ぐりんでる

ダークナイトのぐりんでるのレビュー・感想・評価

ダークナイト(2008年製作の映画)
5.0
この映画は、人生で初めての1人映画した作品で、当時妙にドキドキしながら観た懐かしい思い出があります。
そして今ではすっかり映画は1人がいい派になってしまいました

この映画のスーパーヴィラン、ジョーカーは果汁100%の悪、そして最高の悪役ランキング100の常に上位に君臨しているほどです。僕の中でも。世界においても😈

「狂気は重力のようなもの、人はひと押しで墜ちていく」と逆さまにになりながら語るようにどんな人間もきっかけさえ与えれば悪党のレベルまで落ちる。そんな人の脆弱性に訴えかけ、正義と悪の境界を揺るがすようなあらゆる選択をゴッサムシティの人々に迫り、狂気の渦に巻き込もうとしていくジョーカー🤡

その逆さまに宙吊りされてる場面ではカメラはいつのまにかジョーカーを正位置で捉えていました。まるで逆転の暗喩のような、その思想を体現しているような歪な正位置にはゾッとすらしました。他にもパトカーから顔を出して頭振り乱していたり、ゴードンの昇進に真顔で拍手を送ったりとにかくあらゆる仕草に狂おしい程の狂気を感じて、いつのまにかその虜になってしまいます。

そんなジョーカーの目的は金でも名誉でもない、欲や思想でもない、人間の本質を試し、ただ世界が燃えゆくのを楽しむだけ…そのための行動は本能的に見えて完全なる知能犯。
こんなやばいキャラクターに凶悪な魂を宿らせたヒースレジャーの演技は言わずもがな素晴らしすぎます。
獣と対峙したような、こいつとは通じ合えないな、と本能的に恐怖すら感じさせるヴィランもなかなかいません🤡
困るので現実にはいて欲しくないですけどね

こんなヤツと戦うので一筋縄ではいがず、常に一手以上先を読むジョーカーの策略にはバットマンも掌で踊らされていました。

そして、単純な勧善懲悪では収まらない、正義と悪の概念を揺さぶる結末は、タイトルに “バットマン”を付けずに”ダークナイト”としたことで、より重厚でビターな余韻を残してくれました👏

地味に好きなシーンは、バットマンの秘密を知り強請ってくるリースくんを見事なやり方で退けるフォックスと、地味なランボルギーニでリースくんを救うブルースウェイン、2人の高潔な笑みが眩しい。リースくんが好きなわけではりません。

やはり文句なしに傑作