シャークトパスVS狼鯨の作品情報・感想・評価

「シャークトパスVS狼鯨」に投稿された感想・評価

狼鯨が可愛い。飼い主のマッドサイエンティストババアに叱られて、く〜んと哀しげに鳴いたり首を傾げたり。製作陣は萌えを狙っているとしか思えません。
それに負けじとシャークトパスも今回なかなかキュート。触手で頭をぽりぽり掻いたりしてます。

ストーリーやCGは相変わらずめちゃくちゃだしギャグも半分以上すべってる。
いい年したオッサン(スターシップトゥルーパーズのジョニーリコ!)が安っぽいCGの鮫蛸を相手に必死でオーバーな演技をしてるのを想像すると、痛々しさを通り越してむしろ清々しいというか、人生なんでもアリなんだなと考えさせられました。

本来なら2.2ぐらいの評価ですが、狼鯨の可愛さとジョニーリコの頑張りに免じて+0.5点。
たなか

たなかの感想・評価

3.2
好きwwwwサメ×タコの生物ってだけで面白いのに狼鯨や意味不明な宗教とかカンフー(笑)とかもうバカ要素がありすぎてあたまがおかしい CGの安さがたまらない
しかもストーリー自体は意外と悪くない
最高に頭がおかしい映画 狂ってて好き
仁

仁の感想・評価

3.1
勝手に戦えシリーズですね分かります。
最後まで観た人なら分かりますが、両者がもう可愛い(人食う以外は)。
萌えキャラですわ、触手で頭かくところとか。
雑なCGはこのおかげで御愛嬌って感じです。
不死身の合体生物シャークトパスが今度はオオカミとシャチを合体させた遺伝子を注射されて怪物と化した人間に立ち向かう‼︎

すっかりB級映画の常連みたいになってきたキャスパー・ヴァン・ディーン主演のシャークトパスシリーズ第3弾‼︎
前作の頃とCGのレベルは全く変わってなく相変わらずショボかった(笑)
ただ前作同様ショボいながらもちゃんと2匹の生物の対決を描けていたのは良かった。
次はどんな生物とシャークトパスは戦うのかな?(笑)
ハテナ

ハテナの感想・評価

2.0
狼鯨が、ディ○ニーに出てきそうな顔でちょっとかわいかった。

観た日:2016/06/28
Yu

Yuの感想・評価

-
元野球選手の狼鯨。現役時代からこれくらい物分りが良く素直だったのならもっと活躍の場はあっただろうに‥狼鯨が可愛いからみんな見て。いや見なくていいや。

このレビューはネタバレを含みます

初のシャークトパスです。

コミカルすぎる内容はあまり笑えなかったけど、いろいろな仕草を魅せるサメタコ君は可愛かったです。スタジアム内のショッピングモールを破壊せず、きっちり正面自動ドアから出ていくサメタコ君に礼儀正しさや優しさを学びました。

終盤のサメタコVSオオカミクジラはもっと盛り上げてほしかった。ラストもあっけなくて残念です。

主人公はトゥルーパーズのジョニー・リコだったのか😅
2018年74本目

クソだと分かってても観てしまったシャークトパスシリーズ。相変わらず酷いCGと編集本当にありがとうございました。
狼鯨が意外と可愛い。シャークトパスと狼鯨が割と本気で戦ってるのは笑う。
・サメがtwitterアカウント持ってる
・デジモンみたいな狼鯨
・割とちゃんと戦う

これに限らずドイツ人はナチス時代のせいで後世ずっとイジられるはめになってて気の毒になってきた
コメディ全振りな展開に困惑しましたが、サメ映画としては良い映画でした。
シャークトパスがネットで認知されているのに笑いましたが、今作はとにかく可愛い。触手の爪で歯をシーシーしちゃったり、とぼけてみたり、もうめちゃくちゃ。狼鯨の方も負けないぐらい可愛くて、狼遺伝子のせいでもう普通に犬。野球が好きで、人も食べちゃうけど、ただの犬。その為、肝心のシャークトパスと狼鯨の闘いも、じゃれあっているようにしか見えません。正確にはクジラじゃなくてシャチと狼(と野球選手)の掛け合わせなので、クジラ映画ではありません。
登場人物もコメディ的なことしか出来ない呪いがかかっているので、どれだけ滑ろうとも御構い無しにボケ倒します。
音楽、画面構成、CG、セリフ、ストーリー(空爆…?)、映画として必要なあらゆる要素が適当ですが、逆にそれらが絶妙なユルさを醸し出しています。
次作が出たらもちろん観ます、終わらないで!
>|