マヒロ

母と暮せばのマヒロのレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
3.0
長崎の原爆により息子(ニノ)を亡くし独り身で助産婦を営んでいた母(小百合ちゃん)の前に、その息子が突然姿を表す…というお話。

主役はあくまでこの親子なんだけど、二人の間の問題は割とサラッと流されて、映画全体はどちらかというと黒木華演じるニノの元婚約者に未練を断ち切ってもらうため、二人がアタフタするほうがメイン。「二人」といっても、母の方はだいぶ不思議ちゃんじみたところがあるので、本当に霊体として息子がいるのではなく、想像上の存在に過ぎないのでは…という気もするんだけど、そこはさして重要な話でもないんだろうな。

そこら辺のお話はともかく、ちょっと困るのが、やたらと回想が多いところ。一つや二つくらいなら回想があっても良いと思うんだけど、この映画は節目節目にいちいち回想を入れてくるので、とにかくテンポが悪い。回想の内容も特に後の展開に関わってくるようなものではなくて、普通の小市民だったんだ…ということを強調するにしてももっと省略できたのでは、という気がした。
後、ここに突っ込むのはあんまりよろしくないようにも思えるんだけど、エンドローンに挿入される"ある映像"がなんというか…不謹慎な言い方をするとちょっと不気味だった!
監督としては勿論あれは癒しとかそういうものを狙っているんだろうけど、あまりにも唐突かつシュールすぎて面食らってしまった。多分、同じこと思ってる人多いんじゃないかな…。

演出に気にかかる部分はちらほらあったものの、原爆が落ちる瞬間とか長男が夢枕に現れるシーンのホラーっぽさは面白かったし、キャラクターも魅力的な人が多かったので観てて苦にはならなかった。普段あまり見ないジャンルだけど、割と好きな方ではあったかな(にしては否定意見が多めになっちゃったけど)。

(2015.258)[39]