俺たちプロボウラーの作品情報・感想・評価

「俺たちプロボウラー」に投稿された感想・評価

 なんとなく気になったから購入。
 バカ映画保証のトランスフォーマーを信頼しての暴挙。

 適切な原題に出鱈目な邦題を突けちゃうことはよくあるけれど・・・この作品の原題は「7-10 SPLIT」。
 ボウリング物でこのタイトルだと、オチまでほぼ読めちゃうのよね・・・。
 原題が酷いという方向で、邦題の方がよいという稀有な例。

 雑にあらすじをなぞると・・・。
 ハリウッドで役者を目指すピザ店員が、息抜きで遊んでいたボウリングでスカウトされて活躍する話。
 特別、ドラマとかコメディとかロマンスは無い。
 おっぱいシーンは複数あるけど。

 コスプレプロボウラーというアイデアで、一本映画を撮ってみたけれど、思ったほどハっチャケられなかったのは、色々しがらみがあったのかしら。
 選手自身の演出・演技・パフォーマンスで成績+αで盛り上げる。
 なかなか、そういうゆとりのあるスポーツは少ないから、活かし切れたらもっと面白くなっちゃったかもしれないけどなぁ。

 全米を大移動するロードムービーの要素を詰め込みながら、ほぼほぼボウリング場という屋内の撮影で誤魔化す、低予算ロードムービーの手法は見事。

 トランスフォーマーの方なのに、「アホ」に力を入れていて、アホウドリのパフォーマンスをするアホの坂田タイアップ。
 日本語吹き替え版には、見つけると幸せになるともっぱらの、坂田吹き替えシーンもあるらしい。
 や。映画本編の冒頭でも喋ってられるのは聞いたけど・・・。
 吹き替えと日本語と二周も見るのもなぁ・・・と、確認はしてない。
 いつか、幸せを見つけたくなった時に取っておくことにします。
受賞スピーチをしたら2ドル引きは日本では流行らないサービスだろうな。
タラ・リードは一人だけダウン着てた。
ポートランドのファンがかわいかったです。
「たかがボウリングじゃないか。」
まさにそうなんですよ。ぼくたちがいま何かに固執してるのは、単なる自己実現のためであって、必ずしもそれじゃなきゃいけないわけじゃない。承認欲求、自分を表現する手段でしかないんだよ。全てを失うくらいなら、富も名声も名誉も、そんなもん全部くれてやる。クソ喰らえだ。
haru

haruの感想・評価

2.8
俺たちニュースキャスター、フィギュアスケーターが割と好きだったので、視聴。

役者を目指している主人公が、バイトも事務所も首になったのをきっかけに、プロボウラーへと転身し活躍していくストーリー。

完全にコメディですが、先に述べた『俺たち○○』と比較すると、ぶっ壊れ具合もストーリー性もちょっと弱いのが残念でした。

個人的にボウリング好きなので楽しめた部分はありますが、ボウリングに興味が全く無い人は結構つらいかもしれません。それくらいボウリングのシーンが多目です。
パッケージ裏に釣られて借りたけどイマイチだった…
もう少し振り切った笑いが欲しい
aaaa

aaaaの感想・評価

2.0
「俺たちフィギュアスケーター」がよかったので、これも面白いかと思ったが全然違った。

一番面白いというか、まだ覚えているのはおまけのムービーの友達が大麻を吸ったときにみた幻覚の話。
ホットドッグが人を殴るシーンがシュール。

正直これと面白くなかったという印象しか覚えてない……
ノムラ

ノムラの感想・評価

2.5
オープニングが洒落てて おもろいんちゃうかと思ったが… 振り切ってコメディじゃなかったか
俺たち、とタイトルに付いてるが実際全然関係なく俺たちが想像する俺たちではなかった。
話の核は、冴えないボンクラのサクセスストーリーと友情と恋人を勢いよく雑に描いただけなのでボウリングじゃなくても全然なんでも良い内容だった。
現に、劇中の大事なセリフでもレイ・ワイズが「たかがボウリングじゃないか」とズバリ言っていた。(このシーン自体は結構好き)
期待してなかった分、期待よりは楽しめた。笑った。
中島

中島の感想・評価

3.5
B級映画のにおいプンプンだけれども、ギャグとか、ストーリー展開とか、個人的にすごくツボ。
頭空っぽで見れる。隠れた良作。
kaza.ne.

kaza.ne.の感想・評価

2.0
「俺たちフィギュア・スケーター」の続編か何かかと思ったら、全くの無関係映画だった……。
もっと派手にできそうなのになぁ。とっても地味。

DVD
>|