Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands: War Within the Cartel(原題)の作品情報・感想・評価

Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands: War Within the Cartel(原題)2017年製作の映画)

Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands: War Within the Cartel

製作国:

上映時間:32分

2.8

「Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands: War Within the Cartel(原題)」に投稿された感想・評価

UBIのオープンワールドゲーム『ゴーストリコン ワイルドランズ』に影響されたという短編。どうやらゲームの前日譚になるようだ。凶悪な麻薬カルテルとカルテルの女と結婚した潜入捜査官が話の軸。顔中にタトゥーを入れたカルテルの親玉や無慈悲な女幹部、変な科学者?とキャラが立っている。惜しむべくは30分でそのキャラを生かすのは無理なこと。潜入捜査官もこの手のジャンル映画でありそうだねーくらいの平凡なもの。ゲームをやってれば面白い短編なのかもしれないが、私はやってないからさっぱり分からない。プレデターと戦えるのは面白そうだけど、UBIのオープンワールドはやること変わらなくて単調なのよねーこれが未プレイ者への販促になるかと言うと疑問で何故にこれをアマゾンプライムに?これに比べるとバイオハザードのCG映画は単体で見てもそれなりに楽しめるので偉いと思わされた。

UBIはFar Cryを映画化してくらさい。モラトリアム青年が類い稀な殺人者の素質を開花させる3かパガン・ミンおじさんの愉快な内戦模様の4を。何?ウーヴェ・ボルが1を映画化してる?忘れたまえ。
digagig

digagigの感想・評価

2.9
字幕が見辛くところどころ間違いが
そして一番の問題はこのゲームを知らなかったこと
32分と短いが映像はよく出来てる
あとで調べてゲームのプロローグ的なものだとわかった。なっとく
記録。
短編映画なのにクオリティが高い。ゴーストリコン最新作の前日譚ということで観てみたけど、これはゲームを買いたくなった。
あえてゴーストたちが登場せず、ラストで「カルテルがアメリカと戦争をするならば、彼らが相手になる」といって登場するシーンがめちゃくちゃイカしてた。本編やりたい。
ひじい

ひじいの感想・評価

3.2
映画を撮りたくて仕方ないUBISOFTによるトムクランシー監修のゲーム「ゴーストリコンワイルドランズ」の前日譚。

アサシンクリードよりこっちに力入れた方が面白くなりそう。
Ubisoftお得意のゴーストリコン ワイルドランズの実写マーケティングフィルム

ゴーストリコン ワイルドランズの話の前哨と言う感じ。
ゲーム購入者であればプレイする際により一層ストーリーを楽しめると思うし、逆に未購入者が観てもゲームをプレイする前だとワクワクするかもしれない。
30分はちょっと詰めすぎだけど個人的には楽しめた。
パッケージからCGアニメかと思ったら、まさかの実写!

ゲームに繋がる前日譚で、リッキーサンドバルの物語。
プロパガンダの指導者やエルスエーニョの再現度高いし、連続ドラマ化してほしい。