レジェンド・オブ・トゥモロー<セカンド・シーズン>のドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • レジェンド・オブ・トゥモロー<セカンド・シーズン>の情報・感想・評価・動画配信

「レジェンド・オブ・トゥモロー<セカンド・シーズン>」に投稿された感想・評価

山岡

山岡の感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

S1でチーム結成のヴァンダルサベッジを倒したレジェンド・オブ・トゥモローの次なる敵は、なんと『フラッシュ』S1の大ボスだったイオバード・ソーン=リバースフラッシュ。まさかのリサイクルに驚かされた。

イオバードは『フラッシュ』S1ラストで先祖であるエディ・ソーンが自死したことにより存在自体が消失したはずが、『フラッシュ』S2-EP10,11にいきなり登場し、しかもそこでは何の説明もなされず退場したので個人的には非常に違和感が残っていたところ…しかし今回の『レジェンド〜』S2で再登場し、運命の槍を求めてレジェンド達と攻防戦を繰り広げた。フラッシュのいない世界でのイオバードはまさに無敵状態で、スピードスターの能力がいかに強力なものなのか、見せつけられた。

さらに今シーズンでは、イオバードの仲間として、『アロー』S1の大ボスであるマルコム・マーリン、『アロー』S4のダミアン・ダークもリサイクルされ登場し、スーパーヴィランチーム、リージョン・オブ・ドゥームとしてレジェンドの前に立ち塞がる。『レジェンド〜』シリーズの最大の魅力であるクロスオーバーの面白さがここに極まれりという人選だ。正直、イオバードを除く2人はかなり間抜けな存在感で、『アロー』で放っていた殺気というか強敵のオーラが全く感じられなかったのだが、長いシリーズなのでこれくらいのキャラ変は逆に旨味と捉えるべきだろう。
とにかく、本シーズンの最大の魅力はこれらスーパーヴィランのリサイクルだと思う。

また、時間旅行的な面白さも前シーズン以上に際立っていた。ナチス占領下のパリ、江戸時代の日本、独立戦争・南北戦争時代アメリカなどなど、歴史の影にレジェンドありといった感じで、歴史への介入っぷりがかなり豪快で本筋のストーリーと関係なく、楽しめた。
また、歴史だけでなく、禁酒法時代のシカゴでは『アンタッチャブル』ネタを全開にし、さらに60年代のロスでは『スターウォーズ』を作る前のジョージ・ルーカスと出会ったり、第一次大戦従軍中のトールキンに創作のヒントを与えたりと、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』におけるチャック・ベリーのようなポップカルチャーネタに満ちていた。

あと、基本的には単なるドタバタ劇なのだが、イオバードに槍を取られて世界を書き換えられてからのラスト2話の勢いは素晴らしかった。EP16で惨めな目に遭わされ、さらに仲間が何人も犠牲になったあとの復讐!これほどスカっとする展開はない。

あと惜しいポイントを挙げておくと…
JSAはビジュアルはカッコイイんだけどキャラの掘り下げが無かったのでもう少し活躍が見たかった…そして知らぬ間にリップに槍を託され一人ずつ死んでいく展開はドラマティックではあるがかなり気の毒だった。
あと、スナートはあれだけたくさん出番あるんだからもうレギュラーに戻って来いよと思ってしまった…。
さらに、「レジェンドは、時間軸を守るとか言いながら、今シーズンはルール破りまくりで滅茶苦茶過ぎる!」……なんてツッコミをいれたいところだが、そんな視聴者の思いにしっかり答えてくれるラスト…次のシーズンも楽しみ!!
Tatsu

Tatsuの感想・評価

4.8
0

このレビューはネタバレを含みます

みんな大好きリージョン・オブ・ドゥームが本格的に動き始めたのがめちゃくちゃ良かったです。
私はイオバード・ソーンさんが大好きなのでアイツがキモイだけで手を叩いて喜ぶのですが、今回はそれだけでなくダミアン・ダークさんとマルコム・マーリンさんがキモイの限界を超えた厄介キモとしてリップさんを巻き込みレジェンズにゴミのような嫌がらせをする最高具合。アローバース特有厄介キモ敵のファンは涙を流し喜ぶでしょう。
もちろんレジェンズたちの活躍も最高です。特に後半につれミックさんの荒み具合が半端ないことになり彼にとってのスナートさんがいかに大事な存在だったかが分かります。そんな彼が相棒ではなくチームを優先した最終回は素晴らしいなんて言葉じゃ足りないくらいの感動を我々に与えてくれます。ネイトとアマヤの新キャラ2人の能力もユーモアに溢れていますし、濃密でそしてテンポの良い素晴らしい1シーズンになっていました。レジェンドオブトゥモロー最高ですね。
lapin2004

lapin2004の感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

ネイトとアマヤが加わりサラが船長になったレジェンドメンバー

サラは…
ダミアンを追い詰めるも歴史に歪みが発生するからと殺害も拘束も自制。悔し紛れに「お前は将来殺される」と未来を教えてしまう。

レイは…
子供の頃の夢を叶えるためという理由で皆の制止を振り切り騎士の戦いに参加。レーザーブレードで現地兵相手に無双。敵の兵士は操られているだけだが、解放することは考えずにバッタバッタと倒す。子供の頃の夢だから。

シュタインは…
若き日の自分に説教し、本来存在しない自分の娘を誕生させる。

ジャックスは…
奴隷制度を目の当たりにするも「歴史に歪みが発生するから手を出すな」とアマヤを制する。その後「やっぱり奴隷制度こそが歴史の歪みだ」と手を出し奴隷たちを逃がす。

アマヤは…
敵に拘束されたミックを手分けして探している最中に盛り上がってきてネイトと寝る。

ネイトは…
たまたま不時着した国で現地娘を気に入り、その嫁入りを防ぐためその国の国家元首を殺害。

リップは…
洗脳されていたとはいえGワシントンを殺害してみたり映画を撮ってみたりお菓子を作ってみたりギデオンにキスしてみたりやりたい放題。最後には己の無能さに耐えられなくなり下船。

ミックは…
仲間を裏切りスナートに追従するも思い直してレジェンド側に戻る。アメリカの独立と建国に大きく寄与し銅像が建てられる。


一方、槍の力で現実を改変したリージョン・オブ・ドゥーム

イオバードは…
科学者として環境問題・エネルギー問題の解決に寄与。大統領に感謝される。

マルコムは…
別れた家族と仲良く暮らす。

スナートは…
警察公認で銀行強盗を楽しむ。←手段が目的になっている

ダミアンは…
相変わらず悪の組織運営。←手段が目的になっている


「合格」はミックのみ。あとはレジェンドもリージョン・オブ・ドゥームもみんな「不合格」じゃ!
特にネイト!おまえ鋼鉄化するのは上半身だけにしろ!!日本の歴史が歪みまくりじゃねえか!!!


以上
ボ

ボの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

シーズン1よりも遊び心に余裕があったのと、ミックとチームの関係が変わっていく様が見ていて心地よかった。どうかこのまま全員の居場所が揺るがないでくれると良いな。ウォーリーの活躍がそのうち見れると信じてアマプラで追加されるのを楽しみにしております。

エディが自害でやっつけたのにソーン…切り刻みたいですね((()))あとリヴァース・フラッシュはWellsの顔じゃないと。

早い段階で槍を使って、槍のない世界にするか、効力を無くせばよかったのになあ〜!!!(元も子もない)と途中で思ってしまったのでダメ!!!!
inu

inuの感想・評価

4.0
0
リップが映画製作したりお菓子作りに目覚めたり、爆笑。
スナートもちょこちょこ出てきて嬉しい。
楽しいシーズンだった。
Hatao

Hataoの感想・評価

4.5
0
マルコム、イオバード、ダークのおじさんトリオがメインヴィランな時点で面白い。
S2からミックの魅力が爆発し始める。
忍者好きなミック可愛いよ。
マルコムの望んだ世界…
舞台がアメリカ、ヨーロッパはもとより白亜紀だったりとバラエティーにタイムトラベルしていた。
時代を変えちゃいけないとは言っているがかなり変えちゃったりしてるよな~と。
流し見程度でちょうどいいのかなと。
Haruka823

Haruka823の感想・評価

4.5
0
ARROWとFLASHを観てたら更に面白さが増します👍

JSAのメンバー出てきたりFLASHやARROWの敵が出てきたり豪華だった😊タイムトラベルものでいろんな時代にいくので面白かった✨
マーリン、ダーク、ソーン
アロー、フラッシュの宿敵だったオッサン達が、まとめて復活!
しかも徒党を組みます。
その名もリージョンオブドゥーム!
(名前付けるの草)
コイツ等の所業、まさに極悪非道の極み!
なんですが、どうもオッサン同士の会話内容聞いてると、なんかカワイイ…
だから謎の感覚に陥ってしまい、下手したら応援したくなるんだな、これがw

相変わらずサラがカッコいい!
リップがギャグ担当になりつつある。

全員良いキャラだぜ全く!
面白かった!
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
0
アトム(アイアンマン)、ホワイトキャナリー(ブラックウィドー)、ファイヤーストーム(ヒューマントーチ)など、アベンジャーズとキャラ被りするDCヒーローたちがタイムマシンに乗り込んで、時空の歪みを修正するためにあらゆる時代を旅するというお話。
スーパーマン俳優ブランドン・ラウス主演のDCヒーローのテレビシリーズ。彼が扮するアトムは強化スーツを着たヒーローで、空を飛び、ビームを放ち、おまけにミニサイズにもなれる、アイアンマンとアントマンを合わせたようなヒーローだ。スピーディな展開で面白く見られるが、いかにも軽い。CGも安い感じでスタートレックのテレビシリーズと変わり映えしない出来である。カウチで居眠りしながら見るのには最適だろう。