スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

並男

並男の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

題材はハードでシリアス。そして人としてかなりダメダメな人が多いけど、見終わった後、優しい気持ちになれる不思議な作品。この映画に込められたメッセージって意外と単純。「相手を許せるか?」って事だと思う。
広告マンがオレンジジュースのストローの向きを変えるシーンはシンプルな演出なのに繊細で涙が出た。
綿木

綿木の感想・評価

2.5
見てる最中は「絶対に評価4.5以上つけるぞ!!」って意気込んでたけど、その意気込みをぶった切るようなタイミングでエンドロールが流れ始めた😂

ディクソンとレッドかわいいね😆
映画としてはハード風描写が続くせいで重厚良作に見えがちだが、実は其れを支えてたのは圧倒的には芝居巧者なサムロックウェルとフランシスマクドーマンドの存在感。本当にサムロックウェルはヤバい。マジで上手い。
 
 
びっくりした笑
内容すべてが衝撃で完全に引き込まれてしまった。今までのどの映画よりもいい裏切られ方をさせられたわ笑
jumo

jumoの感想・評価

4.4
ポスターからは想像できないほど心揺さぶるヒューマンドラマ、この115分の間で喜怒哀楽ぜんぶ出たよね
人間の可愛いところと哀しいところがぎゅっと詰まってて、やり場のない怒りをどこかに誰かにぶつけたい弱さと誰かのために強くなろうとする愛おしさでこんなに観てて苦しいことあるかなぁ…
なので白でも黒でもないラストにまた涙、自然と合掌しちゃった気さえする

(あと気の短いお父さんが食卓をひっくり返すの全世界共通なんだね!伝家の宝刀・ちゃぶ台返し)
Tomato

Tomatoの感想・評価

4.0
【あらすじ】
レイプされ殺害された娘。
犯人は捕まらず証拠も0、
動こうとしたない警察を皮肉った
3枚の看板を設置した母親。
その3枚の看板をきっかけに色んな人の人生が良くも悪くも動き出す。

【感想】
あんなこと言わなければよかった。
そんな後悔から生まれる葛藤や怒り
劇中にある「怒りは怒りを来す」という言葉が印象に残る。
爆発的なおもしろさではなく、
じわじわじわじわとくるおもしろさ。
最後は白でも黒でもない結末。
それこそがフィクションであって
作品の中のリアリティを感じさせる。
528491

528491の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

道道考えよう、というセリフに重要な意味があるように感じてしまう。物語が突拍子もない展開を続けるため、これからどこへ行くのか、今どうなっているのか、あれは何だったのかと、観客は考えることが多く、その思考の拠りどころや、助けになるヒントや、結論めいたものを渇望させられる。そこへ、あのセリフが来るので、そっかとなる。
ペンディングでも行動をしなければならない。故に失敗し、反省を活かすのは次回からで、過去に犠牲になったものは戻らない。
三つの看板が主人公の家からは裏返しで見える。こちらを向いていない。そこにも何か意味があるのだろうなと思いつつ。
オレンジジュースのシーンは、毒でも入れたかと思ってしまった。
xoxo

xoxoの感想・評価

4.1
7ヶ月経っても殺害された娘の事件を解決してくれない警察に対して苛立ちの気持ちを看板3つに皮肉たっぷりでかでかと載せた母親のヒューマンドラマ🎬
(母親はつなぎ着て頭にバンダナ巻いててカッコイイ!ほとんど笑わないけど、戦う姿勢を強く保とうとしている姿が死んだ娘への愛情に見えて女性としても応援したくなる)
.
失踪した犯人以外は誰が悪いわけでもないのに愛情に包まれた怒りや悲しみや葛藤をぶつけたりぶつけられたり、、、
.
.
こーゆー事は自分たちや身近で起こりうる可能性は十分にあるだけに、とても人ごとに感じられないテーマだったと思う。
NaoyaIsobe

NaoyaIsobeの感想・評価

3.8
広告を契機に発生する一連の出来事は観ていて飽きないが、特に教訓もないまま終わる。終わり方もすっきりしない。
重い。
そして、途中途中に入るブラックユーモアが最高。
映画のエンディングの後がハッピーでありますように。
>|