ゴム頭の男の作品情報・感想・評価

ゴム頭の男1901年製作の映画)

L'homme à la tête en caoutchouc

製作国:

上映時間:3分

3.4

「ゴム頭の男」に投稿された感想・評価

本編とは関係ないが、僕にとっては何より衝撃であった。
100年以上前であっても、今の僕らとの間にユーモアや身振り手振りでの意思疎通に大差はないそうだ。
それはそうだろう、とは思えない。

文字から読み取る歴史とはまた違った格別の映像体験である。
Sari

Sariの感想・評価

-
2020/10/21 YouTube

https://youtu.be/yK7XpRe9ZGE

このレビューはネタバレを含みます

白黒で台詞無しなんだけどBGMは陽気だし展開も判りやすくて楽しめる🎵

生首のトリックは時代だけに子供騙しではあるけど普通に面白かった😃

ドリフのコント風に言うと

「もしも、風船みたいな生首があったら…」🎈
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.5
引き続きジョルジュ・メリエスシリーズ🥰

台詞はないけど、コミカルな動きと音楽のお陰で充分楽しめる🎶

ラストは...
あらら、やっぱりそうなるよね〜という感じがまた可愛らしくて良き☺️💕

発想で勝利👏😄
sulgi

sulgiの感想・評価

3.8

膨らむゴム頭の男かわいい。
空気入れて膨らむこれだけなのに。
3分でこんなに惹きつけられるのすごい。
RY

RYの感想・評価

4.0
おもしろいな。
なんで膨らませた?というのはしてはいけない質問なんでしょう。
マジックで、人体をソードで切って、頭部、胴体部、脚部に分かれて、キャーみたいなのあるけど、これは、おや、箱の中に頭部がありますよ。ニヤ。キャー。
バックが黒いのがきっとタネ。
フォトショとかコンピューターがない時代に合成はどうやるのかな。メリエスが最初にして、数十年?分、一気に技術的に飛躍させたような。歴史には偉人による大きな一歩があるのだなと実感。
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

3.5
重ね撮りだけじゃなく、遠近のトリックも使うメリエスの発想力ってすごい。
カン

カンの感想・評価

-
台に置かれたメリエスの頭を大きくしたり小さくしたり…この時代にどうやって撮ったんだろう?
さすがマジシャン。
1 2020.03.18 YouTube
2 2020.07.27 Amazon prime

「月世界旅行&
メリエスの素晴らしき映画魔術」より
マジシャンだったジョルジュ・メリエスらしさがとても感じられる。
初のシネマジシャンと称されている理由が十分に理解できる作品。
>|