デッド・ファクトリーの作品情報・感想・評価

デッド・ファクトリー2011年製作の映画)

KENNEYVILLE

製作国:

上映時間:86分

1.5

「デッド・ファクトリー」に投稿された感想・評価

整って参りましたので、引き続き在庫の除霊であります。良い子はマネをしないで下さい。私は特別な訓練を受けております。プリンスです。
はい、デッド・ファクトリー!!
ブライチ、麻縄、ガムテープ。この3つが揃った場合、即購入と成ります。おい!口のテープは剥がせるだろ!!いいんです。ジャケットはあくまでも雰囲気でございます。 若い女性の行方不明が頻発するとゆう事件を追って、ケニービルとゆう田舎町を訪れる私立探偵のイケメン扱いパトリック&美女扱いメーガン。途中知り合った兄妹と意気投合。楽しく飲み明かす訳であります。しかし、この妹さん。出逢ったときから、眼の下真っ黒で人相が良くない。100パー事件に関与している顔でございます。プルプル震えながら何処かにヒソヒソと電話をすると、村一番の力持ち登場!パトリックはあっとゆう間に力負け、メーガンは拐われるとゆうガチガチの展開が逆に新鮮な訳であります。イテテ、、と目を覚ましたパトリックが、裏切り者の良くわからないネルシャツと共にメーガン探しの珍道中を繰り広げます。早くしないと、時間がありません。メーガンは、ある科学者のラボにて従順なセックス兵器として、改造されてゆくとゆう緊迫感。バリウム的な簡単な薬を飲まされて、頭蓋に穴あけ投薬で一丁あがり。外科手術までしてるのに直ぐに帰れますよ!天才科学者ですよ! そんなラボを発見したパトリックとネルシャツ、変な信頼感の2人で突撃であります。しかし、ここに来るまでも含めて、2人とも弱い弱い。あっとゆうまに拉致監禁。改造された女達と科学者vsパトリック&ネルシャツ!良くわからないバイヤーの軍人さんも途中参戦。迫力ゼロのクライマックスに最後まで人物相関図がさっぱり頭に浮かばないとゆう、キューブリックもびっくり難解な映画であります。そしてパトリックの誰も驚かない告白に、ミソもクソも一掃の諦めた監督の常套手段。んー。これじゃあパンチ不足。もう一玉載せてやれと、この一件には政府の陰謀もありつつ!!とゆう後付けも、もはや手遅れ。ここまでくると、船越英一郎か水谷豊に説明してもらわないとどうにもなりません。
しかし、こんな糞映画でありますが、俳優陣は諦めません。最後まで気を抜かない必死の演技に、ガンバレ!ガンバレ!と熱くなったワケであります。次はちゃんとした別の映画で会いたいね、ダニー・ゲーシャン!!・・・誰やねん!! でわまた!!

このレビューはネタバレを含みます

つまらん…

展開は遅いし、大した事件も起きないし、とにかく退屈。



ケニービルという田舎町で、女性の失踪事件が起きる。

彼女の家族から依頼を受けた私立探偵、パトリックとメーガンは、バックパッカーに化けて捜査を開始。
しかし即捕まる。

パトリックはボコられ放置、メーガンは科学者エイドリアンの家に拉致された。
女性を洗脳し、性奴隷にして売っているエイドリアン。
メーガン危うし…

一方、血塗れパトリックは、何故か協力してくれる町人とメーガン救出に向かうが……



以下ネタバレあり↓



政府が科学者を使い、どんな命令も聞く人間を作っているらしい、とのこと。

じゃあ微妙にHな感じのジャケと展開は、なんだったのさ(笑)?
ま、脱いでもブラ止まりでしたけどね……

あとはラリった感じで、ふわふわしてるだけ。
こんなの使えるのか、カナダ政府よww

で、案の定、ぐだぐだパトリックが最後だけ活躍、メーガン正気に戻り、終了~

"おかしな田舎町から大脱出!ハラハラドキドキ♪"
なんて思っていると、DVDを割りたくなりますww

そんな駄作でしたー
porikozn

porikoznの感想・評価

1.2
誇大広告みたいね。
拉致されて、何だか洗脳されて、ほっといたら解けたみたいな。
ラストもなんだかなぁーの、終わり方だし、全体的に雑な作り。
ねこは

ねこはの感想・評価

1.0
終わり方、雑〜っ
謎の描写も謎のままで、所々訳のわからないまま終わっていったのでモヤっと感が残る。
若い女性の失踪事件が多発してるので私立探偵の男女が怪しい街までたどり着き潜入捜査だーっつってハシャいでたら拉致られるという…まさにミイラ取りがミイラ映画の誕生だ!!

そもそもこういう映画は桔梗さん、inoしゃん他数名のプロに任せておけば良かったのにナゼ見てしまったのだろう。

まぁ正直に言えばジャケに誘われたのだが…また詐欺だよ!!こんなシーンねーよ!!

監禁の後は恐ろしい拷問が待ってるのかと思いきや全くそんな事もなく(ま、待ち望んでいた訳ではない..)とにかく退屈なまま時間が過ぎ行きます。

そうか、上記のプロ達はジャケから内容を察知し無駄な鑑賞を回避する事ができるのですね。僕はまだまだま修行が足りないようです。