よう

見えない目撃者のようのレビュー・感想・評価

見えない目撃者(2019年製作の映画)
4.0
(リメイク元・中国版は共に未見)
警官になる直前の事故で視力を失ったという主人公の設定が話の緊張感や面白さにつながっている。冒頭の警察学校での様々な訓練が展開上ちゃんと活かされているのもいい。
また、弟をその事故で亡くしてもいて、スケボー少年とのバディには人間ドラマとしての厚みがある。

「見えない人はこうやって空間認識してるのかな」と思える表現があったり、ネットや電話の使い方をさり気なく見せていたりしてるのにも好感。盲導犬もグッジョブ。
全体的に色味を抑えた画で、けっこうグロいところもあって、不穏さがしっかり感じられる。
音の演出も効いてて、特にクライマックスは(ややご都合主義ではあるけど)ロジックのある決着のつき方。

誰かを救う行為によって主人公たちも前向きになるような着地で、心地よい。