月の出の決闘の作品情報・感想・評価

「月の出の決闘」に投稿された感想・評価

用心棒稼業の阪妻が良心に目覚め、村人のために死地に赴く・・・

花井蘭子との別れの場面は涙なくして観れません。
丸根賛太郎は、世話物時代劇の監督という勝手なイメージを持っていますが
この映画はGHQによる規制で殺陣のない時代劇。
と思っていましたが、ラストにしっかりチャンバラがありました。
マキノ「決闘高田馬場」よろしく阪妻が走る、走る!

惜しむらくはフィルム状態が悪いこと。所々飛んでいて、
重要シーンが抜けているようです。
こういう名作こそデジタルリマスターして永久保存化してもらいたい。
mingo

mingoの感想・評価

4.2
「ちょう」が出たら人を斬り、「はん」が出たら地獄行きっ!阪東妻三郎の見得を切るシーンすべてが口癖にしたくなる2018年見た映画でナンバーワン映画。伊丹万作、山中貞雄のチャンバラ魂の系譜を確実に受け継いだ丸根賛太郎の人情時代劇。前半のゆったりした嵐の前の静けさから、ラストの祭りの出囃子に合わせて、踊るように剣を振るう阪東妻三郎の剣先にひかる真ん丸な月光。5億点。かっこよすぎる。絵にして飾りたいレベル。「終」の出し方まで完璧な一本。戦後時代劇の「狐の呉れた赤ん坊」に並ぶ阪妻戦後の傑作。そして東野栄次郎が若い、、、
tokio

tokioの感想・評価

4.1
Rec.
❶18.01.13,神保町シアター/新春時代劇傑作選