりくるカップル、こないカップル。
ドラマ的には結ばれなかったことで各々が強く生きていく未来が強調されてると感じるけど、2人の間に足りなかったものはなんだろう、と考えてしまった。もしこれが現実だったらこの結末を運命なんて言葉で片付けてしまうのは本当にもったいなくて、っとお互いあと1歩、ほんの1歩の歩み寄りがあれば、何か変わっていたのかなあと思ってしまう。
不幸続きの展開に関してはドラマだな、と思ってしまったけど、とても淡々としていて、逆にリアルさが滲み出てた。ああ人は皆こうして、時間と共に受け入れながら、生きていくのか、生きていかなければならないのか、と強く思った。
キャストはもちろんそれぞれの演技もよかったし登場人物がみんな憎めない人達だからこそ成り立つような脚本も良くて、有村架純は可愛いし坂口健太郎はかっこよかった。
ただそれ以上に物語に没入して深く考えさせられた作品は久しぶりだったのでこの評価。
おにたん

おにたんの感想・評価

3.5
0
わるくはないが、劇的な展開を期待していただけに、最後は拍子抜け。
本当に静かに物語が展開し、静かに終わる感じです。
シネマ5454

シネマ5454の感想・評価

3.6
0
いいと思います。

静かな作品。


エンタメを期待すると、期待外れかと思います。

そういうお話し(フィクション、ある意味寓話)と受け入れて、作品の世界に酔いしれると面白い。

ストーリーにつっこみを入れたくなる人とかは、リアリズムとかにこだわる人は不向きだと思います。
すずめ

すずめの感想・評価

3.3
0
ひとに感謝される喜びを知ることでこんなに報われない人生を送ることになるなんて、誰が思うだろう。
悲しくて、切なくて、みんな全員幸せになれないって辛い。
こういう愛のかたちってあるかもしれないけど、やっぱり幸せじゃないと思った
Kanako

Kanakoの感想・評価

2.5
0
岡田さん脚本で、震災のドラマだから見てみたくて、みたのだけど…

1話がピーク。
震災後にボランティア行った時のことを思い出して、現地の人に言われたこととか思いだして、涙止まらなかった。

しかし、それ以降はとりあえず不幸のたたみかけ。
よくあるドラマの不幸をすべて積み込みましたよ!ドーンッってかんじ。。。。
全6話で見やすかった。

この「人として好き」を描いた作品初めて見るかも。
まみ

まみの感想・評価

3.5
0
良い子すぎじゃないか?
もうちょっとわがままになっても良かったんじゃないかなー。

何があっても生きていくってことだけど、なんか切なかった。
>|