メイヤー・オブ・サンセット・ストリップの作品情報・感想・評価

「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」に投稿された感想・評価

mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

3.4
この映画のことを知ってロドニー関連の動画をYouTubeで検索したらなんと映画がまるごとあったので観ました。堂々と公開してるのでちゃんと許可を取ってるのかも知れません。

僕は10代の頃LA近辺に住んでいてKROQを聞いていてもちろんRodneyの番組も時々聞いてました。曜日と時間帯がラジオを聞くという感じではなかったのでたまたまタイミングがあったら聞くという感じでしたが聞いたときはいつも中々他では聞けない音楽や話ですごく面白かったのを憶えています。当時は声だけしか知らなかったけどそれでもすごく変わった人、優しくてポジティブな感じがラジオで伝わってきました。映画「ランナウェイズ」で出てきたり自分が知ってる以上に長く数え切れない多くのミュージシャンやハリウッドセレブなどと関わっていたんだなと後に知りました。有名なミュージシャンもそうだけどそんなに有名じゃないけどカルト的なバンドとかわけへだてなく取り上げる感じがすごく好き。

このドキュメンタリーがクオリティーが良いかというとそうでもないけど、ロドニーのことを知ってる人にとってはすごく興味深い作品じゃないかと思う。ただ彼がちょっと寂しくて可愛そうに見える様な撮り方をしたのがちょっと残念。

追記:YouTubeで僕が見つけた動画には日本語字幕はついていませんでした。
ロドニー・ビンゲンハイマー
LAにあるラジオ局KROQのDJであり多くの特に英国のミュージシャンを紹介し世に送り出す手伝いをした人物

昔は色々なバンドのグルービーを束ねていてその女子達をバンドメンバーに紹介したりして人脈を作っていく
店を開くよう勧められてDISCOを開店
そこでも色々な音楽をいち速く流す
ディヴット・ボウイをハリウッドに紹介したのも彼だとか
店は後に閉店そしてDJへ
後に有名になるバンドをいち速く見抜きラジオで流していた

いうなれば究極のファンであり
ロックの目利きといったらいいのか
彼のお陰でチャンスを貰えたというミュージシャン達が多数インタビューに答えていた

杞憂な人で普通これだけ嗅覚があれば有望なバンドにマネージャーになると言い出すのが普通だと思うけど自分が儲けようとせずいち音楽ファンとしての姿勢を保つのがリスペクトされる要因なのかなと思った☺️

Xから始まります❗
といってもアメリカのXですが。。😁
そして色々なミュージシャンへのインタビューへ

個人的にはブルック・シールズのインタビューが嬉しかった😁




買い物に出掛けたら会社の桜が満開になっていた🌸
気持ち良くなりそのまま賀茂川を南下
この季節いつもお客さんの為に案内しているけど自分自身の為に桜見るの久々だなと気付く🚴
普段この時期だけ桜観賞の為にトロトロ運転になる堤防沿いの道も他府県ナンバーが無く京都ナンバーのみで渋滞も無くコロナの影響に改めて驚く👀
北大路のビブレまで行きまた上賀茂に戻った
昨日は入れず帰ったので御園橋の王将に行くと昨日とは別の同僚が帰るところだった🥟
みんな暇でご飯食べに来ている🍺笑
帰り会社に寄って一平くんを塀越しに呼びかけるが居なかった🐈
会社はバイキングもボウリングもゲームセンターも閉鎖なのでゴーストタウンのようだった👻
ai

aiの感想・評価

3.5
デビッド・ボウイを初めてハリウッドに紹介し、名だたるミュージシャン達の曲を、最初にラジオで紹介してきた、伝説のDJ、ロドニー・ビンゲンハイマー。
20年にもわたり音楽シーンで愛され続けてきた彼の半生を、様々なアーティストのインタビューと爆音ロックで綴るドキュメンタリー。
ラモーンズ、セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、コールド・プレイなど、音楽シーンに名を残すアーティストの曲をアメリカで一番最初にオンエアし、数多くのミュージシャン達を進出させてきた。まさに街の顔「Sunset StripのMayor(市長)」である。
以上あらすじ引用。

とにかく、出演アーティストだけで充分見応えあり。
デビッド・ボウイ、コートニー・ラヴ、ミック・ジャガー、オアシス、ジョーン・ジェット、アリス・クーパー、ブロンディ、コールドプレイなどなど。
Bowieみたさで、探すに探してようやく入手したが、Bowieの衝撃的なヘアースタイルにショック。
貴重な映像。
ロックファンはぜひ観るべし。