シャークトパスの作品情報・感想・評価

「シャークトパス」に投稿された感想・評価

2017.9.18
ずーっとみたかった、けどレンタルするにはもったいない作品リストに長年入っていた作品。8本のタコ足を持つサメですから、ウルトラB級映画間違いなし。B級サメ映画で期待することといえば人間の食べられ方!思いっきり笑わせてほしいもんです!そこそこ笑いましたが、もっとほしかったです。もっと派手に色々ブッ飛んでいたら☆4ぐらいはあげたい題材の作品です。
django

djangoの感想・評価

2.5
鮫とタコが合体した化け物が人間を襲う。そんな映画。

水着姿の女性の胸や尻を舐めるように撮し、その後さっさと死んでもらう。
序盤はそんな展開が続く。
愛も情欲もないセックスのように退屈だ。
何かの修行のようだ。
ジェダイとかキングスマンのメンタルトレーニングに採用したらいい。

単調な音楽と、どこかで見たような展開と、ステレオタイプで、他の映画ではモブレベルの扱いを受けるようなキャラクターが主人公とヒロインをやっている。

それでも人はこの映画を観るだろう。
鮫映画は猫にとってのマタタビのように人々を魅了する。
クソ映画とわかっていても逃れられない。
鮫と人類との約束なんだ。
スット

スットの感想・評価

2.4
人間が生んだ悪魔の兵器シャークトパス!
(鮫=シャーク)+(蛸=オクトパス)=シャークトパスという謎方程式から成り立った謎生物兵器!
なにを思ってこれを作ったのか分からない!
案の定すぐに人間のコントロール下から外れてしまう!
ここら辺は鮫映画の様式美に沿っているのでおもしろい!
サメ映画は水着美女が出るからいいね。
はぁ、しょーもなかった。
くわこ

くわこの感想・評価

1.5
上半身はサメ、下半身はタコの殺人生物。研究所の手から脱走して、人を襲いまくる。

吹き替えが違和感すぎて全然内容が入ってこなかった。
pppppppp

ppppppppの感想・評価

3.5
前に観たやつ
予想を裏切らない展開がおもしろくて終始笑いながら観てました。これはコメディ映画。無駄なお色気シーンが多い。復活って刺青入れてる男の人いる、おもしろい。
たことがったいしたおっきいサメさんがかっこよかったです。

ぞくへんはぜったいみません。
序盤中盤終盤全体的にテンポは良かった。予想を全く裏切らない🦈🐙の出現もまぁ悪くない。
しかしCGの粗さやテンポよさゆえの展開の速さについてけなかった。しかもなぜ🦈と🐙なのかもわからない。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2017年 150本目

オープニングで出演者や製作者達の名前が流れる中、「製作:ロジャー・コーマン」の名前が!「B級映画の帝王」の名前がここに出た時点で、もうB級映画だと割り切って楽しむ。基本的にB級映画は好きですしね。

開始から怒涛の展開、シャークトパスの登場、そして制御機器が壊れて一般人の犠牲者が!ここまで9分30秒ですよ!ハリウッドの怪物映画の、あのなかなか姿を見せない焦らしへのアンチテーゼなのかは知らんが、ともかく序盤から物語が進む進む。

まあ、だからって面白いかと問われてもそこまで面白くないのが凄いんですけどね。撮り方とか演技とかCGとかストーリーとかありとあらゆる事にツッコミいれる事が可能なので、ともかく微笑ましく見守りながら楽しみましょう。海洋ホラーでなく、コメディですよね最早。
kizaist

kizaistの感想・評価

1.2
んーと、サメとタコのハイブリットな生物兵器だそうです…ハイ終了。

飲み会で思い付いたネタを、酔った勢いのまま作ったような怪作。
役者さんが触手に巻き付かれたテイで、自ら海へ引きずり込まれる演技には、もはや微笑ましさすら感じられます。(^^;

この後もシリーズ続いてるそうで…人気あったのか?
>|