ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

青豆

青豆の感想・評価

4.0
バッドマンの「バ」の字もよく分かっておらず、とりあえずホアキンのジョーカーだけは観ました、というようなレベルの自分なのですが、ヒースレジャーのジョーカーが観てみたくなって今更ながら鑑賞。
彼の死にまつわる一説として、ジョーカーの役にのめり込み過ぎたから、というものがあるらしく。自分もこれを観てそれも一理あるんだろうなと思わずにはいられなかったな…話し方だったり仕草だったり歩き方だったり、完璧にいかれてるとしか思えず、心身を削らなければここまでの演技は出来なかったのではと。

彼の台詞で印象的だったのが"混沌の本質、それは公平だ"というもので、その意味するところについてしばらく考えてるんだけど、まだ考えがまとまらない。
公平であることが逆に混沌を生み出している…?この街のこと…?
とジョーカーのことばかりで主役なのにバッドマンのことを一切書かずごめん。
ブルース様の為にも他のノーランバッドマン作品観てみます!
Ryu

Ryuの感想・評価

5.0
ヒース・レジャー演じるジョーカーの演技が最高でした。
ヒールっぷりが今までのバッドマンシリーズで一番です。
何度でも楽しめる一本になっています。
ふじこ

ふじこの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ヒース・レジャーの演技が素晴らしい。
どこか愛らしさすら感じる狂気。彼が人に期待した愚かさや醜さみたいなものが裏切られ鼻白む所も、狂気以外の人間性めいたものがあって良かった。

ただ、デントの方はそうなるか〜?感が強く…顔の傷も含め。(ずっと消火せずに見てたのか?あと体は?)
つまりバットマンの自制心や自己犠牲の精神、高潔さを表すためだけのキャラクターだったって事なんだろうか。それともジョーカーの人心掌握パワーの強さか…?

一方バットマンは思い人のレイチェルがデントを選んだ事を知らず、俺はレイチェルに選ばれた…デントは知らない みたいに勘違いしてて滑稽だし、執事が握り潰すし…う〜ん?
あと変身中の発声が囁きウィスパーボイスみたいなの、変声機みたいなのつけないのかなって…喉に悪そう。

レイチェルはレイチェルで、余計な事言って気を持たせとくような真似をする意味がわからん。バットマンやめたら付き合ってあげるけど、やめないでしょ?ん?って言う事になんの意味があるんだ…わからん。
あともっと美人の人だったら……

あんまり深くいろいろ考えたらいかんのかな
すき

すきの感想・評価

4.5
ノーラン監督最高、社会とはなんと残酷なものなのか

授業サボって観た甲斐があった
怠

怠の感想・評価

4.1
マーベルファンとかじゃないけど面白かっです!ジョーカー渋すぎ最高!ワイソーシリアース????

このレビューはネタバレを含みます

人々に希望の光を与えるためには幻想を与えなければならないから罪を被るという行動、これが果たして正義なのか
これが正義かはよくわからないけど、ただバットマンえぐかっこいいと思った
ジョーカーという絶対悪を相手に揺らぐ正義感の様子やヒーロー系の映画によくある勝敗みたいなのがなくて考えさせられて良かった
とも

ともの感想・評価

5.0
どんなに善人でも復讐や憎悪の感情を抱き、悪人になりうる可能性がある。この人の二面性と正義と悪は紙一重ということをデントで表現したジョーカーの狂気に圧巻。
ジョーカーは最後に人の良心に負け、バットマンも多数の犠牲者をだし、街を恐怖にさらす。ヒーロー映画では珍しい勝者と絶対的な正義を描いていない作品だからこそ、こんなに魅力的だと思う。
弓

弓の感想・評価

4.2
「ダークナイト」、dark nightだと思って観てたらdark knight だったことをラストで知った。なるほど。
バットマンが負を背負いすぎと思ったけど、正体を知られてないのだから、日常生活にダメージは受けないな。
本人の気持ち次第。「こんなに市民のためにやってるのに…」とは思わずに「我、DARK KNIGHT…!」と思えれば、精神は安定していられるのかな。真相を知っている人がいることも、孤独感に陥らずに済むだろう。
とはいえ、真相を隠すのは、結果的に市民を見下す行為で、わたしは良くないと思った。後から真実を知った時の絶望感、不信感は更に大きい。
イカれた主要人物達が、各々論理的な根拠のない大義(性癖や強迫観念のこと)を掲げて奔走するストーリー。
なまじエネルギーと影響力がある人間達が駆け回るお陰で、多くの市民は犠牲として巻き込まれるが、本人達に省みる様子は見られない。
作中で道化に徹するヒースレジャーが言う通り、彼等は立場が異なるだけで同じ人種であり、互いに敬意を表している。

フィクションは常に高度にシンボリックなエピソードを抽出した現実だが、本作もよく出来たメタファーに思える。視聴者の中でも、エネルギーや影響力が強く、極端な生き方をしている善良な市民が周囲に居れば、劇中での心情描写がよく分かるのでは無いだろうか。

象徴的なモチーフとして描かれたヒーロー達の闘いは神話のようであり、それがプロテスタンティズムに庇護されないアメリカ国民らの心の支えになっている。
葛藤に悩まされた挙句、長いものに巻かれるロシアンフィクションの方が、よっぽど人間味があるように思えた。
Y

Yの感想・評価

4.2
やっぱりジョーカーが凄い映画!

もうジョーカーの存在だけで面白すぎる。
個人的にはトゥーフェイスも良かったが、もう少しいい扱いをして欲しかった。

圧倒的な映像と演技でアメコミ映画を超えた未だにナンバーワンの映画だと思う。
>|