警視-Kのドラマ情報・感想・評価

『警視-K』に投稿された感想・評価

ミサホ

ミサホの感想・評価

4.3
6

これは大好きです。
勝新太郎ってセンスいいと思うのよね。
映像だったり、音楽だったり、カメラのアングルとか、台詞のひとつひとつとか。これは監督・勝新の実験的な作品だそうだ。

刑事の賀津(勝新)は、…

>>続きを読む
丸福

丸福の感想・評価

2.0
0
前衛的な刑事ドラマ。

何を話しているのか聞き取れない。
状況を理解できない。

観てるこっちはいっぱい???だらけで中々辛いドラマだった。

勝新さん……色々実験し過ぎ。
ザリガーナ

ザリガーナの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐オールナイト組

物語を進めるための作為を隠すための台詞回しが上手い

北見治一の息子回と
拓ボンの死ぬ回が最高潮

あとは眠気に殺されて映像しか覚えてねえ

神泉駅上のガッツベースがまた良い
ブタブタ

ブタブタの感想・評価

4.0
0

「必ず、ホシをあげる!」
「はーい!」
の『警視庁・捜査一課長』って勝新の『警視K』と対極にあるドラマだと思う。
勝新太郎・脚本・演出・主演『警視K』
そのアドリブ、即興の演出は「ヌーヴェルヴァーグ…

>>続きを読む

1回、ゲストは、石橋蓮司さん。
初回でも抜群に安心の悪い人だ(笑)
賀津からの、取り調べに歯切れの悪い返しの蓮司さん、リアリティーある被疑者だわ~。
情報屋、尾張役の川谷拓三さんが映ると、「あれ?東…

>>続きを読む

今宿署に務める警視の賀津は、警視という立場にありながら現場にこだわり、特別捜査室を作って部下の谷とピッピの凸凹コンビとともに独自で事件の捜査を行っている。キャンピングカーで娘の正美と暮らし、娘と過ご…

>>続きを読む
拓ボンの純愛第9話と、原田美枝子登場の第10話が白眉。完全にヌーヴェルヴァーグ。なんでこの人犯人なのかとか全く分からなくて凄い。あと勝新しょっちゅうディスコ行く。

第10話出演の原田美枝子目当てで鑑賞(勿論、全話鑑賞)。

実に勝新らしいアバンギャルドな連続ドラマで、最初は戸惑った。

アテレコを使わなかったり、ほとんどアドリブだったり、大事な場面でボソボソと…

>>続きを読む
邹启文

邹启文の感想・評価

5.0
0

アヴァンギャルドの領域を平気で超えてて一生笑える
犯人に自白させるだけで1話使うスタイルは勝新の真骨頂をリアルタイムで見るような感覚、やっぱこの人x軸やy軸ではなくz軸で物事考える人なんだな
全編通…

>>続きを読む
844

844の感想・評価

3.5
0
何言ってかわからんけど、リアル追求スタイルの勝ちゃん。
終わりの家族でバスでクッキングが最高だった。
>|

あなたにおすすめの記事