さんさんごごの作品情報・感想・評価

「さんさんごご」に投稿された感想・評価

王道、感動出来るものを狙ったという趣旨の通り、わかりやすい物語でした。色んな要素、詰め込みがされていけば、もっと期待できる感じ…
色んな提案出来るはずですが、審査員の発言が場末の居酒屋レベルで少しがっかり。
めい

めいの感想・評価

3.6
早稲田と青山で2回見ました!
ベタな感じがすごく私好みで、学生映画には珍しく子供が出ているのが魅力だと思います◎
かみや

かみやの感想・評価

3.5
二日目のなかで唯一さわやかさがあった。カッコつけてない感じがした。でも、BGMがビミョーだった。
スジとしては言ってみればベッタベタだったが、カメラワークが凄かった。セブンイレブンの看板が出てくるシーンとか特に。
hamada

hamadaの感想・評価

2.8
ここでは寄るなよ…と思えば見事に寄るし、そういう文句は色々あるんだけど、気付いたら割と楽しんでしまった!そういえば昔この辺住んでたな~とか思い出したり。

何より、キャスト三人の登場をちゃんと撮っている!どうでもいい人はどうでもよく。尺が短いからそういうのが分かりやすい。
それと序盤のカット割りが当たり前のことをしてるのに、良い。ちゃんとしてる。ちゃぶ台を囲むのはちゃんと1→2→3→2→1という風に戻る。

で、せっかく部屋が二階にあるのだから(アパートだし)、もうちょっと階段を使えばいいのに!と思いました。あんな狭くていい階段があるのに、子供を走らせて下ろすだけじゃ勿体ない。
食事を契機に物語が加速するのはしっかりしてる。ちゃぶ台は丸いから使うのが難しいとは思うんだけど、増えたり欠けたりするのをもっと分かりやすく撮った方が面白いのでは。特に三人揃ってからは必要以上にカットを割っていたが、なぜだ…。
それと、ああやって音楽を使われるともちろん笑ってしまう。二回目のベイカーに至っては流す必要がないのでは…。
でも面白かった!学生映画とて舐めてはいけないな…。これが初監督だというから驚き。次撮る作品もぜひ観たい!

そんなことより、三村ことみさん。大袈裟でなく世界で一番可愛い。
Saki

Sakiの感想・評価

-
「ねぇ、おじさんニートなの?ニートになったきっかけを教えてください」
少年のふとした出会い。シュールな質問。
クスクスと笑えました。

一方でピリついたちゃぶ台シーン、お別れの感動シーン…
いろんな気持ちにさせてくれるこの映画は、脚本がしっかりしていると感じました。

作家として頑張るんだろうなとか、少年は家族の元に戻るんだろうなとか、何となく予想だきたことと、さきちゃんの彼氏らしき人は誰だったんだろうかという謎が惜しい。
良作だけに余計に。