メンゲキ!の作品情報・感想・評価

「メンゲキ!」に投稿された感想・評価

2012年9月16日、「第5回したまちコメディ映画祭」が開催されている浅草の中映劇場で、本作品を鑑賞。

「この映画館も、この秋には閉館なんだなぁ~」と感慨にふけりながら入場、開映前には出演者3名(劇団EXILEの人??? 音楽のEXILEと関係あるの??? ⇒よくわかりませんが、映画に出ていた人達)の舞台挨拶は結構楽しいものでした。

舞台挨拶には、この作品の監督:四季涼氏も、普段着で引っ張り出されての挨拶もあり、いざ本編の上映へ。

映画本編は、とても楽しく観られる作品で、冒頭のセミのシーンから演劇部のヤル気のない練習風景、ラーメン屋での笑えるブラック・ジョーク演劇場面、とドンドン話が進んでいって、本作の売り文句「ラーメン屋で演劇」に突入して、……とテンポ良く展開するハートウォーミング・コメディでした。

小野真弓はおいといて、高校生の演劇部員で途中アイスなめて携帯電話で話す女の子は今後活躍しそうな気配を感じました。(残念ながら、その女優の名前はわかりません。)
そうなんです、難点を一つ言わせていただくと、作品はとっても面白かったのですが、出演者やスタッフなどのテロップがゴシック体などではなく、毛筆タッチだったので読みづらい感があり、出演者の名前がよくわかりませんでした。

退場時には、四季監督が劇場出口で見送りいただき、ありがとうございました。
楽しい浅草での一日となりました。
2016.4.16鑑賞
Ciatrから移動。

このレビューはネタバレを含みます

天下一品40周年記念映画。
ラストの木村社長の出オチがイイ。
クソ映画以外の何物でもない。
2014地上波
へい

へいの感想・評価

2.9
最後のオチ。夢を追うことと現実についての映画。ちょっと大人の青春。
kaede

kaedeの感想・評価

2.5
所々シュールな笑いがあったけれど、ストーリーとしては微妙だった。だけどラーメンが食べたくなります。
taka®

taka®の感想・評価

2.3
内容に無理があるうえに観てても何だかよく分からなかった。
全体的にボヤけてる。