だりあ

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズのだりあのレビュー・感想・評価

4.8
予備知識ゼロながら、周囲の高評価に
興味を持ち鑑賞。

これでもかとヒーロー物のエッセンスを
詰め込んだフルサービスムービーで涙腺が
緩んでしまった。
まず初代の二人が先輩ながらまだまだ
女の子、決して尊大に描かれてないのが
ポイントで、今回訪れる大きな困難を
乗り越える手本となるシーンに痛みと
力強さを伴って後輩を引っ張るところが
とても印象的。
それを終盤の「観客参加」に繋げている
巧さに思わず溜息が出た。

敵のミデン、スマホ時代の陰ともいうべき
キャラ設定で世代的に共感してしまったし
それも救わんとするこの物語は、沢山の
サービスの中にピリッと現代風刺、そして
暖かく包み込んでエンディングを迎える。
惜しむらくはプリキュアに縁が無かった
ためラストのあの演出が響かなかった事
だが、響く人には涙腺決壊確実なのが
想像出来る。

70分だがとても濃厚で、楽しませる
映画とはどういうものかを再認識出来た
作品。
「観てください」ではなく
「一緒に盛り上がりましょう」な
製作陣の笑顔が見えた。