ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イズ・ビューティフル1997年製作の映画)

La vita è bella/Life is Beautiful

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ライフ・イズ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

yyuukk

yyuukkの感想・評価

4.0
戦争の醜さを初めは感じさせないところ。
素敵な恋や、ありふれた日常。
そこから絶望に変わる流れがより作品として惹かれ、それにより愛が深く感じられる。家族っていいな。美しいな。
rina

rinaの感想・評価

3.5
最初は気持ち悪いおじさんだな…思ってたが愛が溢れててよかった。ただの気持ち悪いおじさんではなかった。
くま

くまの感想・評価

5.0
自分のベスト10作品に入りますねこれは。

お父さんグイドがひたすらに陽気。だからこそ後半の方は辛すぎてずっと泣いてました。
戦争映画だけど、戦うシーンは出てこなくて、戦争の裏側を見た気分でした。

ホロコーストに連れて行かれるグイドとジョズエ、自分だけは連れて行かれないドーラ。その後の彼女の行動に胸を打たれますし、ホロコーストの中でのスピーカー使うシーン素敵すぎでしょ!!

あと、ジョズエが可愛すぎます〜
だから余計に泣ける。

また見たいけど、今すぐ見返すのには辛いなって感じ。
イタリア映画をまた好きになりました。
りさ

りさの感想・評価

4.5
初のイタリア映画!♥︎前半と後半でガラリとイメージが変わるから、先が全く読めないけど、前半のひょうきんさがあるからこそ後半のストーリーの良さがでてると思った!
親子愛と戦争の悲惨さをテーマとしていて、終始ユーモアが溢れるから思わずふふっと笑ってしまうけど、冷静に戦争の残酷さも伝えているバランスのとれた素晴らしい映画だった!!しかも余韻がすごい、、、。親子愛にジーンときたし、戦争はやっぱり許してはいけないものだなと思った(;_;)
560

560の感想・評価

-
「美しい」
「何が?」
「人生が」
──ミヒャエル・ハネケ『愛、アムール』

あなたは今、何に悩んでいますか。
仕事でしょうか。
人間関係でしょうか。
はたまた家庭でしょうか。
悩みが全くないという人の方が少ないと思います。
本日は皆様の悩みが、もしかしたらほんのちょっとだけでも和らぐかもしれない──そんな作品を紹介させていただきます。

1939年イタリア。
朝から晩までジョークジョークジョークの超絶愉快な男が、何が何でも美人を落とそうとあの手この手のアプローチ大作戦から物語は始まります。
ここはチャップリンさながらおかしくて、昔ながらの映画のようにロマンチックに描かれます。
しかし背景には軍人がよく映るようになっていき、街はみるみる変わっていきます。
そう、第二次世界大戦です。
ついには陽気な主人公一家も、強制収容所に連れていかれます。
しかし、この男はそんな事ではくじけません。
収容所でも変わらずジョークを飛ばし続けます。
彼は幼い息子を怖がらさせない為、ユダヤ人もナチも巻き込みながら、収容所自体を巨大なゲームと見立てていくのです。

戦争でなくとも、辛いことや嫌なこと、つまらないことは、誰の人生にでもあるかと思います。
そんな時は目一杯落ち込んで、その後にこの主人公のことをちょっとでも思い出すと楽になるんじゃないかと思います。
この主人公は、物事を違う角度から見る天才です。
辛いことにも別の側面を見出し、笑いに変えてしまいます。

全世界でコロナウイルスが猛威を振るう中、各国では都市封鎖に自宅待機、劇場は封鎖され、映画はほとんど公開延期となっております。
でもこれは逆にチャンス!
この機会に往年の名作を見返してはいかがでしょうか。
そしてこの作品もTSUTAYAに行けば大体置いてありますので、ぜひ!
ある家族の穏やかな家庭がナチスによって破壊され、ホロコーストに飲み込まれていく話なのだが、、、

ナチスの恐ろしさや、強制収容所の不気味さも描かれていましたが、それを隠すことなく喜劇的に、かつ家族の愛の話にしてしまったこの作品は、やっぱり凄いのではないでしょうか。
momoko

momokoの感想・評価

4.7
泣いて笑って張り裂けそう。
最高のお父さん。
いつでも、どんな時でも、世界を美しくみよう。
平和な映画だと思ったらゴリゴリに戦争だった……

こういう題材でコメディーを受け入れられないってのは少しわかる、どうせ死んじゃうんだからって思っちゃう自分もいるんだけど、それを描くのが映画であって、まさに映画らしい、いい作品だと思った。

父親のひょうきんさが全てを導いた物語
いいい

いいいの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最初はよくあるラブストーリーかと思ったけど、後半は重かった。最後まで嘘を突き通すのが素敵だった。
Dream

Dreamの感想・評価

4.5
内容は重いのに、笑いもあり、ありえないシーンもあったけど、パパの優しさとユーモアがたくさん詰まったお話。
>|