ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(100館)

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

TDS

TDSの感想・評価

5.0
光と闇、正義、悪、狂気

全編通して正義と悪について改めて考えさせられる

殺しや暴力、破壊を純粋に楽しむジョーカー
話が進むほどにその狂気さは増していき恐怖を感じる

ホアキン版「ジョーカー」を観た後改めて観ると色々と比較できたが、どちらも狂っていることに変わりはないが、ヒース版は殺しの理由は純粋な楽しみだが、ホアキン版には少なからず理由はあるように感じられ、別の方向性での狂気
ホアキン版には共感できてもヒース版には共感はできない

終盤の船やハービー・デントなど心理的描写が多い

映画作品でタイトルに「バットマン」をつけずに「ダークナイト」とした訳がわかった時鳥肌が立つ
HAL2000

HAL2000の感想・評価

4.5
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1260968.html
これぞ、映画!お金を払って音響が素晴らしいデカイスクリーンで、観ないと本当にもったいない作品。
何度劇場でみたことか!バットマンがとにかくカッコ良すぎなんです、痺れるんです。勿論、ヒースのジョーカーもたまらないのです、あの病院爆破のときのあれ!不発かなのお芝居、いつみても、好きです。
言いたいこと、沢山ありますが、こんな機会なかなかないので是非ダークナイトをIMAXで堪能してくださいませ。
IMAXで鑑賞
銃声や爆破音、飛行機の音とかほんとにリアルに聞こえたし、でっかいスクリーンいっぱいにゴッサムシティが映し出されて感激したし、その場にいるような感覚だった。
当時劇場で観られなかったけど今回劇場で観られてほんと幸せ
観た回数:9〜10回
直近の鑑賞:映画館4DX(20.07.11)
---
IMAXレーザー&4DXでのリバイバル上映ということで、両方観る予定ですがまず4DXで鑑賞しました!
---

"世間のモラルや倫理なんてものは善人のたわ言だ…
見せてやるよ。いざって時、いかに文明人とかいう連中が争いあうか。"

【STORY】
 ゴッサムの街の陰で悪と戦うバットマンに立ちはだかるのは、彼や人々を堕落させる事に執心する悪の化身・ジョーカー。
 パンチやピストルでは "勝利" できない最狂最凶最悪のヴィランを相手に、ゴッサムの正義はどう立ち向かうのか。


【ひとこと見所】
●映画史上最高クラスの悪役
●性善説と性悪説のせめぎ合い
●クールなハイテクノロジー
●ハンス・ジマーの音楽に震える


【感想】
 今作を語る上で最初に来るのはやっぱりジョーカー。金のためでも名誉のためでも私怨のためでもない、ただ人々を堕落させて世の混沌を晒したい悪の権化という最凶ヴィランっぷりは、何度観ても鳥肌が立ちます。
 最初から登場の仕方が最高すぎますし。
 『セブン(1995)』のジョンにも似た部分がありますが、人々を堕落させたいジョーカーを殴ったり殺したりしても意味がない。彼に勝つためには、"堕落しないでい続ける" ほかない。その無敵感が他の大多数の悪役キャラ達と一線を画しているんですよね…

 性悪説を全うしようとするジョーカーと、それに対峙するバットマン。遠くではフェリーで緊張感が走っている…あのシーンは1回観れば記憶にこびりつきますし、何度観ても色褪せる事がありません。

 そして迎える深みのありすぎる結末。ラストの映像に重なる言葉…本当に完璧だと思っている作品です。(20.07.11現在5作品しかつけていない、Filmarks★5.0にしているマイベスト映画です!)

 もちろんアメコミ映画として、バットマンのバトルアクションもしっかり熱いです。バットモービルからパットポッドが出てきて疾走を始めるシーンや、終盤人質を救おうと奮闘するシーンは、シンプルにバトルにワクワクしますね!

 そして今作(や他のノーラン作品)を大きく支えるのが、天才作曲家ハンス・ジマーの音楽。荘厳に広がる今作のテーマは、空からゴッサムを見下ろす映像やバットマンのはためくマントにかなり似合っています。


【4DX】
 銃撃やカーチェイス、背中への攻撃などがある作品はやっぱり4DX映えしますね。
 ただ今作はアクションシーンがそこまで多くないので、たまに4DXなのを忘れるような時間もありましたが。笑

 街を空から見下ろすようなショットが多かったり、飛行機やワイヤーで空中を移動するシーンが多かったりするため、風がいい仕事してました。
ぐちお

ぐちおの感想・評価

5.0
オリジナルサイズ1.43:1エキスポシティ大阪のIMAXで鑑賞しました

もう何回もみて展開はわかっているのに、
最初から最後までドキドキが止まりませんでした

IMAXで見るヒースジョーカーのがもう怖すぎて、、、、

ストーリー、画作り、演技、サウンド
もう何をとっても最高でした

控えめに言って生きててよかったです
sh

shの感想・評価

4.9
12年前に映画館で見た時にはそもそもIMAXシアターが無く、IMAXの凄さを知らなかったので、普通の映画館で見て満足してたけど、この度、初めてIMAXでダークナイト見れました。もう最高。
「映画は映画館で見るように作られてる」
これをこんなにも感じられるなんて。
20回近く見てるからセリフもなんとなく覚えてるのに、そんな事全く関係ない程興奮した。
正直、家で見てる時より「あれ?なんかペース早くない?」と錯覚したw
パンフレットも買えたし最高だ。

152分ノンストップ、細かい全てが物語の終盤に繋がる気持ち良さ、音楽、配役、何をとっても本当に素晴らしい作品。
個人的に1番好きなのは、最後の最後、コインが表なところ。
一見すると皮肉っぽく感じてしまうようなシーンだけど、インセプションのエンディングとかのノーランのコメントを見る限りは、全く逆の事なんだろうと思う。

インターステラーとダンケルクもリバイバルしてくれー!
バットマンシリーズを全て見たわけではないけれども、私が見た作品のなかでは「ダークナイト」が一番好きです。
見た方は同じように感じた方が多いと思いますが、ひねられていて深い。
見たあとか…もしくは主に後半部分ですけど正義と悪について考えてしまうから、そこが単純なヒーローものになっていなくてジョーカーの存在感が絶大でした。
バットマンとジョーカーの対比。
正義と悪の対比。
はたして何か正しいという事なのか…考えてしまいます。
対比してみた時に両極に振り幅が大きければ大きいほどに、正義も悪も紙一重であり似ているという描写が「Joker」にもつながっていましたよね。
それぞれの見た人の出す答えが必要な異色の作品です。
チャ

チャの感想・評価

4.7
グランドシネマサンシャインで鑑賞。
当然だけど今までで1番の迫力
tn

tnの感想・評価

4.8
ダークナイト初鑑賞でした。最高傑作。一転二転していくストーリー、この後はどうなるのかというワクワク感、流石ノーランって感じでした。
バットマンのカッコ良さも前作より増していた。バットモービルからバットポッドが出てくるシーン、それを乗りこなすブルースが個人的に好き。
そしてジョーカー演じるヒース・レジャーの演技力がとにかく素晴らしかった。私はホアキンよりヒースの方が好きですね。
この興奮は久しぶりでした。再上映してくれて本当に良かった。あとIMAXすんげぇ。
素数

素数の感想・評価

4.0
映画館で鑑賞。
IMAXの巨大スクリーンで見てきました。
重厚な音楽、よどみなく流れるように展開するストーリー、異次元の動きをするバットマンのバイク、そしてクリスチャン・ベール。最高でした。
>|