未来戦士アマゾネスの作品情報・感想・評価

未来戦士アマゾネス2017年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

2.4

「未来戦士アマゾネス」に投稿された感想・評価

未来世紀アマゾネスの続編。続編というが、同じ時系列を別視点で…ということですが、まぁぶっちゃげ一緒に撮影して2つにわけただけだよね!っていう。

ラストの展開だけはなんというか、うん。予想外でした。
内臓はGOODです。ブタか牛かその辺使ってるのですかね?GOODです。
あと多分、そんなこという人が十字架持ってるとジハードされますよ。
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

3.5
シリーズ友松
※注:一部のホラーマニアには壮絶なネタバレ

女だけの都市国家「女尊(アマゾン)シティ」で、捕獲した男を生物兵器に改造する計画が進められていた。研究員のキミコは“実験動物(ケンタ)”の飼育係を命じられるが…

へっぽこエログロアマゾネスシリーズ第2弾!

前作「未来世紀アマゾネス」の続編というより、前作とまったく同じ事件を、別の視点(研究員キミコ)から見るというサイドストーリー。
※わかりやすく言うと「お嬢さん」の二部目みたいな

サイドストーリーというとカッコ良さげだが、80分ほどの尺に数分のオープニングが前作と同じ…

本編の約2,3割くらいが前作のフィルム流用(´Д`)※同じ展開なので…
低予算にもほどがある!

しかも研究員が主人公のため新規アクションほぼなし(゜ロ゜;
※新規ハードエロは2シーンあり

アクションもなしにエロだけ映画かと思うでしょうが…

本作の展開のメインは、研究員キミコと捕虜のケンタとの「ちん子問答」である( ロ_ロ)ゞ
大半がちん子トーク。

論理的に「ちん子不要論」を唱えるキミコに対し、歴史的事実を例にこちらも論理的に「ちん子必要論」で立ち向かうケンタ。

一見あほな「ちん子問答」だが、これが哲学的でかなり深い(;゜∀゜)
友松監督のちん子への熱いメッセージが込められている。

なるほど…歴史上登場したすべての武器「弓や槍、鉄砲、ミサイル」など相手に突っ込んで行く武器はすべて「ちん子」がモチーフだったとは!?φ(..)メモメモ

しかし、それだけでフィルム流用手抜き続編の評価が前作を上回るのか?
否!

本作の真の恐ろしさは、ストーリーが一気に逆転する後半約10分に隠されている( ;∀;)

なんだ!?このあほあほイカれジャンルチェンジは?(;゜∀゜)
こんな終盤は読めない‼あほすぎる!

何が起こるかは…あまりに恐ろしくてネタバレできない(。´Д⊂)
恐怖に恐れおののくか爆笑か苦笑か…

この前代未聞の恐ろしさ?は実際に観て体感してほしい!

ヒントに似た映画を上げろ、と言われるとちょっと難しいが…
伝説のエログロ映画「美女のはらわた」に似てるかも…とだけ言っておこう。

本作最大のメッセージは
「神に与えられし聖なる"ちん子"をないがしろにするものは、ちん子により無慈悲な報復を受ける」だろう。←たぶん

あ、エロの話ですか?
主人公の希美子さんは、AV出身なのかどうかもわかりません。
映画は初主演?

おつぱいの大きさは○ですが、全体的にお肉が多めですかね(゜ー゜)
ふくよか好きさんにはいいかも。

男女の絡みが1回、希美子と真木今日子の百合が1回。
今回は真木さんがちん子ディルドで激しく攻められます(*/ω\*)必見!

オチは極一部のホラーマニアにしか伝わらないと思うので、あえてマニアック映画名でチラッと言いますが…
「モンスター・パニック」