悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜のドラマ情報・感想・評価・動画配信

悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜2019年製作のドラマ)

公開日: 2019年12月21日

製作国:

ジャンル:

3.2

あらすじ

「悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜」に投稿された感想・評価

おんちゃん

おんちゃんの感想・評価

3.6
0
「手毬歌から始まる殺人」

加藤シゲアキ主演の金田一耕助シリーズ。
初期のやつは見たことはないけれど、
子供の頃に稲垣吾郎主演のやつは
よく見てた記憶があり、毎度毎度
演出が怖すぎて子供の時は
怖いもの見たさで見ていました。笑
正直、最初はあまり期待してなかったけど
どんどん惹き込まれた!!
怖さは前の方が強かった気がする。笑
同じ話を見ているはずなのに意外と
物語の内容覚えてないものですね。
でもしっかり金田一耕助シリーズ。
ちゃんとドロドロしてた。笑


村という狭いコミュニティは、
良くも悪くも噂やある事無い事が
広がってしまう。旅行に行くたびに
将来、田舎に住んでみたいなとか
思ったりするけれど、そんな簡単に
田舎って住めるもんじゃないと思う。
でも自然に囲まれながら生きるのって、
時間がのんびり過ぎそうで良いですよね。
人って良い噂より、悪い噂が好きで
悪い噂を他人と共有することで、
自分より悪い状態の人間がいると認識し、
安心して生きている生き物。
ただ悪い状態から抜け出すも立ち止まるも
自分次第。落ちたなら上がるしか
道は無いのだから。


<あらすじ>

岡山と兵庫の県境にある
鬼首村(おにこうべむら)では
由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、
二つの名家が対立していた。
岡山県警警部・“磯川常次郎”(古谷一行)の
依頼を受け、“金田一耕助”(加藤シゲアキ)は
その村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。
そこの女主人である”青池リカ“(寺島しのぶ)は、
20年前に起きた悲惨な事件によって
夫の源治郎を亡くしていた。
そしてその犯人、恩田幾三はいまだに
行方不明だという。ある日、鬼首村出身の
人気歌手、“大空ゆかり”(中条あやみ)が
帰郷するということで村中が活気づく中、
リカの息子、“歌名雄”(小瀧望)の婚約者である
“由良泰子”(菅野莉央)が滝つぼで
死んでいるのが発見され・・・。

[参考サイト]
https://www.fujitv.co.jp/kindaichi_returns/story.html
すみっこ

すみっこの感想・評価

3.5
0
陰鬱と恐ろしく漂う空気の中で、ガス抜きのように笑わせてくれる生瀬さんには流石の一言。
ベテラン勢の演技が素晴らしかった。
mickey

mickeyの感想・評価

5.0
0
のんちゃんの演技が凄かった👏🏻
あと全体的に恐怖でドキドキした!
Nackey

Nackeyの感想・評価

3.5
0
昔の古谷一行版と比べると怖さが半減しているような気がします。
定番なので安心して見れますね。
miyu

miyuの感想・評価

3.0
0
犬神家よりは怖くないけど
やっぱり手毬唄も怖いね。
精神的に辛いわ。

犯人が死んで終わる結末は
あんまり好きじゃないなぁ。
「謎解きはこれからです」


ラスト、それでええんか、、??!
NICERICE

NICERICEの感想・評価

2.8
0
なんのこっちゃ。ながら見してるのに面倒だった。驚きもなにも無いのよな。
Elmar

Elmarの感想・評価

-
0
歌名雄の役の人がとても上手かった。

出てきた瞬間、この金田一は…と思ったけど、狂言回しには意外と悪くない。でも金田一ではないな。
この時間でやるには無理があって全体的にダイジェスト版を観ているような。細かいところ端折りすぎ。
ちひろ

ちひろの感想・評価

-
0
あやふやになっている内容の確認でしかないけど、里子ちゃん好みだったので見た甲斐ありましたわ…
すぎ

すぎの感想・評価

3.2
0
古谷一行の磯貝警部で全ての雰囲気がギリギリ保たれたといっても過言ではないだろう。

最後の磯貝警部と寺島しのぶのシーンのためだけに観られる。
>|