スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

そんな終わりかたありかよ、、、、なんで脳天ぶち抜いて終わらせないの?うわぁモヤモヤしかない
ShotaOkubo

ShotaOkuboの感想・評価

3.8
罪と贖いの物語。

人間の内なる変化(或いは知られざる一面)を緻密に紡ぎ出していく脚本が素晴らしい。

嘗ての過ちを含めた後悔の集積をこそ、個々人固有の人生だとするならば、それを悔い改め、利他的に振る舞おうと再起する姿は掛け値なしに美しい。
メッチ

メッチの感想・評価

3.5
犯人が誰なのか気にはなりましたが、この作品の本質は実際に起きた事件や差別問題を訴えかと思います。

とある町に住む少女が強姦のうえ殺害されるといった実際に起きた事件を題材にしたかのようお話だったので、犯人は見つかるのかどうなのか?といったような緊張感がありました。
主人公のお母さんは一見頑固かと思いきやそうとも言い切れず、警察の署長にも頭こなしに怒りをぶつけているわけでもない。なんと言えば良いのか、信念のもとに突き進んでいるかのような。家族や元旦那さんに対して突っ撥ねるような姿は、別作品の「空白」のお父さんに似てはいましたが、冷静になるところは冷静になる。もし我が子がそんな目にあったらどう現実と向き合えばいいのか?そんなことを訴えているかのようです。

しかし、この映画の本質は犯人探しやではなく、アメリカで実際に起こった事件や差別問題を訴えた作品なのかと思います。
作中にサム・ロックウェル演じる警官がやたらと差別的な発言が多く、その母親も同じく差別的発言が多かった印象がありました。実際にある村ではないと思いますが、モデルにしている村では今もそういった風潮はあるのでしょうか?別作品の「アンテベラム」も似たことを訴えているので、そこが際立って見えました。

近年では、人種差別や女性軽視を扱った作品は多いため、私はその情報に触れる環境にいるから情報が入って来ます。でも、その問題に触れ合うことのない環境にいれば?話が違ってくるのでしょう。
ゆきみ

ゆきみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

真正面から向き合うことで少しずつだけど紐解いていけることもあるんだなーと。おすすめして貰って課金して観たけど課金するほどではなかった
なんでしょうか、面白い

ただ完全にはスッキリもしない感じ

果肉入りのジュースを美味しく飲み切って最後に、まだ一粒残っている感覚というか。

何が言いたいかって言うと、遊び先でカレーはハズれはあんまないってこと。
とりあえずカレーで良くね?ってこと。

ストーリーとそこからのエンディングは面白いし、登場人物それぞれの葛藤。それらをしっかり描写していて、映画としてはよくできていると思う。
この複雑な感情が入り交じる起承転結を物語として成立させていて、あのエンディングに落とすのはすごい。



ただ、自分向けではなかったかなー。

もうみんな汚い言葉で罵り合って、みんな喧嘩して、血を流して、勿論それが要素にはなっているし、激しい感情のぶつかり合いと、その中でどうやって落とし込み、赦し生きようとするのかという部分が見どころだと思うんだけど。

それを楽しむ以上に自分はみていてひたすらきつかった。
人間なんてそんなものかもしれないけど、とにかく主人公含め一部の登場人物数人が本当にひどい。
みんな自分自身のためだけに怒りをぶつけている。
感情の機微は理解できるけど、なんの共感もない。
ひたすら怒りで満ちた120分
そうでもない人優しい人ももいるんだけど、そういう人はみんな怒った人の被害者。
感情を露わにしてぶつけたほうが得な世界。


現代社会でくらす人間らしい一面。
話は荒唐無稽さすら感じる、共感できない人たちばかりだけど、多様ではあって、まあその渦に巻き込まれるのを楽しめるかが分かれ目なのかな。


1番のクズと思われている火傷した警官と、並ぶほどのクズになる主人公。
その二人がどう生きるかという、ほのかに光が見えたようなエンディングだけど。
ken

kenの感想・評価

4.1
終わり方好き!
悪人はどこにでも居るし遭遇しない様に気をつけないとダメだ
ナナ

ナナの感想・評価

3.9
世の中の不条理さと愚かさやるせなさと...
色々と悶々とさせられた。
悔やんでも悔やみきれない、どうしようも出来ない無力さ、とにかく辛すぎる。
でも、意外と世界はちょっと優しいって気づかせてくれる場面もあって、苦しさだけじゃない人間ドラマだった。
モヤモヤは残る終わり方だったけど、凄く意義を感じる終わり方だった。
Ayako

Ayakoの感想・評価

3.8
フランシスマクドーマンドとサムロックウェルがアカデミー賞受賞したのも納得。
ラスト10分のところでこんな終わり方?と終わり方に不満なところがあったけれど、あれはあれでいいのかも。
オレンジジュースのところちょっと感動。
サスペンス系かと思いきや人間ドラマ。
みんな人間臭さあって、最終的にはみんな自分を省みて優しさも感じられる。見応えあった。
oshunshun

oshunshunの感想・評価

4.2
話自体は相当シリアスなのだが、コメディっぽい要素も多くて、かなりダークだけど、見やすい。
ただ、怒りが呼ぶのは怒りであることを突きつけられるのは堪えるね。
>|

あなたにおすすめの記事