イン・ザ・ダークネスの作品情報・感想・評価

「イン・ザ・ダークネス」に投稿された感想・評価

カール・アーバンの見掛け倒しっぷりと言ったら…😅エリーが自己中すぎビッチすぎてちょっと同情できなかった。男子トイレにまで入るとかドン引き😥美人なんだからそこまでしなくてもいいのにね。2人ともめちゃくちゃスタイル良い〜😳

このレビューはネタバレを含みます

 カール・アーバン演じる男、つらい過去があるだけに、何かしら救われる結末になるかと思いきや、ええ~そりゃないよ!
 二人の美女を拝める点では良作。ビキニもあるよ。
『女二人、お先真っ暗の旅。ここまで無防備にバカンスしてりゃあこうなるわな。身を売られても仕方のない危機感のなさ』と、2012年当時のわたしは書いています。仕方のないこたないだろうけど自ら餌振り撒いてる感はありますよね、ホラー映画のヒロインて。この映画はロケーションがとても良い。というか薄気味の悪い異国感がよく出てる。調べたら南アルゼンチンだった。奇怪遺産な写真がたくさん撮れそうなロケ地でゾクゾクします。『絶世の美女アンバー・ハードが薄着で逃げ惑うのですからそれだけで有り難みは深いし、「帰りたい帰りたい…」と一緒になって反芻してしまうくらいにはのめり込んだ』とも書いてあります。アンバー・ハードも、シャーリーズ・セロンやマーゴッド・ロビー同様、憔悴してこそ輝くタイプの美女なのでこの役はアタリだと思う。そして何気にカール・アーバン出てたんか。『役立たず!』と、書いていたので活躍はしない模様。
パメラ・フランクリンの女子学生・恐怖のサイクリングバカンス(1970)のハリウッドリメイク版になりますね。
自由気ままなサイクリング旅行を続ける親友2人 ステファニーとエリーには
アンバー・ハードとオデット・アナブルの美女お2人。
降り注ぐ日差しとスレンダー美女お2人のロードトリップってなだけで
素晴らしいことだと思います 笑


舞台は南米 アルゼンチン
実はここんところ若い女性の失踪事件が相次いでいる小さな町。
町の人は誰もがどこかよそよそしく、必要以上互いに関わりを持とうとしません。

オリジナル版と同様
出てくる登場人物誰彼が訳ありに見えたり、ステフとエリーに向けられる好奇の目や意味ありげな視線、
誰一人信用できないそんな危なっかしいところでやっぱり事件に巻き込まれちゃう 笑

地元民が集まるBARとそこで出会う男、
男の乱暴な一面と謎めいた言動、
帰国のために乗る予定だったバスには乗り遅れ、
それまで順調だった計画は崩れ去り
お互い思うところから口論に発展しケンカ別れ、結果単独行動を取るステフとエリー、
エリーの失踪、
消えた彼女の自転車、
取り残された携帯と血痕、
名も知らないBARの男が関係しているのかも、
失踪届けの提出と非協力的な地元警察、
ホテルの向かい部屋に宿泊するミステリアスな男 マイケルことカール・アーバン、
若い女性の失踪とよからぬ噂、
捜索の末にたどり着く閉鎖された町と立ち入り禁止区域、…


さあ〜何も難しいことはありません 笑
よく起こりがちといえばその通りですね。
彼女たちの身にいったい何が起きていて、
誰の仕業で、
どんな結末を迎えるのか、
異国の地での単独行動には十分に警戒して旅をお楽しみください。
琉太

琉太の感想・評価

3.1
メキシコの田舎の景色、自然が美しい
特に廃墟が美しい
旅行で行ってみたいな
メキシコの何処なんだろう?
ストーリーは今一つ
主演の二人が可愛いのに残念な作品
鑑賞した事すら忘れてしまっていた作品
面白かったような気がするんだけど…
時間が経ちすぎて
何となくしか思い出せず記録のみ。
評価はしません。
『女子大生・恐怖のサイクリングバカンス』のリメイク作品。

お~オリジナルより面白くなってる!
スト-リ-がいい意味で贅肉が付いていてハラハラする展開でした。

行方不明になる女友達のクソビッチぶりときたら…★『告発の行方』のジョディ・フォスタ-かお前は~★
おしとやかな女性がタイプの僕にとってはクソビッチはどうもね~×××
一度痛い目に遭ってくださいね。

パメラ・フランクリン(オリジナル)
アンバ-・ハ-ド(リメイク)
のキャラの行動を見比べるのも楽しいですよ。

オリジナル作品が高評価だった人は見てみて!絶対面白いから~☆
ぼうっとアンバーハードを眺めているうちに終わった。クローズアップが綺麗
感想川柳「あれくらい 自転車ならば 追いつける」

予告が気になって観てみました。φ(..)

エリーとステファニーはスリルを求めて退屈なグループツアーを抜け出す。辿り着いたのはアレマナという町。地元の少女が最近行方不明になったという噂をよそに、2人は旅行最後の夜を祝い、エリーの失恋ムードを吹き飛ばそうと夜の町へ。ところが2人は大喧嘩をしてしまい、その後エリーが姿を消してしまう…というお話。


これまた外国の田舎に行きたくなくなる作品ですなぁ。(。´Д⊂)

1日1本しかないバスを逃したせいで村に残ることになったわけですが、自転車だしタッチの差で間に合わなかったんだから、追いかければ良かったのにと出だしから身も蓋もない突っ込みを入れたくなります。( ´△`)

あとはフツーの誘拐人身売買系のストーリーなので特筆するところはないかなと。(ー_ー;)エリーの行動は誘拐してくれと言ってるようなもんだし。こういうので警察は一切信用出来ませんからな。(´д`|||)

ただカール・アーバーンはもう笑うしかないΣ(-∀-;)めっちゃ中途半端だな〜。かませ犬?

最後まで主人公がアンバー・ハードだと気付かなかったのはなんでだろ?(;・∀・)
Walter

Walterの感想・評価

2.0
ストーリーは登場人物も少なく盛り上がりに欠けるも主演二人と南米の田舎の映像的には見所あり
>|