暗闇仕留人のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「暗闇仕留人」に投稿された感想・評価

62355cinema5

62355cinema5の感想・評価

4.0
2

80点

必殺シリーズ 第4弾
主水シリーズの2作目⚔️
エントリーをお願いしていたタイトルです📺

黒船来航で緊張が走る幕末の江戸
鉄や錠たちと仕置人チームを解散した主水は、江戸に舞い戻って来た半次やおきんと遭遇する
折しも、主水は三味線弾きの蘭学者・糸井貢や怪力の持ち主・村雨の大吉らとも運命的な出会いをしていた
主水は糸井や大吉らと手を組み、新たに ’仕留人‘ チームを結成し弱者たちの恨みを晴らして行くことに...⚔️💥

中村主水は元禄から一気に幕末へとタイムスリップ🌀
昼行灯が闇の殺し屋へと変貌する姿は前作の‘仕置人’よりも板についている
もちろん全エピソードで殺陣を披露しています⚔️💥

また、三味線のバチで敵を斬る糸井に石坂浩二が抜擢されたキャスティング
三味線を使った殺しは、後の山田五十鈴へと受け継がれていくことに...
糸井の必殺技は、バチ → かんざし → 矢立(筆と墨を入れる携帯用筆記具)へと変化🤭

念仏の鉄の力技を受け継いだ大吉に近藤洋介
鉄よろしくレントゲン撮影を用いて、悪党の心臓を捻り潰す演出が話題となりました...クルミをバリバリ割る描写もドキドキして見ていましたよ💓

でもストーリーの設定上で驚きだったのは、糸井の妻・あや、大吉の愛人・妙心尼が、主水妻・りつの妹で、主水たちが義兄弟になってしまったということ...
エピソードの中では、大吉や糸井が ‘兄さん’ と呼んで主水を揶揄する場面もちらほらありましたか...
ちなみに大吉の愛人・妙心尼のセリフ「なりませぬ...」は当時プチブームで、中学生だった私のクラスでは男子生徒がこぞって真似して言っていましたよ🤗

サブタイトルのフォーマットは「...候」でした📺

ここでおススメエピソード...
第1話 集まりて候
仕留人チーム結成、義兄弟となる主水たちの初仕事、仕留められる獲物に今井健二御大

第8話 儲けて候
武具商人の悪事を成敗する仕留人たち、糸井がバチをブーメランのように飛ばして仕留める、仕留められる悪党に津川雅彦御大

第17回 仕上げて候
闇の仕上げ屋に目をつけられた仕留人チーム、糸井夫婦を不幸が襲いかかる、糸井の武器は三味線のバチからかんざしへとスイッチする

第19話 乗せられて候
不覚にも主水が拉致されてピンチに陥った回、糸井の武器が矢立へとスイッチする回でもある、悪役に多々良純御大

第24話 嘘つきにて候
米蔵の中で展開する仕留めシーンが見どころ、閉鎖された暗闇の空間の中で一人一人悪が果てていく様子は必殺シリーズの真骨頂

第27話 別れにて候
仕留人チーム最後の標的は開国論を主張する幕府の若年寄、国の未来を信じる糸井は仕置きに躊躇する、必殺シリーズ3人目の殉死者が出てチームは崩壊してしまうことに...

主水はこの後「必殺仕置屋稼業」へと出演し続けることになりますが、「必殺仕掛人」から4作連続で出演していた津坂匡章と野川由美子は本作で退場することになります📺

また、西崎みどりが唄うテーマ曲「旅愁」が大ヒットしたシリーズでもありました🤗