皆殺しのスキャットの作品情報・感想・評価

皆殺しのスキャット1970年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

2.9

「皆殺しのスキャット」に投稿された感想・評価

imapon

imaponの感想・評価

3.2
ダイニチのやくざアクション映画で馴染み薄の役者さん多数。
アメリカ帰りの松方弘樹の扱う武器がMIPばり。

少し大人の雰囲気の清純派、南美川洋子さんの美貌。松方弘樹の兄の恋人役で、気性は滅法強いけが渡世人の一家を切り盛りしていく円さに欠ける、それを自覚しているというキャラが絶妙にピッタリ。
南美川洋子さんの大映ラスト作。どこか全体的に物悲しさが漂うのは邦画の斜陽ムードが隠しきれず、なのか。そのムードは安っぽいとも言うんだが、それを救うのはやはりスタアの華のある顔だった。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
会長宅の敷地広いハッタリ良かったけどさ庭をもうちょい手入れしたほうがいいと思った。
あのバーといい変な空間が多いと言うか限られスペースでの工夫が伝わってくる。
穂高さんも若者を抑え続けるの渋かったけどイザというとこでのアクションが鈍かったから普段から動かないとダメ。
南美川さん特集、トークを何回もやってくれたのに1回も行けなくて残念。