沖縄怪談 逆吊り幽霊・支那怪談 死棺破りの作品情報・感想・評価

「沖縄怪談 逆吊り幽霊・支那怪談 死棺破り」に投稿された感想・評価

2本立てのようなタイトルですが、本編の中の語りとして「支那怪談 死棺破り」の再現Vみたいなのがあるという、なかなか面白い作り。

「支那怪談 死棺破り」で語られてるのは、夫の死と同時に他の男にひょいひょい擦り寄っちゃう女の恐ろしさが描かれていて、幽霊として夫が出ると「やっぱり貴方だけよ」的な乗り換えの繰り返しで幽霊よりよっぽど怖い!!改めて女の子怖い!!!※ちなみに一瞬バタリアンみたいな展開になりそうになります。

その先入観あっての「沖縄怪談 逆吊り幽霊」だもんだから構成としては上手いです!!現代版(つっても1962年)四谷怪談みたいなお話ですね。[女って怖い]から[男ってクズ]つまりは[人間ってコワイ]になる訳ですよ。。

おどろどろしい幽霊出てるのに立場なし!!人間こそがコワイんだ!!
いや、ちゃんと幽霊もコワかったですよ!

偉い人は言いました。
地球は青かった。けど幽霊も青かった。

やっぱり映像が荒いからこそホラーは怖いって法則ありますよねぇ。。

ちなみに沖縄らしさはほぼありません。

予告編にさらに面白そうな古典ホラーを発見したので後日見ますね。。