スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

重いし偏屈な人多いから心に余裕がある時に見るべき
これに限らず、完璧に終わらせない作品ほど印象に残ると思う
ちなむ

ちなむの感想・評価

3.5
被害者や被害者の家族が事件後も傷ついて我慢して生きていかなきゃいけない世の中だよなあってつくづく思った
HolyCrap

HolyCrapの感想・評価

4.2
色んな感情が出てきて言葉にするのは難しい

最初のシーンから引き込まれた

このミズーリ州っていうのが実は重要
土地柄アメリカのダークな問題、人種問題や労働者階級、タブーな問題がはびこってる
タイトルロゴもミズーリ州の形になってる

3人のキャラクターも凄い良くって
それぞれみんな闇があって引き込まれる

会話がどれも素晴らしかった
ブラックユーモアも踏まえながら
深い会話だったし
「怒りは怒りを来す」の言葉も意外に
もあの人の言葉だったり

好きな
ケレイブ・ランドリー・ジョーンズも
出てる
なんとも言えない演技が魅力で
いい味出してた
オレンジジュースのシーンは最高

FOX SEARCHLIGHT MAGAZINE vol.10

仕事メモ
バーのブリックウォール
eriko

erikoの感想・評価

3.5
登場人物が割と皆しれっと過激な行動にでるのでビックリする。
ここまで極端に行動を起こすかはどうかとしても、それぞれの立場に立ったらきっとそれぞれの登場人物と同じような気持ちは誰しも湧き上がってくると思う。
花子

花子の感想・評価

3.0
ヒューマンドラマと取るにはインパクトに欠けるというか、うんうんと思いつつ色んな要素が散りばめられ過ぎてて映画として入り込めなかった。単純に合わない
テンポ良く進んでいく中で登場人物ひとりひとりの背景を細かに想像させる作りは凄い。元旦那がテーブルひっくり返してすぐ戻すシーンは笑っちゃった
おさる

おさるの感想・評価

4.6
衝撃。空いた口が塞がらない。
まだまだ人種差別が残る田舎町での出来事。署長、警察官、被害者家族、その友人たちそれぞれがそれぞれに影響を与え、ラストシーンに繋がる。軽やかな音楽とは正反対の状況が不気味で、でもどこか清々しかった。
これはすごい映画です。今更ですが。フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェルとかもう曲者しか演じたことない人集めてるじゃん。混ぜるな危険だよ。

フランシス・マクドーマンドは癖の強いお母さん演じさせたら右に出るものはいないね。女の子を蹴るシーンは衝撃。ファーゴで子供が生まれて、あの頃ペニーレインとでああいうお母さんになって、本作でぶっ壊れるみたいな流れを勝手に想像できる。

ウディ・ハレルソンはそうきたか!!詳しくはいいません。奥さん美人だなあ。

サム・ロックウェルはなんといってもあのノーカットのシーン、からの病院でのシーンが泣かせるなあ。あの瞬間だよね、大事なのは。あと手紙か。お母さんはダメだなあ…。

ルーカスヘッジスがそんな中大変まともな役で出ているのも微笑ましい。

そしてこの映画最大の主人公は脚本ですね。間違いなく。個々のパーツの驚きと見事な連携に感嘆です。上下左右に振り回される。

砂の多いところ、はマフムーディーヤ虐殺事件のことを言っているようです。
ykp

ykpの感想・評価

4.6
感想に困る映画。一つ一つ一人一人が救いようのないほど重いのにラストふふっと笑えた この余韻はしばらく忘れない、忘れられない気がする 人間は不器用だ_"許す心"は大切だと気付かされた
ukye

ukyeの感想・評価

4.0
ストーリーから察した通りのドタバタ展開
声出して笑えたり、思わず泣きそうになったり、とにかくシンプルに楽しめた

人は色々失くすと許せるようになるんだろうか…?最後のシーンで救われたというか、なぜか自分の痞えが取れた感覚になる
Maiko

Maikoの感想・評価

4.0
大どんでん返しとは違う、まさかの展開。暴力と憎しみの連鎖、そして赦し。真っ赤な広告、決して感傷的にしない音楽と演出が最高にクールで、ずっしりと心に残った。ラストシーンが好き。たとえ作りものでも、とても崇高な瞬間を目撃したんだと思った。
>|