やわ乳太夫 月夜の恋わずらいの作品情報・感想・評価

やわ乳太夫 月夜の恋わずらい2015年製作の映画)

製作国:

3.2

「やわ乳太夫 月夜の恋わずらい」に投稿された感想・評価

ゴメンて!だから、ゴメンて!!
(どうしても観たかってん、スライム乳…)

はい、久々?のピンク映画ですよ(笑)
(だから、ゴメンて!!)

タイトル見て!「やわ乳太夫」やで!!
(どんなにやわいんか観なアカン思てな)

普段はガチガチの映画しか観ない僕ですが(笑)
(嘘つけ)

タマには…?

タマタマには…?
(何故2回言った?)

ガチガチにしちゃおうかな?って(笑)
(最低だな)

この映画、昭和の雰囲気を出して全編アフレコにて音声を付けています。
(懐かしく思う方もいらっしゃるかと)

あらすじは…
森の奥深く、自給自足で生活する気持家。
一家の大黒柱・誉三郎は、娘の唯々子(里見瑤子)と息子の楯男(橘秀樹)と愛人のユミ(結城恋)と暮らしていた。
ある日楯男は、偶然出くわした美女・高尾(澁谷果歩)に一目惚れしてしまう…
しかし、その女はその道では知らない者など居ない程の高級娼婦だった…
というお話。
(一晩、300万ですってよ!奥さん)

主人公の楯男は、真面目で奥手なので、高尾とただ話すだけで良いと願い、昼夜を問わず働きまくります(笑)
(偉いけど、目標は不純だよね)

その間、父親は愛人とまぐわり、妹は楯男の仕事先の先輩とまぐわります(笑)
(澁谷果歩ちゃん、前半は脱がないのよ〜)

ようやく300万が貯まり、高尾と一夜を過ごす事になるのですが…
(果たして、楯男の想いは通じるのか?)

普 通 に ヤ ッ と る や ん け 〜 !!
(純粋な想いはどこ行った!?)

あ〜、観れた〜♪
お餅みたいなキレイなお胸が観れた〜!!
(すんごいの!もぅ、すんごいの!!)

余は満足じゃ…ガクッ
(殿ーーーっ!!)

まぁね、有って無いようなストーリーですが、意外と純愛路線で攻めてます(笑)
(高尾も借金を抱えていて、幸せを夢見ていまして…)

全体的にコミカル、かつハッピーエンドで終わるのでオススメですよ〜☆
(べ、別におっぱい目的じゃ無くても観て良いんじゃね?…ドギマギ)

探す棚は、「邦画 新作 エロティック」です(笑)
(良い子のみんな!探せるかな〜?)

最期に…
スライム乳と言えば、そう…

小向美奈子、ですね(笑)
(何でやねん)

あー!ダメダメ!!
「小向美奈子 画像」で検索しちゃ!!
(すんごいの、出て来ちゃうから)

「澁谷果歩 画像」はOKです(笑)
(これもまた、すんごいの…出て来ます)

あ、こんな変なレビューに「いいね」は要らないからね(笑)
(読んでくれるだけで嬉しいです)

ジャケ絵が出てないから、ホームページ載せておきます〜☆
(http://starboard-pro.com/tsukiyo-no-koiwazurai/)
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
『I love you』あなたはなんて訳しますか?
愛を表現する形は人それぞれで
「ずっとそばにいてくれないか。」と訳す人、「君のためなら全てを捨ててもいい」なんて人もいたりしますし『I love youの訳し方』なんて本もありました。

このお話は年収150万の男のアイラブユーなのです。純愛エロ映画

なかなか定職につけない主人公は従兄弟の会社をお手伝いするぐらいしか仕事が無く年収は150万がやっと、体は弱いし自信はないし、そんな彼が河原で一目惚れするんです、相手は1回300万円の高級娼婦だとわかると俺なんて相手してくれないよと肩を落とす主人公に従兄弟は「金貯めて会いに言ったらええやん!」と背中を押すんです。
もうそこから主人公は一所懸命に働くんですよ、最近 沖縄の働かない奴の映画観たせいかこっちも頑張れー頑張れーって応援しちゃうぐらい一所懸命。
さぁ彼の恋は実るのか?って内容

もう一捻りして欲しい気はしないでもないが良いんです、濃いぃー味付けがされてるから良いんです。

まず語り部を義太夫がつとめて 出だしから大丈夫か?これってなりまして、んで出てくる登場人物たちも変なテンション、でも観ているとだんだん会話にリズムが生まれ引き込まれてしまう。

主人公の周りの人達の優しさにも胸を打たれます

ヒロインを演じたのは元東スポの記者であの大谷翔平の担当もしたという異色のKカップAV女優 澁谷果穂
大谷にKカップをあてがうとは東スポもやるななんて思ったもんですが彼女も引退を迎えるそうです。
やわ乳太夫の名に恥じない やわ乳っぷりでした。お疲れさん
つおし

つおしの感想・評価

2.7
とりあえずやわ乳というのはその通りだった。
思いっきりやわい。澁谷果歩のおっぱいに惚れました。
結城 恋の艶やかな雰囲気もよかった。
荒木太郎感がバリバリの新作でした。
今回は勇気をもって書き綴りたい!!

大変意外かも知れないですが、私は年に1、2回ピンク映画館に足を運んでおります!!意外過ぎてすいません。
ピンク映画館はですね、、橋本愛も通ってたというくらい可能性に満ちた空間なのあります!!が、しかし彼女が通ってたのは今は亡き新橋ロマン劇場。あそこは閉館する直前に2回行きましたが無茶苦茶入りやすいし、最後だったからでしょうか、お客さんもすごくマトモでした。。

僕が2013年から年に1、2回通っているというピンク映画館は…上野オークラという映画館ですよ。数年前に3億だか5億だかかけて改装しキレイにってますが…正直行って客はむちゃくちゃキタナイ。。(自分含む)

館主は紳士的なイケメンおじさんで毎回ピンク映画の情熱と未来を語ってアツイ男ですごく賛同できるし…僕自身ももっと若い世代に認知してもらいたいと思ってるんですが…残念ながら現時点であの空間に知り合いを連れて行く気にはなりません。
ハッキリ言ってまだまだ恐ろしい場所である事は間違いありません。興味本位の女性には足を踏み入れてほしくないですし、とんでもない事が起こるでしょうよ。。もどかしい思いですよ!!

ちょっと長くなるので館内の件については後日話すとして…

この『やわ乳太夫 月夜の恋わずらい』が素晴らしかったのでそこを伝えたい!!

僕はこの荒木太郎というピンク映画監督が大好きです。もう一人好きな渡邊元嗣監督はユルいギャグ路線を得意としてるのですが、、荒木太郎監督は人情とか哀愁みたいなのを得意としてるのです。エロではあるけどもはや山田洋次と変わらないんですよ!!

今回の主演はピンク映画初出演の澁谷果歩!Kカップ!!ハッキリ言いましょう、この子を見に足を運んだんですよ!!
最近、LINEなどで僕が打った[渋谷に集合]とかが[澁谷に集合]になってるかも知れませんが、それが彼女の名前を検索した名残だと思います。ご了承下さい。。
[おっぱい大きい=おバカ]みたいな図式を見事にぶち壊すインテリ女優で英検1級、TOEICを満点取ったとか言ってたけどマジなんだろうか。。

そんな彼女が高級風俗嬢役で一晩なんと300万!
主人公の男性は偶然道でみかけた彼女に一目惚れ!
年収150万なので2年かけて彼女に会いにいく決意!
しかしオヤジや仕事の上司などの援助もあり早めに会いに行ける事に!!
皆に見送られながら風俗店に行くシーンが泣けますよ!!

純愛ドラマな訳ですよコレは!!

事情を知った澁谷果歩が300万を立て替えてくれて、その300万でまた会いに来て下さいというくだりもまた最高!!

ここからさらにヘンテコな展開になっていくのですが…とりあえず痺れました!!もちろん揺れるKカップにも痺れます。

ちなみに上野オークラが独自に配給する映画をオーピー映画と言います。去年はついにオーピー映画のカラミのシーンを少なめしたバージョンがテアトル新宿で上映されました!

今作はそのオーピー映画の中でもベスト3に入ってくるくらい好きです!!テアトル新宿とかで流すなら絶対、荒木太郎監督か渡邊元嗣監督の作品をやればいいのに。。

まぁ見て!と言ってもなかなか見るチャンスはないと思いますが…何かの縁で見れる時はチェックして見て下さい!!
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
月に帰るオチかと思ったのに。
弾けないギターを弾かせるのは良かったけど絡み中にBGM入ってくるは良くないと思った。
しかし人気女優使うにはここまで持ち上げないといけないのか〜