shitpie

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のshitpieのレビュー・感想・評価

3.5
最高です。これまでの 6 部作のどれよりもおもしろいです(笑)。まずはオープニングだけで涙。

まずは俳優たちの演技がとても熱っぽく、引き込まれます。演出力 0 のジョージ・ルーカスの映画との大きなちがいはそこでしょう。俳優たちの演技がドライヴすることで、映画に大きな力がもたらされています(それと、これはどう観てもハリソン・フォードの映画でしょう。そこも最高です)。

また、実に人間くさい葛藤を抱えたカイロ・レンの登場によってフォースのダーク・サイドとライト・サイドのあいだの揺らぎが強調されて描かれていることは注目に値します。単純な善悪二元論(とはいえその 2 つはコインの表と裏)に徹した旧 3 部作よりも重厚さがぐっと増しています。

スター・ウォーズ・サーガに丁寧すぎるほどに敬意を払いつつ(それゆえに『フォースの覚醒』は「スター・ウォーズ・ヒット・パレード」なのです)、ジョージ・ルーカスのエゴイズムではない現代ハリウッドの民主主義的な映画づくりが功を奏している、と感じられます。