tetsu

ゴム頭の男のtetsuのレビュー・感想・評価

ゴム頭の男(1901年製作の映画)
-
ジョルジュ・メリエスさんの短編の一つ。

『幾つもの頭を持つ男』と同様、
頭が出てきます。
それにしても、ラスト残酷すぎ...。笑

『グレイテスト・ショーマン』より、断然メリエスさんの伝記映画の方が観たくなりました。笑

参考
GEORGES MÉLIÈS : L'Homme à la tête en caoutchouc (1901) LES CHEVALS & LAWRENCE LEHERISSEY (2013)
https://youtu.be/yK7XpRe9ZGE
(本編はコチラ。)