パワー・オブ・ジャスティスの作品情報・感想・評価

「パワー・オブ・ジャスティス」に投稿された感想・評価

二度目の視聴をさせられたので、追記します。

娯楽の名を借りた拷問器具。
映画という存在に対するアンチテーゼ。
脳機能を損壊させる電子ドラッグ。
この世に生まれたことが消えない罪。
映像作品の極北。
生まれ落ちたことにより、全ての映画の『格』を一つ上げた化け物。
エドウッドを凌駕する才能の煌めきに、製作陣に対する憎悪すら抱きかねない。

アリの観察でもしていた方が遥かに楽しいし、パッケージを5秒眺める方が本編を観るより楽しい。パッケージを眺めて想像の翼を広げたら、そっと棚に戻して忘れ去ってしまった方がいい。

まず、画面が常に手ブレしている。そして暗い。めちゃくちゃ顔面アップが多い。明るい時には明るすぎるなど、目に強い刺激を受けることにより頭痛を覚える。

次に映像とマッチしないBGMだ。常になんらかの不快な音が後ろで鳴っているので、これにより聴覚を揺さぶられて頭痛を覚える。

さらに内容は支離滅裂であり、説明する気など一切ない。群像劇のようだが、誰がどの立ち位置でどの勢力の人間なのかがイマイチ分からない。そして、画面内で何が起きているのかもよく分からない。そのせいで脳が酷使され、頭痛を覚える。

超理解した内容としては、6日後の未来に飛んできた奴が街が荒廃した原因を探ると、少女を巡った闘争があった。
その闘争の中心にいる少女には世界の情報が詰まっていて、少女を守る奴らと少女を利用しようとする奴らがいた。
しかし、実は少女の情報がパワーとなって魔女として動き、全てを支配しようとしていた。
あるヒーロータッグが魔女を倒すも、未来に飛んできていた奴により4日前に殺されていた。

みたいな感じ。これで合っているかもよく分からないが、もう二度と観る気力はない。許してほしい。本当に許してほしい。

視覚、聴覚、そして脳を酷使させられて強い頭痛に悩まされながら視聴したいという真性のマゾヒスト以外、これには手を出さない方がいいだろう。真剣に気をつけて欲しい。
Kou

Kouの感想・評価

1.1
映画好きな友人達と
『8時間耐久映画鑑賞』第2弾です。
※ちなみに第1弾は『スター・ウォーズ/最期のジェダイ』でした。超盛り上がりました。



何万人も登録してるfilmarksで
まだ8人しか観ていない本作。(5/3現在)
ある意味エベレストに登頂した気分です。
では、以下レビューです。



「能力:青い煙」とか「リサイクルヒーロー」とか
「魔女」とか「操り人形師」とかもう意味が分かりません。が、そこが面白いところでもあります。



ちなみにストーリーは有って無いようなものです。時間軸がバラバラだったり、群像劇的だったりと理解させる気がないです。

今までたくさんの映画を見てきましたが、最後まで目を離さずにいても理解出来ず、あらすじすら書けない映画は初めてです。



というわけで結論。
『最高につまらなく、
そして最高に面白かったです!』
ぜひ観て一緒に地獄を味わいましょう!



2018年5月4日 35本目
murabi

murabiの感想・評価

1.0
ある意味こんな映画みたことない
ある意味一番の作品
これ一人で最後まで見た人まじ勇者
カメラのレンズ、埃つきまくりですよ?

TVシリーズとして人気を集めたヒーローアクションを映画化。様々な力を持つ超能力者によるバトルリーグがアメリカで開幕。

何も褒めるところがない…基本的に海外作品ってある程度の評価があるものが入ってくるはず。邦画のソレと比べても、予算が1桁~2桁違うのは当たり前のはず。なのにこれか…みたいなレベルでした。
全てがヒドイ
良いところが全く無い
観る事に忍耐が必要
再生開始
5分でイヤな予感
10分で確信
20分で後悔
30分で忍耐力を求められ
40分で1.5倍速再生に
60分で睡魔との戦い
83分苦痛から開放される
  「壮絶、クライマックス」
ポパイ

ポパイの感想・評価

1.1
一転二転三転しまくるストーリーは観客に理解させるつもりがないのかとすら思えてしまう。

加えて、画面の暗さやノイズ混じりの音声に意味があるとは思えない。

安っぽいCGを使った戦闘シーンだが、これは仕方がないと目を瞑るしかないだろう。

逆に戦闘シーンをしっかりと予算をとってあげれば、X-MEN並みの超能力バトルができたのではないかと期待してしまう。

観る側が超能力にならないと全く物語が分からないのはほんとにNG
中二病なオッサン達によるCGクソバトルをぐだぐだ見せられる拷問作。

人気のTVシリーズの映画化らしいのですが……
何一つ人気になる要素が見当たりません(笑)

ドンキで揃えたようなコスプレ衣装のおっさん共が、瞬間移動やサイコキネシスをウソみたいに安いCGで見せるだけ。

ストーリィもツギハギで全く意味が分からない。

大した説明もなく、とりあえずCGの火の玉やエネルギー波が飛び交い、カッコ良いと思ったのか薄暗くした画面で、終始くぐもらせた台詞が響く。。。
なんなのww?!?!

キャストも酷い。
女性陣はほぼ美人だけど、それを凌駕するオッサン達のせいで台無しです。

83分しかないのに、死ぬほど退屈(´-ω-`)
時間とお金を返してくれ。。。
2025年。様々な力を持つ超能力者によるバトルリーグがアメリカで開幕。そこにはある少女の存在があった。

これはとんでもないやつですね。10分観ただけで今年イチのワースト作品に迫る勢いを感じました。

とにかく意味が分からない。ストーリーを理解しようと思ったけど最後まで無理でした。
汚い映像も微妙。蝿の音みたいな音楽も微妙。ヒーロー?もダサくて全員微妙。主人公がまさかのリサイクル好きのオッサン二人組だったとは...。
最後まで主人公が分からなくてエンドロールの名前の順番で気付いた(笑)

全体的に意味不明だけど終盤のバトルは意味不明が加速して不覚にも爆笑してしまった(*´∀`*)

これ、どうやら2012年にTVシリーズがヒットしたので満を持して映画化したらしいです。こんなのがヒットするとはアメリカ人の心の広さを感じました。

とりあえず謝るからレンタル料金返してください (:D)| ̄|_