ベイビー

アラジンのベイビーのレビュー・感想・評価

アラジン(2019年製作の映画)
4.2
これぞ王道!
昔に初めてアニメ版を観た時と同じくらい、爽やかな感動を感じることができました。

今作はリメイクと言えども最高技術を駆使した実写化。実写でもアニメーションのような映像表現を作り出せるようななったのですから、今の技術は凄いものです。これこそまさに魔法です。

ウィル・スミスのジーニーはビックリするくらいのハマり役。それよりも適役だったのがジャスミン役のナオミ・スコット。とても可愛らしく歌も激うま。あの凛とした立ち振る舞いは、まさに王女という風格でした。とても素晴らしかったです。

でも、忘れてはならないのは、この"物語"の内容がとても優れていること。

「僕を信じて…」

と言うアラジンの言葉に対し、それを少しずつ信じだすジャスミン。その単純な純粋さが屈託のない清々しさとして、この物語を美しく輝かせています。

ジーニーは言います。
「魔法で変えたのは外側だけ、中身は何にも変えちゃいないよ」と…

それはこの作品も同じこと、いくら25年以上の月日が経ち、新しい技術を使って作品が綺麗に生まれ変わろうとも、この物語が持つ本質は何も変わることはないのです。

真っ直ぐに「面白い」と言える素敵な作品。
きっと誰もが愛する普遍的な物語。

今度また、アニメ版の方も見直そうと思います。