ハンボーンの作品情報・感想・評価

「ハンボーン」に投稿された感想・評価

1984年のアメリカ映画『ハンボーン』

2004年にVHSとDVDが出た時に『わんワンロード 全米横断5500キロの旅』と改題されたけど、2011年の新盤DVD発売時に元の邦題に戻るというね。右往左往している感がいいね。

ちなみに日本語吹替があるのは2004年盤のみ。つまり『わんワンロード~』だけが日本の幼児でも楽しめる仕様となっております。ジャンルはファミリー・コメディ。4歳児にも安心して観せることができるのです(たぶん)←ここ重要

この映画、リリアン・ギッシュ101本目の主演作だったりします。そしてリリアン・ギッシュの吹き替えは、アルプスの少女ハイジの声の杉山佳寿子さん。このコラボ、嬉しいですね。コメディと書いてましたが、売りは感動作なんだそうな。OJシンプソンも出てくるし、これはもう、ちょっとした事件です。

旅先のニューヨークで飼い主とはぐれた犬が、ロサンゼルスの家まで帰る5,500キロもの長旅。矢のように流れていく月日、幾度となく繰り返される出会いと別れ、果たして迷犬ハンボーンは無事にうちまで辿り着けるのか…

長男「チャロじゃん!!!」

確かに

確かにそうだけれども、犬は可愛い

可愛いだけに、この別れはちょっとひどくない?

あんまりじゃない?

死に別れるとか何これ悲しい😢

動物虐待シーンで血だらけになる犬を見て4歳児がショック受けてたからホントにファミリー・コメディ?これ大丈夫?

長男「この女の子、犬の言葉が分かるの?」

察したんだよきっと

謎展開に次ぐ謎展開がすごすぎてもうね、ついていくのがやっと。ハンボーン捜索だってもっと早くになんとかなったと思うから、ここまでくるとOJシンプソンの罪は重いと思うのです。

特に後半

突如はじまるクライムアクション

思わず笑ってしまうほどの急展開

そんなバカな!!!

ありえない設定と驚愕のクライマックス

長男「なんでいきなり!?(笑)」

笑うしかない

そして場面は切り替わり、今度は警察の追跡を振り払うバイクアクションが始まります。

長男「ちょっと待ってどういうこと?なんでなんで?(笑)」

と、とりあえずカーチェイス入れとこうって思ったんじゃない?ホラ、こういうの好きそうだし…



無茶苦茶じゃないですか



ロードムービー感はありました。でも犬の毛並みが良すぎて5500キロという距離にちょっと疑問を感じたり。どちらかというと300キロを旅する『三匹荒野を行く』の方が好きです。犬たちは可愛いかったです。
イワシ

イワシの感想・評価

3.7
リリアン・ギッシュが出演してるから観たけど、初期映画的な単純さが持続するのがとても良かった。ローアングル、フルとロングを適宜に使い分け、街と自然の風景と道路によるアメリカを素朴に肯定してみせる。『戦火の馬』を連想するも、サイレント演出はスピルバーグより徹底している。

『ハンボーン』を監督したのはロイ・ワッツ。監督作はこれひとつで、もともとは編集として活躍してたみたい。ケン・ローチ『ケス』『家庭生活』の編集はこの人。ゲイリー・シャーマン『ザ・モンスター』の編集もやってるのは個人的にポイント高い。

あなたにおすすめの記事