スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

人望があり、末期ガンの署長を攻撃していいのか。いいんです。彼女は娘を殺されて署は犯人を挙げられずにいる。決してサボっているわけではないが。正義は一つではない。人々は署長に味方する。彼女は攻撃性を増す。被害者遺族に寄り添う考えの人も、どこまで彼女がすることに共感できるか。ラストはできれば、きっちり落とし前をつけて欲しかった。好みの問題だが。
his0809

his0809の感想・評価

4.0
つかみどころがなかった。

アカデミー賞もしくはゴールデングローブ賞の脚本賞受賞の匂いがプンプンしてくる。芳しくてね。

監督の過去作の『ヒットマンズレクイエム』と『セブンサイコパス』は
コメディと殺し屋もののアクション映画としてのバランスが良くて、
ゲラゲラ笑える。

しかし今作はちょっと違う。
確かにコメディのセンスはあるのだが、
明確な物語というものを映画自体は追いかけているようには思えなかった。

確かにわかるのは、これは西部劇だった。

三枚の看板から始まる物語。

芳ばしい映画だった。
ムチコ

ムチコの感想・評価

5.0
TIFFにて

面白かった。西部劇(というかイーストウッド)の型と、「赤」をはじめとした目配せ、ってまぁそうなんだけど、それよりわたしは人間がそれぞれ「まだら」(各人の中に強さも弱さも、冷淡さも繊細さも、無神経さも優しさもいっぺんにある)であることをこんなにたっぷり見せてくれたことに満足しました。
muu

muuの感想・評価

4.0
不思議な魅力が詰まった映画。ミステリー? コメディ? ラブストーリー?
音楽の使い方が強めだけれど、それがまたシンプルな映像と相性が良し。
2回目観たら、また違った発見がありそう。今のところは、狐につままれたような観了感。でもすごく良い。
tomoo1106

tomoo1106の感想・評価

4.2
東京国際映画祭6本目。

冒頭の解説でミズーリ州のアメリカでの位置付けや、アメリカ国内の現状の話を聞けて、映画への土台の知識を持って鑑賞できて良かった。

なんとも不思議な映画だった。ストーリーがどう進んでいくのか全く読めない。
登場人物が型にはまらない人とばかりで、それがすごくリアルにも感じた。誰だって良い人の面もあれば、キレて悪いことをする面もあるし。
悲しみや苦しさも連鎖するけど、救いや優しさも連鎖していくんだなぁと、みていて心が洗われた気がした。

誰かの些細な行動や言葉で救われたりしても、実際どう行動するのかは自分次第で、それができる人は強いな。
ふうこ

ふうこの感想・評価

5.0
@東京国際映画祭にて

観た直後は、なんだか微妙かも…と思っていたのに、なぜかこの作品が忘れられなくて数日。私が素直に受け止められなかっただけで、この映画は傑作です。

ただ、傑作な部分を言うとネタバレになってしまうもどかしさ……

これから鑑賞する方は、「娘をレイプの上に殺された母親が、犯人をいつまでも挙げない地元警察に業を煮やして3枚の看板を出す」という事だけを頭に入れて、先入観を持って観てください。

中盤から全てが〇〇〇ます。
小夜子

小夜子の感想・評価

5.0
無法地帯の町で殺された娘のために立ち上がる母。この町の"愛と怒り"の応酬に、どう話が転がるのか予測不能!これは現代版ウエスタンだよ!!!
taia

taiaの感想・評価

3.8
3つの看板が街中の人の運命を変える?!
CallMeByYourNameを応援していたトロント映画祭で、観客賞を受賞したという情報だけで見に行きました。

はじめは重苦しいクライム作品だと思っていましたが、以外にも笑いどころの多い、ブラックジョークの効いた作品でした。
比較的静かな?展開に反して、手に汗握るドキドキした緊張感に目を奪われます。

町山さんの上映前トークで沢山解説が聞けたので、ちょうど良い量の事前知識とともに見ることができました。以下その抜粋。(内は自分で調べたのとうろ覚えな内容。)

「トロント映画祭で観客賞を取った本作、実はみんなシェイプ・オブ・ウォーターが受賞するって思ってました。だってシェイプ・オブ・ウォーターはあのトロント映画祭で上映された映画館がちょうど舞台の映画だから。誰もスリー・ビルボードが受賞すると思っていなくて、監督さんも来ていなかった状況で、どうしてこの作品が観客のみんなに愛されたのか、考えながら見て欲しいと思います。」

「本作は何が起きるかわからない!というハラハラした展開がおもしろいので、あまり情報を入れずに見てほしいです。でも作品を楽しむ上でこれだけは事前知識として知っておいてほしいことを2つ、お伝えします。
1つ目は、アメリカにはミズーリ州付近の山中に住む、ヒルビリーと呼ばれる人たちがいます。(彼らはその生活、風習の独特さや貧しさから都市部の人たちから差別を受け軽んじられていた。)本作は、そのヒルビリーと呼ばれる家族の話です。
2つ目は、ミズーリ州はアメリカの真ん中に位置する州で、南北戦争の時は同じ州の人が敵同士になる事もありました。そのミズーリでは去年、白人警官が無実の黒人青年を射殺するという有名な事件があって、そのせいで「ミズーリの警官はレイシストだ」というネタがあるのです。」

主演フランシス・マクドーマンドさんの演技が素晴らしかった。きっとこれは登場キャストの過去作品を知っていれば知っているほどおもしろい人選なのだと思う。
でも知らなくても問題なくて、正直私はウディ・ハレルソンさんくらいしか知らなくて、彼も見た後に調べてやっと思い出したくらいだけど、充分楽しめました。プラスαのお楽しみ。

見終わった後に、結末についてごちゃごちゃ誰かと話したくなる作品。
飽きないように散りばめられた笑いの要素。最高でした。
分かりやすく面白い。映画初心者の僕でも見やすく最高の作品。

来年の2月に必ずもう一度観に行く!
すごく面白かった。映画としても、今のアメリカを知る上でも。トランプ氏を支持する多くの人々の気持ちって多分こういう感じ…?