東京女子プロレス 爆音セレナーデの作品情報・感想・評価

東京女子プロレス 爆音セレナーデ2015年製作の映画)

製作国:

上映時間:91分

3.3

あらすじ

東京女子プロレスのリングで戦う乙女たちの素顔に迫ったDVD。リングの上で活躍する彼女たちも普段は普通の女の子。プライベートの自画撮りやセクシーイメージをはじめ、オリジナルソングに乗せて、“今を戦う"彼女たちの姿を激撮する。

「東京女子プロレス 爆音セレナーデ」に投稿された感想・評価

東京女子プロレスの女子プロレスラー達の素顔を追ったドキュメンタリー映画です。東京女子プロレスがDDTというプロレス団体のブランドの一つということは知ってます。つい最近もリング上でゼクシィ(関東版はダンベルくらい重いらしい)を凶器として使ったとしてゼクシィ本社からクレームがきたとヤフーニュースで取り上げられてましたね。とはいえ実際に試合は一度も見た事なくて選手ものの子と清水愛くらいしか知らないのでWikiで選手を調べながら鑑賞しておりました。東京女子のレスラー達は10代〜20代と若くさほどスポーツのバックボーンもなく学生からアイドルやモデルやお笑い芸人出身もいます。どちらかと言うと普通の女の子達なんですよね。酒タバコ男を禁止され孤独に苛まれたりケガしてリングに上がれない悔しさで泣いたり学業との両立ができずに悩んだり…ここまでして何故プロレスをやるのかと言えばきっとプロレスが好きだから以外ないわけですよね。今現在はプロレスを辞めてアイドルになったりラッパーになったり学業に専念したりしてる人もいますがきっとここでプロレスをやってた短いながらも濃密な時間は彼女達の人生の中で糧になってる事でしょう。興味を持ったのでいつかDDTユニバースに加入したら東京女子の試合を見てみようと思います。
2016映画126
キャノンボールより。
普通の女の子がなんでプロレス…と思ったけど。年頃の女の子が強気でいたり、急に弱気になったりするのがエロくてエモくてグッときた。
そこそこ小綺麗な普通の女の子がなんで痛くて汗臭そうなプロレス…というのは最後までやはり分からなかったけど、なんか女子プロレスがアツいのは分かった。
メンバーの色のちがう魅力が見えてきて思い入れが深まった。次に試合を観たときにはよりいっそう楽しめる気がする。部屋で1人のときの坂崎ユカ、父親とケーキを食べる中島翔子、診察を終えての辰巳リカ…そして向かう先はリングの上で、みんないい顔をしていた。
あの伝説の映画『テレクラキャノンボール』でひたすら内気なベビーフェイスでマダム達を釘付けにした嵐山みちる監督による 立ち上げて間もないプロレス団体[東京女子プロレス]に密着したドキュメンタリー。
もちろん、ポロリはございません。

何と言いましょうかね、時代も変われば女子プロレスも変わる。。この興業団体は"普通の女の子""思わず見守りたくなる女の子"すなわちアイドル的プロレスが大きな特徴となっています。
この現状を神取忍(男か?)や北斗さんはどう受け止めているんだろうか。。

それはさておき今年はプロレスのドキュメンタリーが他に2本ありまして『劇場版プロレスキャノンボール2014』と『がむしゃら』ってのがありました。どっちも面白い。それは内容がドラマチックであるからだ。ドラマがあると登場人物が輝き出して目が離せなくなる。応援したくなる。この一連の動きこそがドキュメンタリーの力なのだ。

この東京女子プロレスはどうもドラマ性が薄い。レスラー達を満遍なく紹介していくのですが…ディープな所まで堀り下げる事もなくひたすらプライベートビデオを見せられている感じだ。まさにアイドルのPV風。僕が見たいのはそうじゃないのだよ。『がむしゃら』を見習ってほしい。まぁあれは安川結花という人物があまりにも特殊で濃すぎなのもあるが…。

と、まぁあんまり引き込まれず見ていた訳ですが、不思議とだんだんレスラー達の顔や名前やキャラが把握しだした。
こっから悪口も若干入って申し訳ないのですが…1人主役みたいな女子(山下実優)がいましてこの子が顎がシャクれていまして、周りからも「ロング・ロング・アゴー」とイジられるほどに。が、しかし…見ていくうちに妙に可愛く思えてきて…最終的には前田敦子にすら見えてくるという不思議な現象も起きた。。こういうのをTwitterとかで書くと炎上するのでしょうね。。

そしてこの映画、醍醐味であるはずのプロレスシーンをなっかなか見せてくれない。やはり普通の女子な訳だし、試合は見るに耐えない映像なのかな…と思いきや最後の最後、大いにやってくれました!!彼女たちの曲がBGMでやっぱりアイドルだな、、という違和感はありましたが…このプロレスシーンが実に良い!!!輝いている!!!まるで最高峰の女子プロレス映画『カリフォルニア・ドールズ』のよう。スローモーションも多様してとにかく全員美しい。 もっと途中でプロレス見せても良かったじゃんと思えなくもないですが…逆に焦らした事が功を奏したのかもしれません。

前半の平凡さが響いて結果3.0にしましたがまぁまぁ良かったと思います。

※都内では金曜までヒューマントラスト渋谷でレイトショーやってます。ちなみに今日、客6人でした。。。行ってやって下さい!

てか、レビューもまだ僕だけか。。