スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

nabecchi

nabecchiの感想・評価

4.3
エンドロールが始まった瞬間、「マジか」と言ってしまった
この観終えた感覚はすごく新鮮で良かった
役者の演技力が、凄まじい
音楽もなかなか良かった
みんな何か抱えてて、でも答えはどこか分からなくて、それでも信じるものがあって生きていく
そんな人間模様がまざまざと描かれていた
Kenzo

Kenzoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

後悔・怒り・悲しみ・罪悪感。これらネガティブな感情の行き所を失った人々が起こす行動は、さらなるネガティブな結果を生んでいく。
まさに止まらない負の連鎖。
だが、その中である決定的な負の行動と精一杯の優しさと暖かさを持った言葉がクロスし、事態は少しずつポジティブな側面を持ち始める。
どの登場人物も哀しく、愚かで、どうしようもなく人間的だけど、だからこそ人として善くなる可能性も秘めている。
脚本の緻密さ、俳優陣の演技の素晴らしさ、シリアスなテーマに潜ませた僅かなポジティブさ。
まさに非の打ち所のない作品。
ただ、砂っぽい国で行われた凄惨な事件でリダクテッドを連想しなかったのは私の見識の浅さであった。
反省。
もう一度観返したら、さらなるディティールの巧みさに気付いて、また評価が上がるかもしれない。
ただ、シリアスな社会派ドラマとして比較すると、現時点ではデトロイトの方が個人的好みとしては上かな。

余談だが、警察署長は演じているのがウディ・ハレルソンなので、絶対に腹に一物抱えた奴だと思っていたら、最期まで超いい人で面食らったw
emilico

emilicoの感想・評価

3.8
人の善意と悪意とその間。サムライ映画みたいだった。時々入る音楽がよかった。
あさ

あさの感想・評価

4.7
歯医者のシーン怖くて飛ばしちゃった
人間関係と感情の変化が面白い
感情的になるな、ってたまに言うけど人間は本当に感情に動かされて生きてるんだと思った
話題になってて気になってたけど面白かった 終始無駄なシーンがない
Shiiya

Shiiyaの感想・評価

3.9
サスペンスでありヒューマンでありブラックコメディ

3つの看板を立ててからどう変わって行くのか丁寧に描かれています

観たことあるようで観たことのない新しい映画でした
Minako

Minakoの感想・評価

4.3
気づくとこの映画のことを考えてる。登場人物すべてがいつのまにか愛おしくなっていた。
RICH

RICHの感想・評価

4.0
娘を殺され未解決となっている事件に、
警察への抗議をするため、3つの看板に抗議文を載せる。
そこから人々の思いが渦巻いていき
様々な事がおこっていく。

子供を亡くした母親の気持ちが
痛いほど伝わってくる。
何をしたって戻るわけでない。
自分が放った言葉ひとつひとつ、自分の行動全てを悔やみ、今の自分ができることをする。
それが彼女の生きる力になっているのか。
その行動が、この事件に関わった人々を
あらぬ方向へとおいやっていく。
もちろん自分も。

こんな重いテーマを、カントリーソングや所々に笑いをいれていくなんて、あっぱれです。
彼女の生き方、署長の生き方、
彼らに心打たれた周囲の行動
ほんとによく描けてて、様々な感情が入り乱れた。
いい映画を観たなぁ。
murade

muradeの感想・評価

4.1
脚本が素晴らしい。
3つの看板のセットも素朴で良かった。
個人的には非常に人間味ある温かい映画だと思った。
No good person,
No beautiful face,
A fckn great story.
予備知識としてあったのが
1、フランシスマグドーマンドが警察の不甲斐なさに業を煮やして凶行にでるよ。
2、署長のウディハレルソンがバッシングの的だよ。たぶん本当にワルなんだろうな、ハレルソンだし。
3、サムロックウェルは人種差別主義者だよ。たぶん本当にワルなんだろうな、ロックウェルだし。
って感じくらいで観ました。

しかし鑑賞してくる内に何か違うと感じる自分。まずマグドーマンドがまず凄まじく一直線な精神を持ち、その自分勝手さたるや、あれ?実はこの人が1番ワルなんじゃと思うくらい。しかし時折見せる正気がこの映画のテーマにあるんじゃないかと思います。
次にハレルソン。やっぱりハレルソンだ!と期待を裏切らない登場だったのですが、彼がこの一件の1番の理解者であり、最も印象深いキャラクターでした。まあ最近はハレルソンも善良なキャラが多いですからね。
ロックウェルはまあ差別主義者というには子供じみていて正に小者。ロックウェルっぽい良い役でした。
大きな事件も小さな町ではその中だけで完結してしまうって怖さも、当事者のやるせなさも感じました。1番感じたのはどんな状況にいても人は良い事を選択するんだって事ですかね。

ゴールデングローブの作品賞受賞。本戦では対抗馬くらいかなあ?監督賞にマーティンマクドナーがいないのが不思議ですが。注目は演技部門に主要の3人がいるって事。もうサムロックウェルにはそのままオスカーとってもらいたいです😊
>|