9 Fingers(英題)の作品情報・感想・評価

「9 Fingers(英題)」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

2.5
謎の男女が船でどこかへ旅をする。病に怯え、革命を目指す。正直、何を言っているのかサッパリだった…。作品通してモノクロなのだが、ベースの色味が緑やピンク、オレンジとシーン内でどんどん切り替わるのが面白い。お話は詩的が過ぎて面白くないが、凡庸な監督に撮れる作品でないのは確か。
h

hの感想・評価

3.0
主演は、あの『鳥類学者』のおっさんだ。
あれね、『グラン・ブルー』を観たあとに、ジャン=マルク・パールの出演作を探して、トリアーの『ヨーロッパ』観ちゃった思い出がチラつきました。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

1.5
【やるならちゃんとやって!】
mubiに謎の映画作家F.J.Ossangの長編全部アップされていたので、いざ挑戦。mubiで紹介された無名監督作は後にアンスティチュ・フランセで紹介されることが結構あるので、mubi紹介は見逃せない。

作家で音楽家で映画監督のF.J.Ossangは寡作な監督だ5〜10年に1本とスパンが長い。また、パンクな映画作家として世界に紹介されている。

そんな彼の最近の作品を観たのだが、あまりに中途半端で出鼻を挫かれた。

フィルムノワールを意識した、ヴィジュアルに洗脳効果のある音楽をまぶす。成る程、他に類をみない作家性だと思う。しかし、音楽の使い分けが全く吹っ切れておらず、そんなんでパンク映画作家の烙印押されていいの?と思ってしまった。

冒頭10分は面白いが、それ以降は凡庸アート映画であり残念でした。
[劣化版パヴリコフスキはやはり劣化版でしかない、F.J.Ossang特集⑤] 40点

MUBIにF.J.Ossangなるフランス人監督の特集が始まっており、最新作(2017)である本作品をスタートに彼の全ての長編作品
「Dharma Guns」(2010)
「Doctor Chance」(1997)
「Treasure of the Bitch Islands」(1990)
「The Case of the Morituri Divisions」(1985)
の配信が始まった。普通ならスルーするのだが、「Doctor Chance」の一枚絵が魅力的だった(MUBIの一枚絵はいつも魅力的だが)ので特集を追ってみることにした。

というテンションも束の間、余り響かなかったせいで見終えるのに苦労した。印象としては"キレのないパヴリコフスキ"という感じであり、キレで映画を押し進めているパヴリコフスキからキレを抜いたら何が残るかという単純な問いにOssangは答えてくれたように思える。ショット自体はそんなに悪くなかったから多分編集と物語のせいだな。水で薄めたトム・ハーディみたいな主人公は魅力も薄めだし、緩慢なテンポのわりに台詞が多すぎる(あんまり読んでないけど)。パヴリコフスキの圧倒的勝利をOssangが証明してしまった。映画は点じゃなくて線なんだよ(誰だよ)。