ギズモXさんの映画レビュー・感想・評価

ギズモX

ギズモX

映画(318)
ドラマ(0)
アニメ(4)

殺人者はライフルを持っている!(1968年製作の映画)

5.0

B級映画の帝王ロジャーコーマンが亡くなられた。
激動の60〜70年代にドライブインシアターで一大帝国を築き上げ、様々な名監督を世に送り出した彼は最後まで生涯現役を貫き通した。
ロジャーが制作した映画は
>>続きを読む

荒野のドラゴン(1973年製作の映画)

4.9

【もしも西部劇の主人公がカンフーの達人だったら?】

そんな疑問に応えてくれるのがこの映画。
本家ハリウッドが絶対にやらないことを平気でやることでお馴染みなイタリア産西部劇、通称マカロニウエスタンが世
>>続きを読む

ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)

4.8

「争いをやめて、みんなで力で合わせて、地球をキングギドラの暴力から守ろう」
「俺たちの知ったことか。勝手にしやがれ」
「我々が人間を助ける理由などない。人間はいつも我々をいじめているでないか」
「この
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ 4K(1991年製作の映画)

4.6

90年代のリドリースコット監督作品を代表する傑作。

夫のDVに苦しむ主婦と訳アリの過去を持つウェイトレスが気晴らしにドライブに出掛けたら、てんやわんやあって警察に追われる大騒動となる、70年代のアメ
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.5

たまに見たくなる映画。
ロバートロドリゲスとアントニオバンデラスの代表作。

制作元である本家ハリウッドからすると、邪道と捉えられていたマカロニウエスタンと香港ノワールもののリスペクトに満ちた復讐劇。
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

2.0

去年と今年にかけて色んな意味で話題を掻っ攫ったクリストファーノーランの最新作。
原爆の父ロバートオッペンハイマーの半生を描いた物語。
米で公開された当時は『オッペンハイマー』は宮崎駿の『風立ちぬ』に似
>>続きを読む

劇場版 名探偵ホームズ デジタルリマスター版(1984年製作の映画)

-

あの宮崎駿が制作に携わった、犬を擬人化したシャーロックホームズのアニメ作品。
幼少期に観たアニメを映画館で見れてとても幸せ。
本作がなかったら僕がケモナーに目覚めることもなかったであろう。

『名探偵
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

1.0

※本作が好きな方はスルーして下さい

去年見た映画の中で一番怒り狂いそうになった駄作。
この映画の根幹にあるのは歪んだ軍人礼賛そのものである。

本作からはこのような主張が読み取れる。
「先の大戦は間
>>続きを読む

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.8

遂に観ましたよ、ラッセルクロウ主演のエクソシスト映画『ヴァチカンのエクソシスト』通称"ヴァチクソ"
カトリックは総本山、バチカンのローマ教皇に仕えるチーフエクソシスト、ガブリエーレアモルト神父の回顧録
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

去年のパルムドールを受賞したサスペンス映画。

"雪が降り積もる人里離れた山荘から、一人の男が転落死する事件が発生。警察の捜査が進むにつれてその男の妻に殺害容疑がかかり、真相は法廷に持ち込まれる。
>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.1

モンスターを愛し、モンスターに愛された男、デルトロが初期に手掛けたアメコミ映画。

ナチスのオカルト実験によって現世に堕とされた悪魔の子ヘルボーイが、超常現象に対処するアメリカの秘密組織のエージェント
>>続きを読む

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

5.0

【生を歓ぶのが人の本来の姿!】
【苦しい人生はあってはならぬ!】

『きっとうまくいく』と並んでポジティブシンキングの極地に達するインド映画。
大地主の屋敷で働く召使いムトゥのてんやわんやな騒動を描い
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.9

たまに見たくなる怪獣戦争映画。

ベトナム戦争末期の70年代、巨大怪獣の巣である髑髏島を舞台に、生態系の頂点に立つキングコングが人間怪獣相手に暴れまくる、怪獣もりもりの超弩級大作。
ハリウッドが制作す
>>続きを読む

マッド・ハイジ(2022年製作の映画)

2.8

独裁国家と化したスイスを舞台に、ペーターを殺され囚人となったハイジがバイオレンスな復讐を繰り広げるスイス産B級映画。

パムグリア主演『エンジェルグラディエーター』などの70年代女囚もののオマージュが
>>続きを読む

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K REMASTER版(年製作の映画)

4.8

MOVIX京都で鑑賞
まさかクラウドを映画館で見れる時代が来るとは。

国産RPGゲームの金字塔『FF7』本編の二年後を描いた映像作品。
ラスボスのセフィロスを倒して世界を救ったものの、罪の意識に苛ま
>>続きを読む

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

3.8

【う◯この神はかく語りき】

アーニャの顔芸に癒される映画。
ジャンプ+の大ヒット漫画『SPY×FAMILY』の初の劇場版。
互いに本性を隠し合う擬似家族のフォージャー家が、北国へ旅行に出掛けたら軍隊
>>続きを読む

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

3.9

新年一発目。
みんなご存知、スタローン主演アクション映画の金字塔『エクスペンダブルズ』の最新作。
イコウワイス率いるテロリストとの戦いで、途中離脱したスタローンの代わりにステイサムが頑張るストーリー。
>>続きを読む

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

4.9

今年最後のレビューはこれ!

ギャレスエドワーズ監督の近未来SF映画。
《AIが核爆発を引き起こした近未来。
AI廃絶を謳うアメリカとAIを受け入れるニューアジアとの両者間で激しい戦争が続く中、米軍特
>>続きを読む

きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語(2015年製作の映画)

5.0

【線路は続くよどこまでも】

『きかんしゃトーマス』の原作『汽車のえほん』の出版70周年記念作品。
模型劇及び原作の最初期のエピソードを今風に再編集したストーリーであり、本作でしかお目にかかれない緑色
>>続きを読む

トロン:レガシー(2010年製作の映画)

4.3

【最後のジェダイと新たなる希望】

映画で初めて大々的にCGを導入した映像作品『トロン』の続編。
前作の主人公フリンの息子サムが、失踪した父を追って再度ディストピアと化した電脳空間に迷い込むストーリー
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

4.3

ビートたけし監督によるバイオレンスコメディ時代劇。
戦国時代最大の大事件である本能寺の変を、どうしようもない武将達によるどうしようもない人間模様で描いた物語。
時代劇版『アウトレイジ』な作品だ。

>>続きを読む

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~(2023年製作の映画)

-

※注意
この文章はレビューではないです。
僕は滋賀県民ですが本作を見ていませんし、このような屈辱的な作品、見たいとも思いません。
しかし、本作が公開されたことによって滋賀県が間違って見られているように
>>続きを読む

続・荒野の1ドル銀貨(1965年製作の映画)

4.7

ジュリアーノジェンマ主演の傑作マカロニウエスタン。
"南北戦争終結後の北軍の将校が故郷に帰ってきたら、町がメキシコの山賊に乗っ取られていた。自分の妻がNTRれた上にリンチを受けて右手を潰されたので、全
>>続きを読む

コカイン・ベア(2023年製作の映画)

4.5

愉快な麻薬密輸犯が落としたコカインを接種した愉快な母熊が、コカイン求めて醜い人間共に襲いかかるという、実話を基とする80年代風味の愉快なバイオレンスコメディ映画。
レイリオッタの遺作。

ストーリーは
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.8

ダニーボイルとユアンマクレガーの知名度を一気に上げたイギリス映画。
90年代のスコットランドを舞台に、麻薬中毒の若者達の日常をポップに描いた物語。
自分を縛るしがらみから抜け出すことが一番の快楽であり
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

1.2

大嫌いな作品。超がつくほど大嫌いな作品。
個人的にエメゴジと並んでワーストゴジラ。

実際に怪獣が襲来したらどうなるかをシュミレーションした政治ドラマがダメ?違う。そんな些細なことはどうでもいい。
>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.3

フィンランド製のジジイアクション映画。
第二次世界大戦末期のフィンランドを舞台に、なんかヤバいビジュアルのおっさんが、金塊の輸送中にナチにケンカふっかけられたのでボコボコにする物語。
猿でも分かる舞台
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

4.9

【God's eye view】

マーティンスコセッシの作品には『神の視点』"God's eye view"という手法がよく用いられる。
対象を垂直から見下ろす形で撮影するこのショットの利点は、物語
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

1.3

日本政府が統一教会の解散命令を請求したことを受けて再鑑賞&再投稿。
とある新教宗教の2世信者を描いた物語。

僕が本作のレビューを最初に投稿したのは数年前で、その時は登場人物の行動や思いに対して"どち
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

4.8

経済格差が広がるアメリカを舞台に、信仰を見失った神父が悪魔に取り憑かれた少女に対して悪魔祓いを行う、ウィリアムフリードキン監督の伝説的ホラー映画。

悪霊の強烈な描写が原因で当時のキリスト教徒から大バ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

あの『ジョンウィック』と並んで2010年代のハリウッドアクション映画を代表する、デンゼルワシントン主演の良質アクション映画。
元CIAのホームセンター職員がボストンに巣食うダニ共を瞬殺していくストーリ
>>続きを読む

福田村事件(2023年製作の映画)

1.0

【殺人者たる大罪を問う】

関東大震災後に発生した虐殺事件、通称"福田村事件"を映画化した作品。
まず、関東大震災発生百年後の今に、本作を上映したことの社会的意義は強いと思う。
でも、僕はこの映画を鑑
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

1.8

アクションは良く出来てるなと思ったけど、キャラが絶望的に合わなかった。
ノリが無理。
ウンチク垂れ流すオヤジとか、メイドカフェとか、価値観がヤバいZ世代とか、全部爆発したらいいのにな。
(ああ、『男た
>>続きを読む

クリード 過去の逆襲(2023年製作の映画)

3.2

※ネタバレ注意

『クリード』シリーズの第三作品。
ボクサーを引退したアドニスが復讐に燃えるムショ帰りの親友とバトルする話。

公開当時の評判がやや悪かったので(ああ、遂にマイケルBジョーダンもやらか
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

1.3

2004年は日本特撮界にとって迷走の年だったと思う。
当時のラインナップを見てみると、仮面ライダーシリーズはあのオンドゥル語で有名な『剣』が放映され、ウルトラマンはウルトラマンらしくない陰鬱な展開が絶
>>続きを読む

リザレクション(2002年製作の映画)

1.9

最近、レンタルショップに立ち寄ると、新作レンタルよりも中古販売の方がラインナップが豊富になったような気がする。
近所のTSUTAYAは軒並み閉店に追いやられたこともあって一つの無常感を感じる一方、いつ
>>続きを読む

>|