ゴースト・プリズンの作品情報・感想・評価

「ゴースト・プリズン」に投稿された感想・評価

よくある曰く付きお家系ホラーだが、アルバトロスによるリリース作品のくせに面白い。とても丁寧に作られており、これはアルバトロスリリース群のなかでも傑作の部類に入るだろう。
騒音と静寂、2つの相反する要素が不安感と気持ち悪さを色濃く映し出しており、独特の雰囲気が逸品だ。定番のびっくりポイントはベタだが、『NY心霊捜査官』より明らかに怖い!話の中身はどっちつかずな内容で少しモヤモヤしたが、逆に色んな見方が出来るのでそれはそれで楽しかったりするんだよなあ。ラストカットも意味ありげでゾッとした。