ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

直

直の感想・評価

4.5
ジョーカーによって1部,3部とは違った雰囲気に。
強い力を持った上で狂っているというのはよく見るが、ジョーカーはその狂気性を除けば一般人。超常的な力をもったキャラはどこか非人間的に見えるのだが、今回のジョーカーはその一般人味により、何だか現実的な人物に思えてより一層怖かった。

ジョーカーのどんなヒーローにも暗い一面があるという考え方、とても的を射ているように思える。
あそこまで狂っている男の芯にある主張がとてもマトモという、、、。
miki

mikiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長い

ジョーカーの内側にスポットが当たらないから、ただの異常者vs無能な公権力
みたいになってて見てるの辛かった。
こんなに長くするなら、もっとヴィラン側のバックグラウンドも描いてほしい。
物事には必ず理由と経緯があるので、そこを吹っ飛ばして完全なる凶悪さを描いてもいまいちピンとこないなあ。
そういう意味では単発で見れる近年公開されたジョーカーを先に見てたから良かったかも。
(ストーリー的に繋がってるかは知らないけど)
ジョーカー見ないでこれ見てたらもうちょい評価低かった。。

あと最後別にバットマンのせいにしなくても、もうちょい考えればやりようあったでしょ。。

執事推し!

2022年62本目
ちょっと暗めなストーリーのバットマン。ジョーカーとかと戦うやつ

面白さ★★★
ストーリー★★★
演技★★★

私はそこまで刺さりませんでした
rensaurus

rensaurusの感想・評価

4.7
命を落とすほどの名怪演。映画史に残るヒース・レジャーのジョーカーが観れる最初で最後の作品。もはや奇跡。

ノーランが撮るリアリティと高級感が共存したビジュアルがとにかく最高で、ハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワードのサウンドトラックが緊迫感を増幅させ、凄まじい世界観を形成している。これらの要素が名シーンと呼ぶに相応しいシーンの説得力をより強め、名作映画然とした印象すら作っている。

ジョーカーの「物事が計画の内にあるとき、人は恐怖を感じない。それがどんなに恐ろしいことであっても。」という台詞はジョーカーの恐ろしさの根源を言い表していると言える。計画より感情や即興性を好み、行動が読めない。何が起こるか分からない。彼に対して無知であることが得体の知れない恐怖の根源だと言える。

精神異常の犯罪者である彼を殺せない社会は彼にとってもまた異常なのだ。作中で彼は様々な選択を設け、「自分で考えろ」と投げかける。社会秩序の制御、理性、公平に縛られている"マトモ"は彼にとってはイカれている。自分の身や、大切な人の命を危険に晒すやつなど殺すのが普通の生き物であり、それを解放させるのが彼の信念、正義であるように感じる。絶対に自分の手で人を殺さずに社会から悪を消したいバットマンを感情的にさせ、その手で死ぬことを望んでいる。社会秩序を何が何でも支えたいがために闇にすらなるバットマンは彼にとって狂人であり、対極的で、補完的な存在であると言える。ジョーカーがまともな世界では、バットマンこそ狂人だ。また、社会秩序は人間の恐怖を克服することがその起源ではないだろうか。ジョーカーはその意味で恐怖を克服しており、恐怖をあらゆる手段で克服しようとするバットマンより上手のように感じられる。彼の悪のカリスマ感は本当に魅力的で、ジョーカー側に気持ちよさを感じてしまうことすらある。

ツーフェイスとなったハーヴィー・デントはバットマン側の価値観からジョーカー側の価値観に変わった人物として描かれた。最愛の人が死ぬことになった運命を呪い、彼女を救えたかも知れない人やその大切な人を殺しにあたる。コインによる運で殺せば公平という理論も社会秩序の名残があり、バットマンとジョーカーの中間点として面白い登場人物たった。

万人に一見の価値がある映画だ。
ダークナイト2作目。

ジョーカーが出てくる度にワクワクしてる自分がいました。
ヒース・レジャーの怪演。

ジョーカーの演技に感動!

どんでん返しじゃないのに、
面白すぎる。
いきなり2から見てしまった

どうして耳はやさせたんだろ
内容は結構からい
ジョーカーがどこまでも狂人で良かった。
バットマンのバイクのシーン始まりから終わりまで全部良い。
chochoba

chochobaの感想・評価

4.5
ホントにすごい。
少し長いが無駄がなくずっとボリューム満点。
カーチェイスからのトラック1回転はノーラン監督ならではの見せ方で圧巻。
そして、病院の爆破。笑

演技も極めすぎて、キャラが凄い際立っている。ストーリーもダークな所と悩める主人公のバランス。
良心も簡単に悪にも変わる。
悪の心も大事な時に良心に変わる。うまい構成だなぁ。

ホントに「すごい」が詰まってる映画。
km

kmの感想・評価

4.8
クリストファー・ノーラン監督
バットマン三部作の2作目
いやー面白かった。
ジョーカーは史上最強の悪役キャラ。
ヒース・レジャーの怪演を忘れない。
RIP

劇中のスカイフックは
実際に1950年代に考案され使われていた装置。細かいけど、そんなトリビア達に満たされているからファンタジーなのにリアルに感じさせる仕上がりなるのかも。
マニアックに細かく徹底的にって事ね。
勉強になりました。

実際の映像
https://youtu.be/E1lTeFCWpDE
>|

あなたにおすすめの記事