セレブリティ 欲望とセックスの罠の作品情報・感想・評価

「セレブリティ 欲望とセックスの罠」に投稿された感想・評価

同時進行で見せる映像がとても上手でサスペンス性が高かった。
人物をぼかして、物にピントを合わせる画面が多かったんやけど、好みドンピシャやったから高評価です。

映画の画面構成とか、映像とかそういう系勉強してる人は絶対見た方がいい。
漫画家志望の私ですら興奮したから!
Shizka

Shizkaの感想・評価

1.1
最低の映画。こういう映画に出るならおっぱいくらい出す覚悟ででろ、でなきゃ濡れ場も見せるな。


ストーリーはマイケルダグラスの焼き直し、最後に女はヒロインになり、かわりに議員になる? クソか
最近何かとワイドショー賑わさせてる不倫モノ
内容は特筆すべきところはないオチももう少し夫婦の背景を掘り下げれば違った印象を受けたと思う。
妻が夫に不倫を打ち明ける場面で妻が逆ギレしてるところが一番面白かった。
reiko

reikoの感想・評価

1.0
ミラ・ソルヴィノが久し振りに出ていて観賞。
邦題が微妙だけれどサスペンス系で、一応最後にオチはある。
miho

mihoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いけないことをやっているハラハラ感
それがバレそうなドキドキ感
始終ソワソワ笑

ヴィクターの気持ちもヴェロニカの気持ちも分からんでもない…
自分だったらどうすんねやろと思いながら見れました。

不倫が悪いとかいいとかどっちも思わんけど、相手がどんな人か分からんと関係を持つのは自分に損。
相手の人となりなんて何年一緒におっても分からんもんかもしらんけど…

ただ最後、本間にあれは最初からヴェロニカの作戦やったんやろか?
もし最初からやったらヴェロニカすげーわ
感想川柳「もう一度 踏み込む前に 考えて!」

予告が気になって観てみました。φ(..)

精神科医のヴェロニカは、政治家の夫ジェイクと娘リジーと3人暮らし。何不自由ないセレブリティな生活をしていたが、夫の不倫スキャンダルが取り沙汰される。嘘の情報だと信じ込むも、仕事で謀殺されている夫との仲が思うようにいかないヴェロニカ。アートギャラリーで出会った彫刻家のヴィクターを思いつきで食事に誘うと、ミステリアスな雰囲気のヴィクターに魅了され、二人は一線を越えた関係に…というお話。

いわゆる政治家の奥さんが火遊びをしたら泥沼化しちゃった系の話だと思ったら、実はちょっと捻られてました。( ̄ー ̄)あの全体に漂う違和感はそういうことだったのか(。´Д⊂)そういえばパッケージも…。

政治家の妻で精神科医がこんなに簡単にズブズブになるのはおかしいと思ったんだよな〜( ´_ゝ`)間に挟んである事件後の対談もわざとらしい感じだったし。((((;゜Д゜)))

ドロドロが苦手な自分でもそれなりに楽しめました。(。-∀-)

不倫ってホントにやるもんじゃないなと再確認。(;゜∀゜)ワンナイトラブでも相手によっては致命傷(*_*)実はどんなモンスターかも分からんし。
B級作品の単純なストーリーかな〜〜って思いながら見よったけど最後の最後にゾッとしたやば、、

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞致しました。。

***エロエロ投稿エロレビュー第3弾では有りません!!!!!

((いくつに成っても年を重なっても・年齢を重ねても女性(女)は、恋恋恋恋・愛されたい・性とセックス・アブノーマルな事をしたい!!!!!「ヤリたい」女性は年齢層が有っても「女」で在りたい!!!!!!🌹🌹🌹🌹))

***でも男性も男も男で・・・「性」の虜やチョット小悪魔(的)な金髪の女の子・金髪ではなくでも「ホットパンツ」を着た・・・・履いた「女の子」が「男性により付いて着たら」「メロンの🍈🍈様な大きい胸を魅せられたら・・・・・」口紅💄💄をいやらしく滑らかに初々しく塗った口で、「ペロッと」魅せられたら男性(男)(男)でもホォイホォイホォイと付いて行って・・・・いやいや・・・・そこわ・・・・・🍯🍯🍯

「セレブリティ 欲望とセックス(SEX)の罠 」 (セックスの(SEX)英語)、はこちら側が勝手に書き込んだだけで有ります笑笑笑。実際には、入ってません。
「セレブリティ 欲望とセックスの罠」で御座います。(((レンタル屋さんで借りまして鑑賞致しました。)))なんとレンタルの本数一つしか、一本しか置いて有りませんでした。他の所ではどうかは分かりませんけど。

フィルマークでのパッケージから見てスゴォイ笑笑笑もう男女感想で、ハァハァハァハァハァ❤️❤️❤️🏩🏩としてます。でも有り難う御座います。どんな感じ感じかと思い思い楽しみ楽しみで有りましたけど・・・・・・・・

監督:ジョン・スチュワート・ミュラー(2作品・
監督で・・・・・)監督・製作・脚本の3つを全てしたそうです。セレブリティ 欲望とセックスの罠。

キャスト:ミラ・ソルヴィノ(全37作品)
ケイリー・エルウィズ(全41作品)
クリストファー・バッカス(全4作品)
キャサリン・マクナマラ(全5作品)
キャサリン・マクナマラさん。(女優さん++αα歌手・21歳の金髪の女の子で有ります。スキャンダラスな情勢はまだ見受けらません。付き合ってる男性は無し????・・・***メイズ・ランナー 2 砂漠の迷宮に出演してたみたいです。舞台出演歴も有り)

リサ・ゲイ・ハミルトン(全16作品。マーセル・ランゲネッガー初監督作品???の「彼が二度愛したS」にも出演してました。
この「彼が二度愛したS」出演者が意外に以外に豪華豪華で有ります。なんとあのあの「ヒュー・ジャックマン」も出演します。この「彼が二度愛した」近々????鑑賞をしまして感想レビュー投稿しょうとは思ってます・・・・・・・!!!!!
メローラ・ウォルターズ(全13作品)

**フィルマーク・調べでの今までに、出演をしました映画の数で有ります。数字の意味わ。もしかしたらもう少し調べましたらチョコチョコと出演されてます映画もあるかも知れません。。!!!!!

上映時間:99分

アメリカ作品🇺🇸🇺🇸🇺🇸。アメリカ作品のテレビ専用に向けられた作品で有ります。女性向けに造られました映画。女性専用チャンネルLifetimeと言います局で放送されたみたいです。「R指定付き」で放送されたみたいです。色々な場面場面で過激過激過激が有るみたいです。アメリカ版のRはどんな意味があるかは、「アメリカ映画 レィテング」で検索を掛ければ出てきます。wikiなどでもしくはアメリカにおける映画のレーティングで検索を掛ければ、分かると思います。

ジャンルはサスペンスと成ってます。

上映時間:99分

日本配給:アット・エンタテインメント。最近力を付けてる所で、午後3時の女たちや愛の囚人・顔のないヒトラーたち・最強サイボーグXやナイト・ライト。シン・ジョーズ・ペット・檻の中の乙女・グッド・ネイバー・呪怨館・インビテーション・ストーンウォールなどなどを出してます会社で有ります。

チョット場所がニューヨーク感が有った設定・舞台だったので御座いますけど舞台設定と成ったのは、「ルイジアナ州の((ニューオリンズ))」と言います所で有ります。

ストーリー性は・・・・・
精神外科医(分析官)としまして働く女性・ヴェロニカとその夫と成りますジェイク(市会議員で中間選挙で当選を目指してます夫で有ります。「銃を規制」した方が良いと言います「声」を上げてます上げてます。でもこのジェイク不倫疑惑規制が取り出されてる((まっさかなか))で有ります。そしてそのヴェロニカとジェイクの娘金髪の女の子リジーの3人暮らしで有ります。娘リジー青春青春青春真っ最中で有りまして、恋もしたいオシャレもしたいそして自分のチャーミング(チャミー的な)部分を世間に魅せたいと言います女の子で有ります。チョット危ない橋や誘惑にススススッッッッと行ってしまいます・・・・・・そしてヴェロニカとジェイクの関係は上部ツラツラは幸せそうでは、有りますけどジェイクがヴェロニカに対してイマイチ、女性としてのあり方や「性」としての女性を見なく成ってしまい、ヴェロニカは欲欲欲欲に対しての不満不満不満が持ち上がりに持ち上がり気味で御座います。もっともっと女性として「女」としてジェイクに魅てほしい・・・・・「性の魅力」を・・・・。そん中想い思いで、そして家族3人を引き連れ芸術家館が集まります、「パーティー」に画廊ギャラリー行ったので、御座いますけど・・・・・、そこで彫刻家で有り女性の写真を撮ることが好き好きそして芸術家で有りますチョット危険なマゾ??サディスティック・サディスト???危険で甘い甘い蜜がするミステリアスな男性「ヴィクター」と出逢い出会い、その香りさに魅了・取り憑かれ・・・・少しづつ会って行きます。たった2日開で夜のバーではダンスダンスダンスと体を密着密着密着体としたりもう手と手を繋いじゃって・・・・そしてそして遂に一夜を❤️❤️❤️共にしてしまいます。体と体の関係を合わせて合わせて・・・・夫は選挙関連で遠出の最中で有ります。。キスキスキスキスをしたり・・・・・チュチュチュチュチュチュッッッッ

ヴェロニカさんは、古い古パッチな男にには、若干多数でウンザリとしてますヴェロニカ。。でも、このヴィクターと言います男性とお陰でヴェロニカは「女性としましての???女性としての嬉しさや喜びそして「性」や「快楽的な部分」を取り戻しつつ女性の「自信」を取り戻しつつ有るので御座いますけど、直ぐさまにその部分が後悔後悔後悔の念に押し戻され「ヴィクター」にもう「二度と会わないで」とポイ捨て状態に振りあわさせられてしまいます。家族の関係まで有りで・・・・娘の存在感も有り。この態度や発言に「ヴィクター」が激怒激怒激怒激おこプンプン丸o(`ω´ )oo(`ω´ )oと成ります。でもヴィクターがヴェロニカを求めて来ましたら、ヤハリ女性としましてのあの味わってしまいました、ハァハァ感性としましての快楽感???・甘い甘い蜜感が忘れらずにヴィクターを受け入れる事も有ります。
でも徐々にヴィクターは方向性を変えヴェロニカの娘「リジー」を標的とします。そして遂には遂には夫のジェイク迄に。
そして遂に火蓋が・・・・三つ巴の三つ巴いや四つ巴四つ巴に成ります。ヴェロニカ(妻)vsヴィクターvsジェイク(夫)vsリジーとの戦闘戦闘闘い闘いが始まります。娘のリジーも参加加わりまして笑笑笑旦那さんも++で有ります。さぁさぁ勝敗は最後の栄冠に輝くのは一体一体誰???👑👑最後の勝利を納めるのわ・・・そしてラストへ・・・ラストのラストの会話は少々少々と印象的では、有ります。でも、まぁ驚きも何も全く無いごくごくごくごく普通の不倫物の映画で有りました。。!!!!!面白かった・・・・カナ?????とは思います・・・・・・過激過激過激と言う文面をインターネットで見つけたので御座いますけど・・・・・ラストまで見た結果はそうかな???と思います。。そこまで過激とは「エロティシズム」「エロティック」な所は有りません!!!!!コレは凄い!!!!!エロいと言うのは・・・・・有りません。。!!!!読み取り加減が取れない・出来ないエロ差です。。チョット「SMチック」な場面場面が有りましておッッッッこれわとは思いますが・・・・・全然・・・・まぁ、ハァハァハァハァ❤️❤️❤️❤️は、いくつかいくつか有りましたけど・・・・・「裸体」はアンマリと・・・・・・「手ブラ感ヌード」はチョロチョロと・・・・・「お尻ヌード」は無し無し、
模擬模擬(擬人体SEX)、。。

アメリカの独特的な独特的なチョット危ない匂いがします笑笑🚬🚬🚬🚬のシーンが有りました。男女感で楽しむ愉しむ愉しむと言ったシーンがチョロチョロと

でも服装から見え隠れ見え隠れする「ヴェロニカ」の「豊満な」「豊満な」「乳」には、ファ〜〜〜〜〜モフモフファ〜〜〜〜〜(*´∀`*)(*´∀`*)と成りました。!!!!!!

***オープニングからは最初から飛ばし飛ばし飛ばしでエロ要素やハァハァハァは有りません。徐々に徐々にと・・・・・・

映画の中で、精神科医(分析官)のヴェロニカさんの意見::(不倫も浮気も女性観点としましては(しましては)恋愛感・恋の一種と同じ。イメージ感が有る。女性観から見ました女性側に立ちました不倫や浮気は一部分的に一部分的には、賛成??と言います「小悪魔」的な言論的な部分は有るそうです。。

「大人の世界も学校(高校)」も同じなのよ。同じ!!!!!

スコアは考え中で御座います。追って追って改に改めてスコアを付けます。。

まぁ時間が開いている時?????にでも見れば良いのでは無い感が有りました映画で有りました。全体的な要素要素としまして、感覚的・感触的にう〜〜〜〜ん、何とも言えない感が有ります映画で御座いました。感想的には、のこ・・・・(ら)・・・・無い感じで有ります、。。