不良少年 3,000人の総番(アタマ)の作品情報・感想・評価

不良少年 3,000人の総番(アタマ)2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

2.8

あらすじ

全校生徒3,000人のうち約半数がツッパリという、不良の巣窟・東陽工業高校に通う機械科の千藤鷹也(斎藤工)は、親友・菱川晃希(窪塚俊介)らとつるんでは他校の不良少年たちとの喧嘩に明け暮れる日々を過ごしていた。だが、1年のときにダブりで同学年になった1コ上の伊沢(加藤翔)をタイマンでぶちのめして以来、「ウチの総番は建築科から出すのが伝統」と息巻く3年の番長グループにとっては煙たい存在。千藤の追い落…

全校生徒3,000人のうち約半数がツッパリという、不良の巣窟・東陽工業高校に通う機械科の千藤鷹也(斎藤工)は、親友・菱川晃希(窪塚俊介)らとつるんでは他校の不良少年たちとの喧嘩に明け暮れる日々を過ごしていた。だが、1年のときにダブりで同学年になった1コ上の伊沢(加藤翔)をタイマンでぶちのめして以来、「ウチの総番は建築科から出すのが伝統」と息巻く3年の番長グループにとっては煙たい存在。千藤の追い落としをたくらむ彼らの策略によって、校内は次第に2年と3年とがにらみあう一触即発の事態へと発展していくことになる。 恋人・恵里子(須藤温子)の心配をよそに、熾烈な勢力争いに巻き込まれていく千藤たち。かねて騒動を静観していたダブりの2年・坂本(岩永洋昭)が不穏な動きをみせるなか、3,000人の頂点に立つ、真の”総番”を賭けた最後の死闘がいま始まろうとしていたーー。

「不良少年 3,000人の総番(アタマ)」に投稿された感想・評価

たっくん目的に観たんで概ね満足
でもまぁ…よくあるヤンキーものとひとまとめにして廃品回収だしてしまいたい作品ですわね

なりゆきで1年と2年をまとめる番長になってまったたっくんが、3年生や総番に狙われたり、ヤクザみたいな教師となんやかんやあんよ、って話

まぁな、たっくん目的で観ただけなんで概ね満足
正統派の2枚目ヤンキーを楽しそうに演じてましたよ
でも僕の好きな、イケメンなのに気の弱いダメダメたっくんや
僕の好きな、ウンコウンコ叫んじゃうお父さんたっくんや
僕の好きな、白ブリーフたっくんとちゃうかったからな
まぁたっくん加点は無いです

たっくんは幸薄彼女にケンカはもうやめてって言われて素直にケンカしない温厚なヤンキーです、番長にだって別になりたくてなってないし、誰が1番強いのにかだって興味もありません
でも周りはみんなたっくんに興味津々
仲間たちは3年生達との喧嘩に夢中だし、3年生達や他校のヤンキーもたっくんたっくんたっくんたっくん、挙げ句の果てには教師達までたっくんの事を放っておかない始末
やっぱりたっくん人気者やなぁ、ウキウキ
でも食堂で居眠りしていたいたっくんは参ってしまいます
でもな友達のピンチにはついつい駆けつけてしまうたっくんの優しさ、昭和顔の彼女との約束を破ってしまう心苦しさを振り切っても友情を大切にするたっくんの姿に
あぁ、月並みなヤンキーものやな、安心感…ってなりました

とりあえずたっくんはイケメンなんで、たっくんファンだけ観とけ
kana

kanaの感想・評価

2.8
キャストはいいのに、脚本が残念
キャストを活かしきれてないなぁ
Mayozy

Mayozyの感想・評価

2.0
短くて良かったと言うべきか短いから薄くなっちゃったのか…登場人物は多くないけど数人しか一致しない。つまり主人公にスポットあたり過ぎ、そして人物描写がなさ過ぎ。ダメ、ケンカ!と言いたくなる程ケンカする。昭和顏のヒロインが時代背景を濃くしてる。