だりあ

スリー・ビルボードのだりあのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.5
脚本家志望なら観ておけ、と推されて
Blu-ray購入、昨年最後の一本になった。

老女・ミルドレッドが未解決の
娘殺害事件に業を煮やし、警察を批判する
三枚の看板を出す。
それが町の人々を動かし事件は進展して
いく。

とにかく伏線の張り方と回収が鮮やか、
人物の役割が無理なく変わっていく脚本の
技巧を存分に堪能出来た。
個人的に主人公が前半ミルドレッドから
後半、「彼」にスイッチした印象。
重苦しい物語ながら、ミルドレッドの
とんでもない行動に少し笑ってしまう
場面もあり、多角的に多重構造な作品
だと言えるだろう。

惜しむらくは「これでいいのか?」な
ラストでスッキリしなかった事だが、
意外性と伝え方の模範となる脚本術は
今後の糧にさせていただきたい。
傑作である。