アンジェラ・マオ 必殺!サンダーボルトの作品情報・感想・評価

アンジェラ・マオ 必殺!サンダーボルト1973年製作の映画)

五雷轟頂

製作国:

上映時間:83分

ジャンル:

2.8

「アンジェラ・マオ 必殺!サンダーボルト」に投稿された感想・評価

渡辺

渡辺の感想・評価

3.5

2020/07/25
DVDにて鑑賞

もちろんアンジェラマオ目当て

ストーリーは裏切り、どんでん返しありの中でアクション満載

だけどマオインはあまり目立たないんだな…
逆に悪役のパイインの存在感たるや!

めっちゃイケメンだしすごい強いし!

まあまあな作品でした。
吊り、布使い、多様な武器、カメラアングル、血吹き。ツイハークの原点ここにあり。技術力はまだまだだけど、ストーリーはちゃちだけど、斬新。著作協会入会前でエンドクレジットがない!アンジェラ・マオはこのあと『女活殺拳』でアメリカでも話題となるが、本作でも輝いている。撮影中には骨折してしまったらしいが、エライ。
カット割りがヒドイ…全く繋がらない。チェンカンタイがアクション監督とのことで期待したけど…キツイ…しかし、後半の大乱闘はなかなか見応えはあり!ワイヤーアクションは吹き出しちゃうレベル。技術の進歩に驚かされます。

物語は、楽しいです。疑心、裏切、策略、誤解、復讐と波のある展開に満足。

アンジェラマオは角度によって可愛く見えちゃう。健気に藁人形を治すのみてると好きになっちゃうなぁ。他の役者さんの魅力があればまだまだポイントは上がったんだけどね。残念。