スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

Rufice

Ruficeの感想・評価

4.0
怒りから許しまでの変化を丁寧に描いた映画。
緊張と緩和がうまい。リポーターにぶち切れるシーン好き🤣この口の悪さ日本語訳ではどうなってるんだろう?
ラストでMildredがやっと笑ったのがとても印象的だった。

“Through love comes calm, and through calm comes thought.”
やっと見た。思ってたのと違った!いい意味で!笑
最初の狂った感じから始まって、後半優しさ溢れる世界に持っていく監督すごい。
バイオレンスな表現と綺麗な街並みと音楽を流すアンバランスな作り方はマクドマンドさんの不安定さのメタファーかな?って思ったり。
ユーモアもあってなかなかシュールな作品だけど、脚本も面白いのではないと。
m

mの感想・評価

4.5
すごい映画を観た。
夢中になりすぎて周りに誰もいない感覚になったのも 劇場の明かりがついたのに呆然として立ち上がれなかったのも初めての経験だった。
ただでさえ濃密すぎると打ちのめされたのに、帰ってからもスリービルボードの世界から抜けられず 解説を読みあさっていたら、着ているTしゃつ、車を運転しながら口ずさむ鼻唄、ヘッドフォンで聴いてる音楽、すべてのものに意味があって ああ今すぐにもう一度見たいって気持ち
主人公が掲げた3枚の看板をきっかけに、憎しみや怒りが連鎖して物語を予想外の方向に転がしていく…。

破天荒すぎる主人公の性格も相まって結末が全く予想できず、序盤から一気に惹きつけられました。
サスペンスものかと思いきや、人間同士のドラマがメイン。サスペンス部分は最後までスッキリしないのでモヤモヤが残りますが、心理描写が上質でヒューマンドラマとして見ごたえがありました。

オレンジジュースのくだりは、ぐっときました。
しゃけ

しゃけの感想・評価

4.5
凛々しく強い母親だが、終始娘の死に対して怒り、悲しみ、後悔を抱いているのが伝わってきて胸が痛くなる。子供を亡くして辛い当事者のはずなのに敵だらけで自分なら耐えられないと感じる。
署長は嫌味も言うが心の綺麗な人だったし、ディクソンも署長の言葉によってはじめと終わりでは大きく変化があるのもいい。なんだかんだ母親とちゃんと向き合ってるのはこの2人だけのように思う。愛を持って人と接すること、とても大事。

※他の方のレビューを参考に真犯人考察を調べてみたらより物語に引き込まれました…。
裏どりもできていてその説が濃厚なんじゃないかと思います、、あー、騙されてた!!!
iwasyuji

iwasyujiの感想・評価

4.2
クライムと言うが犯人は誰だとか、真実はなんだとかその観点で見てはいけない。何故ならばこれはヒューマンドラマなのだから。
ウォーキングデッドが面白いのは、ゾンビが出てくるからではなく、その世界を生き抜く人々のドラマが面白いのと一緒。
多分そういうこと。
クライムサスペンスよりも人間臭いヒューマンドラマの印象が強い。何より登場人物みんなのキャラが濃くて魅力的でした。オレンジジュースと靴下のシーンが好き
けい

けいの感想・評価

-
手元にあった町山智浩氏の書籍に、「暴力という恩寵」という話があった。主人公や警官の暴力で周りが変わっていく。

ただ良い塩梅で「暴力」がデフォルメされ、一見かなりシリアスなストーリーだけど、コミカル要素もあって面白かった。
最愛の娘を無惨に殺された、ミルドレッドの気持ちで、犯人探しをしていたが、この映画には、犯人は存在しない。  
前半は、人種差別、偏見、憎しみ、怒りで溢れていたが、徐々に人への許しへと変わっていく。
広告屋は、殴られ、2階からち突き落し重症を負わせたディクソンを許し、オレンジジュースを与える。元旦那は酔った勢いで看板に火をつけたと話すが、ミルドレッドは怒りをおさえ許す。ディクソンは、やけどを負わせたミルドレッドを許す。それぞれが抱えた憎しみが許しへと変わる。
ミルドレッドが一番許せなかったのは、自分自身かと思われる。
最後は、道すがら決めることにした、二人 どういう選択をするのか。最後まで引き込まれた。
SHAN

SHANの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。
>|