パワーレンジャーの作品情報・感想・評価・動画配信

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.3

あらすじ

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

日本が誇るスーパー戦隊、海外でやりました。

2時間でまとめるってのはやっぱり難しいのかなぁ。レンジャー内のチームでもうちょい衝突とか、弱気なところとか、見せた方がメリハリつくんじゃないかと。他には変身をかなり引っ張るけど、中盤で一度出番作っても良かったのでは…。
TANK

TANKの感想・評価

3.1
「ティーンエイジャードラマ」として観るなら、面白い。繊細な悩みを持つ10代の心の描写は、しっかり描かれていたとおもいます。

メンバーの葛藤を上手くまとめるのは、難しかったんだろうな……。

ただ、戦隊ファンが観たら面白くないと思います。だって観たいのは「ティーンエイジャードラマ」じゃなく、スーパー戦隊。ファイトシーンが少ないのは、何ともかんともです。
戦隊モノ。ゴレンジャー。
海外にも戦隊モノがあるなんて知らなかった。
かす

かすの感想・評価

-
とても良かったけど、ニチアサの30分特撮の流れも再現したのか?ってくらい悪をぶっ倒すぜ!まで長かったし待ちに待った変身のシーンが個人的にグロかったから多分もう一回は観れない
七坂

七坂の感想・評価

2.0
ハリウッド製作の特撮戦隊シリーズの実写作品。

米の田舎町に燻ってるティーンエイジャー共の青春を描きつつヒーロー誕生を描く。とはいえアメコミなどで見られるヒーローオリジンの潮流を真面目にやり過ぎた為か、戦隊シリーズの特色を活かせておらず退屈な印象が強い。変身シーンが終盤の20分しかないという部分がまず煮え切らないし、変身後のスーツによると アクションや合体ロボの見せ方といい熱量が感じられない。
見せるべきシーンまで淡白でどうするのだ。
断片的に語られる面子の歳相応の葛藤も悪いとは言わないが、二時間弱の映画なだけに解決までの流れがやや雑であったりそもそも物語の布石として機能していなかったりと、本作を大きく構成する部分なだけにそこには物足りなさあるいは肩透かしにも似た感慨を抱いた。潤沢な予算によるCGも宝の持ち腐れという次第でよろしくない。続編前提のキャラクターの掘り下げが目に見えて、その点も半端だと感じた。
厨二病をくすぐられた◎◎
ボクは黒が好き◎
ヒロインかわゆす◎
あの入り口は毎回濡れちゃうのかな△
私的には面白かった!!

全く全く期待してなくて、箸休め的に観てたけど、

うんうん、納得‼️

たしかに荒削りというか、ここがこうだったらなーってあるけど、

肝心なところは抑えてくれてた!!

まずあのスーツ!日本のよりかなり精巧に作られてて、クリア加工もされてて、カッコよかった✨

あと、小型マシーンね。恐竜をモチーフって最高やん🦖ただ、それぞれの特徴をいかせてなかったかなぁ💦

ラストのロボもよかった✨日本のよりスマートで、ちょっと体積のバランスおかしいけど、まぁ許す(笑)

しかし、顔が開くのはダサい💦次回からやめてほしい💦

ナオミスコットさんて、そかぁアラジンのジャスミンかぁ✨どおりで可愛いわけだ😍

そして、ベッキーGさん❤️お尻ムチムチ❤️私からしたらロリコンなんやろうけど、関係ない❤️ムチムチありがと❤️
モモ

モモの感想・評価

4.0
学校や家庭からのはみ出し者である五人の高校生。
彼らが金鉱山で出会い、未知の遺物を手に入れる。
それこそが六千五百万年の眠りから覚めたパワーの源だった。

未知のパワーを発見して、接触、そして獲得した彼ら。
パワーレンジャーとしての訓練を続けるが、成果はあまり出ない。
その理由が五人それぞれの内面にある事に気付いた時、最恐の敵が復活を遂げる。

ちっぽけでくだらない街だとしても、そこが故郷なら守らないと。
大切な仲間と一緒なら、それが出来る。


最初のモラトリアムがなかなかムズムズさせてくれたけど、覚醒してからはスカッとする展開が多くて楽しめた。
五人のレンジャー、五騎のロボットとくれば、最後は合体でしょ!!
レンジャーもののお約束を見事に踏襲していたのも良かった!

続編があるような引きだったけど、どうなるのかな。
楽しみ。
大昔にも一度あったせいか、
ハリウッドでもそこそこ人気のある、
日本の戦隊モノのハリウッド版。

日本の戦隊モノとは決定的に違う、
ティーンエイジャー向けのシナリオと設定
故に日曜日の朝というより、
平日の夕方のNHKの海外ドラマの延長線。

レンジャーや敵のフォルムが、
やたらスタイリッシュで流れるような
デザインだった。
ダサすぎて顔真っ赤になりいい思い出になりました。茹で蛸になる一歩寸前。でもおもしろかったです。保育園休んだ時に観たいと思えました。
>|

似ている作品