5人のジュンコのネタバレレビュー・内容・結末

「5人のジュンコ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ミムラ演じる篠田淳子と小池栄子演じる佐竹純子だけで良かったのでは?と思いました。
麻生祐未が怪演でした。

田辺絢子、かつての恩人といえども殺人の罪をかぶるなんて「私は真実が知りたい」って言ってたのに矛盾してませんか?
めちゃくちゃ面白いけど、ラストだけは本当に意味が分からない。最後の面会&微笑みは何???
いやもう美村さんな時点でうすうす勘づいてましたが…
ジュンコ達怖いな笑
小池さんの悪女っぽさも、西田さんと浅見さんのいやーな女の戦いも、麻生さんのどーしようもないクズっぷりと杉田さんとのやり合いも、美村さんの地味な女からのヤバい奴も、ひたすらに美しい松雪さん(笑)も、とても見応えありました。
社宅って全く縁がないのでドラマや映画でしか観ないのですが、あんなにも露骨なものなんですかね。
私は絶対住めないや笑
子どものシーンは本当につらい。
・・・役名紛らわしいので、顔がわかる演者名で記載。
ドラマ版では、西田尚美・麻生祐未のエピはいらんかったかも。それよりも、3人のジュンコについて深く描いて欲しかった。原作者は「バタフライエフェクト」という言葉を使いたかったのかもしれないが、このドラマの場合の「バタフライエフェクト」とは、ミムラが、飯田野梨子を自殺に見せかけて殺した(?)ことにより、小池栄子が、バレなかったら何をやってもいいんだ→連続殺人を起こすということなの?
う〜ん、よく分からん。渡辺真起子(松雪のパートナー)が育児ストレスで自分の子どもを殺害してしまうのも、よく分からん。 松雪泰子・小林涼子(渡辺・松雪の部下)以外、みんなクソだったな。西田尚美関連の社宅の末端モブキャラ(義母を介護施設になんたらの人)のあのほくそ笑んでる顔も。・・・女は(男も)こわい。
原作から鑑賞。真梨幸子でどっぷりイヤミス。よくまとまっていたと思う。
続けて見るには重過ぎる。
犠牲が多過ぎる。

楽しめた、観てる方も巻き込まれていくから、疲れる。

佐竹純子の服の色が、回を追う毎に、暗い色から明るい色に変わる。青、黄、赤

篠田淳子は回を追う毎に華やかになる。

田辺絢子は巻き込まれていく。
ミムラのイヤな顔がもうなんとも言えない。ジャーナリストの先生、蓮舫みたいw
子供…(;д;)
すごいな!
ミムラに万歳🙌

松雪泰子さんがめたんこキレーだ♡
好きなお顔だ♡

あなたにおすすめの記事